ポルトガルが好きなんです!

 

             2005年に旅行会社のツアーで初めてポルトガルに行き、
     すべてに魅せられました。 垢抜けないところが私にぴったり。

        2011年には勇気を出して相棒と個人旅行。帰りはパリ に寄りました。

              昨年は5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。
            相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」を目指ました。
  
             今年は6月 リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。帰って来て、すぐ、また、
             行きたくなる国ポルトガルです。
 
             これから何年生きられるか分りませんが、年に一度はポルトガルに~と思っています。
 

ホイアンの夜は人力車に乗って~


 昨年9月から始めた旅のブログですが、今年も思い出をここに書き残していきたいと思っています。ここはヨーロッパ旅行のサイトですが、2年前の1月に出かけた”ベトナム中部の旅”を思い出しながら書いていこうと思います。よろしくお願いいたします。


 *********************************



フンフンの家。1780年建造の中国とベトナム、日本の建築様式が混ざり合った
古民家。

お土産やさんも兼ねています。




日本橋(来遠橋)ホイアンに住んでいた日本人によって1953年に建設された
屋根付きの橋。20m足らずの長さ。西側が中国人街、東側が日本人街。1200人ほどの
日本人が住んでいた。










その後は自由に散策。旦那たちは買い物に付き合うのは御免とばかりに早足でどんどんと歩いて行ってしまった。妻たちは、それも好都合とばかり に二人で邪魔されずに歩くこと
ができた。

      











 約束のちょっと前の時間に集合場所に戻ると旦那たちは西洋人の若い女性にカメラを向けられモデル?していた。

        

                「うちの旦那さんなのよ」とその女性にいう と「ほんとうに?」と驚いていた。
  ちょっと見ると黄色い建物と彼らの姿が妙にマッチしていていい感じだった。
だから私も同じアングルで写してみた。





  





 一度ホテルにチェックインして、
夕食を済ませて…

  

ホワイトローズ 中部ベトナム三大名物料理

         

         揚げワンタン

         

               

        お腹いっぱいになって・・・




再度ホイアンの街に戻る。
  そして人力車 シクロ(三輪自転車)に乗ってホイアンの夜を楽しむ。

       
 風が心地いい。


 ガイドのハイさんが言うには個人でシクロに乗るとぼられることが多く危ないそうだ。特に日本人が標的にされることが多くて最終的には払う傾向が強いからだそうだ。だから「わたしをとおせばあんしん。だからちょっとたかいです」。安心料を含んで1000円。
 一人21万ドンをハイさんに払う。あとから調べたら5年前の相場で30分で6万ドン
(400円位)というから、比べると かなり高い。

      


ローソクを売っている


    



 案外とゆっくりで怖さはない。でも一人だから「綺麗だね」とか「気持ちいいね」とか感動を共有する相手がいないのはつまんない。

   

       

     

   

     

     結婚のアルバム作りかな?

     ランタンがの灯りが ぼんやりと~
       幻想的な 光景を 繰り広げる

      
     
有難うございました。とても快適でした!

    

 日本の物価からすればびっくりするほど安いのだから文句はないが、笑顔の優しいおじさんは、そんな悪徳シクロとも思えなかったし…ハイさんの お小遣いになった可能性あり。 ま、それもいいでしょ。



暗い中でベトナム書道を書いて売っていた。


 夜のホイアン昼とは全く違った趣があるランタンの灯りが幻想的だ。




   +++++++++++++++++++++++++++++++



 集合場所は日本橋の川沿いひっろっぱ。時間になっても現れない二人。ハイさん慌てて
探し回る。そして15分の遅れであの渡越歴5回の おばさまたちがやっと姿を見せた


1分 しぇんえんだから 15分ぶんね。」と ハイさんは冗談を言って笑っていたが…待たされた ツアー客は呆れてものが言えない。
  「気に入った店が見つかり時間を忘れて見入って しまった」とは本人たちの言い訳。
   ちょこっと頭を下げただけだった。
 



観光初日のバスの中で「マッサージに行きたいで〜す」という奥様がいた。そして夕食後ハイさんの案内でベトナムのストーン・マッサージを受けたようだ。


 翌朝のバスの中〜



「きのう まっさーじ よかたですか?」とハイさん。
「はい。今まで受けたマッサージの中でNo.3に入ります。良かったです」と奥様はなかなかの高評価。



「また★まじめな★まっさーじをごあんないします。そうげいさーびすあるし、ちっぷもいれて3000えん。ちっぷないと がんばらない から まっさーじ  よくないことあります」とハイさんは言った。



 マッサージという言葉の前に必ず★真面目な★という形容詞。ならば ★不真面目な★マッサージがあるわけだ。それは日本人として恥ずかしい行為。卑猥なマッサージ?
まじめな★と必ず真面目につけて話すハイさんが可笑しくて思わず笑ってしまうが
ここでは不真面目なマッサージを受けた人はいなかったと思う。


 文章も写真も多くてお時間をおとらせしました。