ポルトガルが好きなんです!

 

             2005年に旅行会社のツアーで初めてポルトガルに行き、
     すべてに魅せられました。 垢抜けないところが私にぴったり。

        2011年には勇気を出して相棒と個人旅行。帰りはパリ に寄りました。

              昨年は5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。
            相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」を目指ました。
  
             今年は6月 リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。帰って来て、すぐ、また、
             行きたくなる国ポルトガルです。
 
             これから何年生きられるか分りませんが、年に一度はポルトガルに~と思っています。
 

ベトナム中部の旅を終えて~

ベトナムから帰ってから、やたらにベトナムを扱った番組が多いのには驚く。それはそれは懐かしいもの、勿論、見ます!


 受け売りですが…


 
 ベトナム国旗 あの金星紅旗(コー・ドー・サオ・ヴァン)の赤は革命のために流された。真ん中の黄色の星は 労働者、兵士、農民、青年、知識人の団結を表している。


    ★旅行者の物価が安い国 1位。
  ★食事の満足度 1位。
  ★日本から渡航者が5年間で約25万人170%増。


 ベトナム人の生活が世界から注目されているのはトップクラスの痩せ型体形だということ。太った人は私の滞在中(たったの4泊だが)一人もみなかった。

  全人類の30%が過体重という昨今、肥満率が極めて低い。ちなみに日本の肥満率は4.5%,アメリカ31.8%,フランス15.6%、ベトナムは★1.6%。


 一食当たりのカロリーはイタリアが1775calに比べ中国は1474cal
べトナムは922calと極めて少ない。




  運動が好き、早起き、脂っぽいものも食べるが野菜の摂取量がとんでもなく多い〜というのもヘルシー食生活にさせてくれている。


  だからスレンダー美人が多いのだろう。アジアの美人が多い国 ベスト3 は…

       
★ベトナム 1位。
日本 2位、インド、中国、フィリピンの順。(日本が2位?ホントかいな)



 日本語教育も盛ん。約180校もあり、日本企業の進出も盛んで1300社以上で5年で約10倍。その企業に勤めることを目指して日本語を学ぶ若者たち。


 ガイドのハイさんも「まだ にほんには いたこと ないです。いきたいです」と話していた。どこの観光地に行っても、詳しく説明してくれた。発音のタ行が少し難があるものの、説明はよく理解できた。
 朗らかなキャラもあってハイさんはおばさま方に人気で頼られてもいた。



  一方ラオスから来たというドライバーの若者。バスを降りるときのステップ、木の箱を置いてくれる助手の若者。二人とも寡黙でとても静か。運転だけは超スピードだけれど。



   ハイさんはこのツアーで★真面目なマッサージや★オプションのクルーズなどでだいぶ潤ったようで(*^^)v ニコニコな模様。それに付き合って運転したラオスの若者たちにはその分の対価は支払われたのだろうか。

  そんな気持ちは私だけでなくて、ツアー客のおばさまたちは彼らにチップをあげたという。大した額ではないが、残ったベトナムドン全部を彼らに渡し感謝の気持ちを伝えた。

ウエストの脇の部分の縦長の▲が綺麗です。

彼女にも▲がしっかりありますね。

太った人が着るとその▲部分がやたら大きく、そこから出たお肉が盛り上がり…
見るに堪えないのです。私が着たらこうなるのでしょう。

       

             




 「
アオザイを着てみたい」と思ったが結局諦めることになったが、古典的なアオザイは無理でも、現代的な、デブ用のアオザイもあるようだ。番組でいとうあさこが作っていた。ああ〜確かに細く見えるアオザイだわ。クイックメイドで4700円。


 友人にメール。
「ああ…やっぱり作ればよかった…」 
 また 行きましょ。行きましょ。それまでにウエストを作りましょ。(無理、無理)



  そんなことで 多少の後悔は残したものの”ベトナム大好き!”な気持ちで旅は終わった。


  最後まで読んでくださりありがとうございました。