ポルトガルが好きなんです!

 

             2005年に旅行会社のツアーで初めてポルトガルに行き、
     すべてに魅せられました。 垢抜けないところが私にぴったり。

        2011年には勇気を出して相棒と個人旅行。帰りはパリ に寄りました。

              昨年は5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。
            相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」を目指ました。
  
             今年は6月 リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。帰って来て、すぐ、また、
             行きたくなる国ポルトガルです。
 
             これから何年生きられるか分りませんが、年に一度はポルトガルに~と思っています。
 

フエからダナンの海へ~そしてホイアン


昨年9月から始めた旅のブログですが、今年も思い出をここに書き残していきたいと思っ
ています。ここはヨーロッパ旅行のサイトですが、2年前の1月に出かけた”ベトナム中部の旅”を思い出しながら書いていこうと思います。よろしくお願いいたします。


   ********************************
             

 

      

  

ホテルの中の様子です。

    

        
朝8時にフエのホテルを出てダナンに戻る。
シーフードのランチを食べてホイアンに向かう予定だ。
 ラオスの若いドライバーさんが飛ばすから予定の時間より早く着いてしまった。


 ガイドのハイさんは「それではダナンだいしぇいどうにごあんないします」と言った。
 「きゃ〜〜嬉しい〜〜〜!ありがとう」女性群は一様に喜んだ。是非行ってみたかったが予定になく残念だと思っていた、あの
ダナン大聖堂に行かれるとはラッキー!

 フランス統治時代〜1923年に建てられたピンクの可愛くて美しい大聖堂。内部のステンドグラスも美しいそうだが日曜日のミサに遭遇すれば見られるそうだ。

ダナン大聖堂




 次はダナンで日本人がやっているお土産やさんに連れていかれた。これも予定外。値札がしっかり¥ついていて値段交渉がいらないという利点もあるが少し高めのような気がした。日本人好みのセンスのいい商品もあったが買わなかった。


「フェーヴァ・ダナン」(Pheva Da Nan)



 その店の近所に私の探していたチョコレートの店があった。
「フェーヴァ・ダナン」(Pheva Da Nan)近ごろ人気が出てきて、ベトナム産のカカオで
作っている。
 旦那たちは土産物屋には寄らずチョコの店に直行して試食していたようだ。
「もうすぐワイフたちが来ますから」って。



 お店に入るとなんだ?????ツレが若い女性にインタビューされている。そしてビデオに撮られてる。店のCMなのかTV番組だったのかわからないが、それから気になってホテルに帰ってもTVをつけていたが…ツレの顔が画面に映ることはなかった。(もっぱら ボツになったとは内輪の噂。苦笑)






 ベトナム中部の都市ダナン。リゾート開発が進んで素敵なホテルがビーチ沿いに建ち始めているそうだ。欧州人から熱い視線を浴びているらしく、欧州人に合ったダナンは今
サーファーのパラダイスのようです。 


 ランチはミーケービーチのシーフードレストラン。海岸では気の早い水着の西洋人の姿
が。



ベトナムのかご舟 (トゥエントゥンthuyền thúng )

直径1.5mほどの大きさの丸かごで、ひとり乗りかつ、もちろんエンジンなどもないので、棒1本でひたすら漕ぐそうです。ベトナム中部の海岸に多いようです。人が乗っているのは見ませんでした。


このかご舟は竹を編んでつくられたもので、防水のために、表面全体を、牛糞を混ぜたもので塗り固めているそうです。


                                                  

シーフード レストラン


   

                                            

              




 また今日の目的地ホイアンまでバスは飛ぶように走る。


 


 ガイドのハイさんが「こんやの ほいあんのちんりきしゃにのるひと いませんか。
ひとりしぇんえんです」一人千円ということでした。
  ちんりしゃとは人力車シクロのこと。個人で乗るともっと安いが降りるとき余計に
請求されたりすることがある。ハイさんを通せば安心だと。
 みんなで相談して乗ることに決めた。手持ちのドンを使いたいので夫婦で420000ドン
を支払う。



 その様子は次々回にのせます。
今日も見て下さり感謝いたします。