ポルトガルが好きなんです!

 

             2005年に旅行会社のツアーで初めてポルトガルに行き、
     すべてに魅せられました。 垢抜けないところが私にぴったり。

        2011年には勇気を出して相棒と個人旅行。帰りはパリ に寄りました。

              昨年は5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。
            相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」を目指ました。
  
             今年は6月 リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。帰って来て、すぐ、また、
             行きたくなる国ポルトガルです。
 
             これから何年生きられるか分りませんが、年に一度はポルトガルに~と思っています。
 

11年前の南イタリアとシチリア島~珍道中のまとめを書いています。本土上陸編

これは実際に友人に向けて書いた絵葉書の文章です。


 シチリア島とはお別れです。
ナポリまでは客船の旅。聞こえはいいのですが確かにシャワー トイレ付ですが
窓がない。涙。狭い。まだ独居房には入ったとこはないのですが、きっとこんな
感じかしらと思いました。
新婚さんなら畳一畳あれば怖くないのでしょうが・・・結婚30余年ともなりますと

この狭い空間は悲劇です。キツイすっ。


 キャビンからの景色はとても美しい~。
出港の時私たちの隣に若い青年がいました。いつまでもいつまでも見送りの家族と
手を振って別れを惜しんでいました。最初は携帯電話で家族と話していました。
母から妹なのでしょうか恋人なのでしょうか、代わる代わる携帯を持って話しているのも
こちらからもわかりました。もう見えなくなりました。その若者は泣いているようでした。シチリアから本土に渡るということはシチリア人にとっては大きなことなのかもしれませんね。ちょっとウルルンしてしまいました。


 独居房に居られない夫が暗いうちからデッキに出たり入ったりと落ち着かない。
日の出を撮るからと私もお付き合い。狭いところにいるより気持ちがいい。一泊分の

荷物を持って乗船したのですが実はメイク道具を入れ忘れました。
仕方なく黒のボールペンで眉だけは描き、急場をしのぎました。
 

ウンベルト一世のガレリア ヌーボー城 王宮などを駆け足で歩く。あのサンタルチア
にも。意外に小さいです。ガゼルタの王宮はイタリアのベルサイユ。フランスのブルボン家出身の王が造りました。滝の前で長い~~キスをしているカップルがいてさすがと思いました。夫がシャッターを押そうと試みましたが、気付かれました。残念、、

ナポリと言えば?そう ピッツア マルゲリータです。


 最初はハーフと思っていたのですが一枚乗ってました。夫は周りの硬い部分を
残し中の良いところのみを食べるという全くもってナポリ人に失礼な食べ方。しかも
半分しか食べられない。おお~~マンマ ミーヤ!!!)妻は完食でした。
 ワインは★
キリストの涙★です。キムタクが旨いとテレビで言ったとかで、かなりの
知名度らしい。
ワイン大好きの妻は「私の血はワインで出来ている~~」なんてね。どこかの女優が
言った言葉です。
 夫は焼酎が恋しいらしい。さすがにイタリアにはないです。この頃から夫は辛そうな
顔を時折見せるようになってました。お気の毒なことよ。「アクア ガス抜き下さい!」と叫んでいました。



 二千年前のポンペイ遺跡


    現在と変わらぬ施設が全て揃っていました。二千年前にですよ。びっくりです。


横断歩道、パンや バール 公共広場。モザイクも凄い。公共浴場 神殿 プール
あまりの広さにピックリ。一日ゆっくり時間をとって歩いてみたい。
 夫は「売春宿はどこですか?」と二回も尋ね、かなり興味を示していて・・・
妻はそれがとても恥ずかしかった。

 カプリ島  ~青の洞窟~



  大成功です!この時期の入場率は68%ということですが、見事合格です!
ボートをすっ飛ばし洞窟の前に...小さな船に乗り換えてイナバウワー態勢を決めました。
なんと美しいのでしょう。青く透き通った水とそれに反射して青く煌めく洞窟はこの世のものとは思えなくいくらい。チップをはずめば長くてもいいよ♪との船頭さんのお勧め
でロングステイをお願いしました。
 夫の写真もなかなか良いでしょう。




 モンテ・ソラーロにケーブルカーで上りました。

  

●●が縮み上がる経験は妻にはありませんが夫はかなり恐怖だったようです。
でも一番感動したスポットだったそうです。妻は高い所 得意なんです。
ここで落ちても本望なくらいで、もしかしたら「ここは天国?」とさえ思えていました。


 ソレントでの最後の晩餐


 ツアーのお仲間とご一緒することになりました。さてと、どこの店にするか?
我々に任せると言われ、困った。
 ネットで調べて良さそなお店”Reistorannte Pezzeria Zintonio" 独断と偏見で
妻が決めました。でも困った。前菜 プリモ メインなどどうして頼んだら
いいのかしら… 不安 不安 doki doki.
 
  指さしイタリア会話帳 大活躍!
 
 さすが タイ語指さし会話帳で慣らしたテクニックが役に立ったのです。
夫は上手にオーダーしてくれました。
  宴は盛り上がり 笑い 歌い 踊り 周りのイタリア人に溶け込み、
英国人の新婚さんには写真を撮られる始末。言葉は出来なくてもハートで
なんとか通じる夫の語学力ではない、人間力?にはちょっと驚きでした。
 皆さん喜んで下さり ほろ酔いでホテルのシャトルバスの最終便に乗って
帰りました。

 マテーラ洞窟住居
 ここはこの旅で妻が一番、心に残ったところです。紀元前から住んでいた洞窟。
石灰岩をくりぬいて造った昔ながらの家並み。荒々しい大地に重なりあうように
並ぶ住居跡が一望。昔の人の厳しい生活が偲ばれます。

           

 世界遺産になってからは沢山の人が都会から帰って来て住人が増えてるのもすごいです。

 舌を噛みそな アルベロベッロ Trulliの街



 とんがり屋根の可愛い家並みの町。五固山合掌集落に似ている特異な町。
白川郷と姉妹都市。
 朝早く 人がいない通りを散歩していたらマンマに遭遇した。
誘われるままに店に入ると日本へ招待されたこと、NHKで紹介されたたこと、
色々な雑誌にも載ったと見せてくれた、家の中にも案内され、寝室や古い井戸など
嬉しそうに説明してくれた。
 店は織物が自慢らしく「売りたいわけではないのよ」と言いながら鍋つかみや
マットなどをみせる。思わず買ってしまった。割と高い。
 マンマとの出会い。いい思い出となりました。


 イタリア人の人生の目的は・・・



  ❶ 歌うこと ❷食べること ❸情熱的に愛すること



      って聞いたことある。



  ❶と❷は ふむふむ 何とかクリア。
  
❸ ね~~~? 情熱的ではないけれど・・消極的にではありますが・・
       なんとか愛してまいりましょう。




         これが旅の総括でした。
                     
Arrivederci  !

***************************************************************