ポルトガルが好きなんです!

 

             2005年に旅行会社のツアーで初めてポルトガルに行き、
     すべてに魅せられました。 垢抜けないところが私にぴったり。

        2011年には勇気を出して相棒と個人旅行。帰りはパリ に寄りました。

              昨年は5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。
            相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」を目指ました。
  
             今年は6月 リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。帰って来て、すぐ、また、
             行きたくなる国ポルトガルです。
 
             これから何年生きられるか分りませんが、年に一度はポルトガルに~と思っています。
 

南イタリア・シチリア~11年も前ですみません、、パレルモを歩く(5)

11年も前にツアー・グループで出かけた
「南イタリア・シチリア島9日間の旅」
です。
これから予定されている方には古い情報でお役には立てませんが…
景色は変わっていないと思うのです。
 相棒も私も今よりかなり若いです。(当たり前じゃ、まだ50代だもの)
 古い旅のノートを見ながらのんびりアップしていき


さらっと見て頂けたら嬉しいです。

                                                                                          

**************************************************************



 世界一美しいイスラムの都市”~パレルモ
                       ドイツの文豪 ゲーテ


       地中海の中心という地理的な条件から度重なる侵略の結果、様々な民族がシチリアを征服し、それぞれが独自の文化を残して去っていったことから、“文明の十字路”とも呼ばれています。そのシチリア最大の都市パレルモには数々の歴史の痕跡が残っています。
異文化の入り混じった文化が創られたのです。
  それからシチリアきっての食の都でもあります。
**************************************************************
 クワトロカンティ   (四っ辻) 十字路
ヴィットリオ・エマヌエレ通りとマクエダ通りの交差点
  排気ガスでかなり汚れていた印象があります。


それぞれは3階建てで、1つの角には3体ずつの彫像が置かれています

1階部分は“春夏秋冬”を表す寓意像.。
2階部分は彫像が完成した1600年代前半以前のスペイン・ハプスブルク家の
支配者たち。3階部分には、パレルモを4つに分けた区域の守護聖人の像。

↑↑↑       春                  夏

春の若い娘の像から右回りに徐々に年を重ねていき、冬は老婆の彫像です。↓↓↓

        秋                   冬





********************************************************



パレルモ旧市街   プレトリアの噴水

プレトリア広場には、30体を超える裸体彫刻が施されたプレトリアの噴水(Fontana Pretoria)があり、アラブ色の強いパレルモでは珍しいルネッサンス様式の広場

この噴水と彫刻は、フィレンツェの職人が、フィレンツェのある邸宅のために制作した
ものを1570年代にパレルモ市が購入したもの。



 システィーナ礼拝堂にミケランジェロが裸体を堂々と描く時代でも、カトリック教徒のシチリア人は、裸を嫌いあまり評判が良くなかったらしく、「恥の噴水」という悪名も付けられているようです。


***************************************************************




 マルトラーナ教会は小さな教会だが、金色に輝くモザイクで覆い尽くされた内装やクーポラ、モザイク画など見所も多い。パラティーナ礼拝堂と並ぶシチリア最古の
ビザンチン様式
の華麗な教会で息をのむ美しさ。


 大勢の人が教会の開放を今か今かと待っていた。かなり歩いて疲れていたが入る価値があったと思う。




マルトラーナ教会の中央「祝福するキリストと4人の大天使」、全知全能の
神キリスト、その周りを大天使達、預言者、聖人などが取り囲む構図になって
いる。


入口そばの左側には傑作として名高い「聖母マリアのもとのジョルジョ・
ダンティオキア」が飾られている。海軍提督ジョルジョ・ディ・ダンティオキアが、
亀のような姿勢で、聖母マリアの足元にひざまずく姿を描いたもの。亀は忠誠心
の象徴で、ジョルジョ・ダンテオキア提督の忠誠心の高さを表しているといわれ
ている。

「イエスによって戴冠するルッジェーロ2世」
入口そばの右側に飾られている。
ルッジェーロ2世がローマ法王を通さず、キリストから直接戴冠されている場面が
描かれている。当時のシチリア王国の強大さを示しているといわれている。



↓↓↓床はアラブ式幾何学模様のモザイク

***************************************************************

          

         ヴィットリオ・エマヌエレ通り↑↑↑


ノルマン王宮(Palazzo dei Normanni)
   歴代の王が住んだところ。現在は州議会。
   ノルマン時代の名残はファザードの右にあるピサーナの塔(Torre  Pisana)
 
  残念ながら外観のみだった。そのわけは・・思い出せない。


 *********************


マッシモ劇場
    (ウィーンのオペラ座、パリのガルニエ宮のオペラ座に次ぐ大きさ)


  設計は、パレルモ出身の建築家ジョヴァン・バッティスタ・フィリッポ・バジーレだが、建設期間があまりにも長期に渡ったため、完成に導いたのは息子のエルネスト・
バジーレだった。

 そのため外観は壮大な新古典主義様式、内部は柔らかな曲線が特徴のリバティ様式(アール・ヌーヴォー様式)と、異なる様式で優美な姿を魅せている。

 映画『ゴッドファーザーPart3』で撮影に使われた正面階段。映画の中で、アル・パチーノ演じるマフィアのボス、マイケル・コルレオーネを中心としたファミリーが、
マッシモ劇場でオペラ歌手デビューする息子の晴れ舞台を観た後、正面階段を出てきたところで、マイケルが狙われた銃弾がそれて娘が撃たれて、死んでしまうという衝撃的なシーンが撮影された場所。↓↓↓




The Godfather III ending scene


  ****************************************************************
 ここで↓↓↓ バッグをお土産に買ったような気がします。
 どんなものだったか・・・忘れてます。 


   



  フェリ―に乗って海を渡り、イタリア本土 ナポリに向かいます!


  最後まで見てくださり感謝です。