ポルトガルが好きなんです!

 

             2005年に旅行会社のツアーで初めてポルトガルに行き、
     すべてに魅せられました。 垢抜けないところが私にぴったり。

        2011年には勇気を出して相棒と個人旅行。帰りはパリ に寄りました。

              昨年は5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。
            相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」を目指ました。
  
             今年は6月 リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。帰って来て、すぐ、また、
             行きたくなる国ポルトガルです。
 
             これから何年生きられるか分りませんが、年に一度はポルトガルに~と思っています。
 

転んだ!ダナンの歩道は要注意!

 昨年9月から始めた旅のブログですが、今年も思い出をここに書き残していきたいと思っています。ここはヨーロッパ旅行のサイトですが、2年前の1月に出かけた”ベトナム中部の旅”を思い出しながら書いていこうと思います。よろしくお願いいたします。

    **************************************************

                                                      

早めに朝ごはんを食べて~


   

出発までの寸暇を惜しんで散歩にでる。


ベトナムの朝は早い。学校や会社も7時には始まるそうだ
ホテル近くの保育園にも親たちが子をバイクに乗せて連れてくる。どこにでもある風景。


   

 すでに屋台は親子連れやカップルでいっぱい。プラスチックの小さな椅子に座り、体を丸めて食べている。
 朝ごはんから外食?羨ましいわ。ベトナムの女性は外で働くから家でごはん作っている暇がないのかしら?屋台は庶民にとってファミレスみたいなものなのかな。
いや台所だ。


 [Banh Mi Thit](バイン・ミー・ティット)と大きく書かれた屋台。フランスの影響でパンが美味しいベトナム。ハムサンドだ。他に香草や唐辛子、好みの野菜を入れてもらう。ああ〜食べたい。


学校が始まったようです。みんな先生のお話を静かに聞いています。



旦那たちは妻たちをエスコートするなんてことは毛頭なく、妻もそれには慣れていて、
歩幅の小さな妻たちと旦那たちとの間隔はどんどん開いてくる。



                  





         


 妻たちはカメラ片手にあっちにキョロキョロ、こっちにキョロキョロ、「あれ、何?面白そう。きゃあ 可愛い〜。これ安いね〜」などと浮かれて歩いていた。

「ぎぎゃあ==!」私はすっ転んだ。「ああ〜やっちゃった。ああ〜痛っ」すぐには立ち上がれない。「足は大丈夫?立てる?」骨折か捻挫か…。道が凸凹なのは判っていたが… 溝があって、その中に残飯が捨てられ、その上に廃品らしき厚手のビニールのクッションを乗せて隠してあったのだ。私はそこに足を乗せてしまい…トラップにかかった豚って感じ。
 「足元を見て歩け!って言っただろうが…」ツレが情けない顔してたが怒りはしなかった。擦り傷が数か所でバンドエイドのお世話になったが歩くには支障がなく、とりあえず良かった。5年前にもポルトガルで転んだがこれまた擦り傷程度。(そんなこと自慢してどうすんだ)苦笑。
注意力散漫である己を深く反省、それでも骨が丈夫なことに感謝。亡き母に最敬礼。






 幅広の道を横断するのには命がけ。信号はあっても機能していない。バイクが団体で攻めてくる。歩行者は止まっちゃいけない。バイクと車の間をうまくすり抜けるテクが要る。


  添乗員のハイさん(海という意味。上海のハイ)が念仏のように言っていた。



 『自分の体は自分で守る。怪我しても補償金はでない。』



 ハイさんが何度も繰り返すのでツアー客が覚えてしまい全員で『自分の体は自分で守る…補償金は…』と大シュプレヒコール。大笑。


    


週末には口から水や火を噴く、鋼鉄のドラゴンブリッジまで歩いた。帰りは転ばぬように気をつけて歩いた。



 ダナンからバスで3時間揺られてフエに向かう。


 ご覧くださりありがとうございます。