ポルトガルが好きなんです!

 

             2005年に旅行会社のツアーで初めてポルトガルに行き、
     すべてに魅せられました。 垢抜けないところが私にぴったり。

        2011年には勇気を出して相棒と個人旅行。帰りはパリ に寄りました。

              昨年は5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。
            相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」を目指ました。
  
             今年は6月 リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。帰って来て、すぐ、また、
             行きたくなる国ポルトガルです。
 
             これから何年生きられるか分りませんが、年に一度はポルトガルに~と思っています。
 

ホイアンの刺繍工場見学

昨年9月から始めた旅のブログですが、今年も思い出をここに書き残していきたいと思っています。ここはヨーロッパ旅行のサイトですが、2年前の1月に出かけた”ベトナム中部の旅”を思い出しながら書いていこうと思います。よろしくお願いいたします。

     ****************************************************



バスを降りて民家の細い道を歩いて…


               

              人々の生活が垣間見えました。

              

 鳥を飼っている家が多いのですね。自慢にしているようです。鳥のさえずりなど
楽しむのでしょうか。

   

      

                  





 『THANG LOI CO.』という刺繍工場に着いた。
シルク工場でもあって蚕を飼っていて、シルクができるまでの過程を見せてくれる。




 



 シルクの刺繍は、本当に素晴らしかった。壁面の額に納められた刺繍画は、まさに芸術作品!ベトナム刺繍は王宮で育まれた。王宮で王族たちの衣装を飾る専門の職人が育成され熱帯地方の鮮烈な色彩を表現した刺繍美を開花させた。






ランターン作り


木彫


デザインもアートです

家具も重厚感あります。

 1990年代 戦争からようやく立ち直った頃、注目され始めた《ベトナム雑貨》日本女性
にちょっとしたブームを起こしているらしい。
 仏や中国からもたらされた工芸技術がベトナム独自の雑貨として注目されている。
行き着くところはそこでできた製品をどうぞお土産に〜という了見が見え見え。
どれも高級なものばかりで私は買わなかった。旅行会社との連携も強いかな?


 最後まで見て下さり有難うございました。