ポルトガルが好きなんです!

 

             2005年に旅行会社のツアーで初めてポルトガルに行き、
     すべてに魅せられました。 垢抜けないところが私にぴったり。

        2011年には勇気を出して相棒と個人旅行。帰りはパリ に寄りました。

              昨年は5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。
            相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」を目指ました。
  
             今年は6月 リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。帰って来て、すぐ、また、
             行きたくなる国ポルトガルです。
 
             これから何年生きられるか分りませんが、年に一度はポルトガルに~と思っています。
 

2015年2月 能登・輪島~ピンクや黄色の千枚田を歩く(5)

  ヨーロッパ旅行ではありませんが2年前のちょうど今頃出かけた
  
能登・輪島の旅です。思ったよりも寒くなく食べ物は美味しくいい旅
  でした。見て頂けたら嬉しいです。

    ------------------------


 美術館を出てまたバスに乗りホテルに戻り相棒はひとっ風呂。
充分温まってから、寒いであろう
千枚田にいきます!


  今年も3月12日(日)まで7大規模なイルミネーションイベント「あぜのきらめき」が
開催されてます。棚田のあぜに21,000個のソーラーLEDを設置し、毎晩イルミネーションが楽しめる光のイベントです。



 海風がより寒く感じると聞いていたけれど
 それほどではなかった。暗くなるまで千枚田を歩く。

この21,000個のペットボタルは「ほたるびと」と呼ばれる多くのボランティアが設置してくださっているそうです。

待ちきれない私たちはLEDに手をかざし、すると数秒だけ灯りが点く。それが楽しくて次から次へと かざしてみる。

使用するLED装置は通称「ペットボタル」と呼ばれています。ペットボトルは地元企業の協力により、昼間の太陽光エネルギーで充電、暗くなると自動で発光するしくみにになっています。


一つ、二つ、三つ…とLEDのピンクが点り始める。
 

 全部が灯ったときは辺りはもう真っ暗になっていた。

                  

 イルミネーションは色が変わるLEDを設置し、一面ピンク色からゆっくりと黄色に変わりながら灯り、30分ごとに切り替わります.平日はバスが少なく長くは滞在できなかった


バスの待ち時間に名物のたい焼きを食べる。よもぎ餅入りのあずき餡でまっこと美味しかった。 千枚田の輝きと煌めきと同じくらいに私の胃袋をときめかせてくれたたい焼でした。ああ〜もう一度 食べたい。







この棚田の映像をテレビで見た時、この目で
    見てみたいと思った。それが叶った!きっと
             呆けても忘れないな、きっと。




 ↑↑↑夕食はこのツアーに付いているホテルの定食。お刺身、サバの味噌煮、いかのリング揚げ、冷奴、お味噌汁、お漬物 これだけ頂ければ 満足です。御馳走様でした。



  お立ち寄りに感謝です。