ポルトガルが好きなんです!

 

             2005年に旅行会社のツアーで初めてポルトガルに行き、
     すべてに魅せられました。 垢抜けないところが私にぴったり。

        2011年には勇気を出して相棒と個人旅行。帰りはパリ に寄りました。

              昨年は5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。
            相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」を目指ました。
  
             今年は6月 リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。帰って来て、すぐ、また、
             行きたくなる国ポルトガルです。
 
             これから何年生きられるか分りませんが、年に一度はポルトガルに~と思っています。
 

【番外編-2】土耳古(トルコ)~心残りと反省と治安ランキング?

      たった6泊の旅で、トルコを解ったような気
    なってはいけない、いけない上っ面もいいとこだ


      日本へ帰る飛行機を待つ時間が長くて、空港で昼寝が出来た。

              
     こんなに時間があるのに★地下宮殿★ ★エジプシャンバザール
     には行かれなかった。


      冬は日が暮れるのが早いから仕方がないのかもしれないけれど
     エフェスでも★
聖母マリアの家★ ★考古学博物館★にも立ち寄れ
     なかった。

                        
      (でも・・皮製品の店では時間たっぷりとっているのに・・)

      
  
   5日目の絨緞屋さんは90分もの時間をかけたのに、、
     ★
ギョレメ野外博物館★は行かれなかった。

                 

   
       トルコ石は私も買って、申し訳なかったが、所定の45分は
       とうにオーバーしていたように思う。
       

                                          



      ツアーの宿命と言ってしまえばそれまでだし、他の国に行っても
     必ず土産やさんには立ち寄るけれど、トルコは殆どのツアーにもれな
     く付いてくる強制連行


                       ***************************************************************************


       帰国して調べて見ると、トルコは特別なようだ。
      売上から多額なマージンを受け取ることでトルコの旅行会社
      は儲けを出していて、ガイド氏は会社からペイを貰わずとも
      やって行けるというシステムだそうだ。



       高額な絨緞などを買う人が多ければ莫大なマージンが
      発生して、ガイド氏は潤うことになる。だから、一枚単価が
      高い絨緞に自ずと力が入るようだ。
                       



                   「イスタンブルでセレブな生活をしているよ」と日本から
                     行った添乗員さんがツレに話してくれた。  
                     殆どのガイド氏は財をなして、それを元手に起業して、
                      一国一城の主だそうだ。ガイドはサイドジョブ?



                   何処からともなく湧いて出てきた販売員と何やらトルコ語で
                      話している内容は一体何だったのだろうか。



                     空港でガイド氏とお別れの時、誰もチップなどを渡す人は
                    居なかった。私を含め、買い物をしたことで、彼には充分な
                    お礼をしたという事を皆さん御存じなのかも知れない。
                   小銭を渡しても喜こばれない、彼らの単位は1万円からのようだ。



                     それでもトルコはもう一度、いや何回でも行きたい国。


      今回は乗れなかった★アンカラエキスプレス★(イスタンブール
        
       とアンカラの2大都市を結ぶ寝台車)で夜行列車の旅情を体験したい。
    ★
アタテュルク廟★ ★サフランボル★ ★ボアズカレ★には是非
     とも行って見よう!で も 
絨毯は買いません!


      **********************************************************************


                  あれから7年が経ちました。
                 トルコではテロや銃の乱射事件などが頻発しています。
     
外務省危険情報サイトなどで事前に確認することが大事な
                 ようです。

                       

                                         2016年12月10日
           トルコの最大都市イスタンブール中心部のサッカー場近くで
           自動車爆弾と自爆による計2回のテロがあり  38人が死亡                                                                    155人が負傷した。エルドアン大統領は、治安部隊や市民を
                                        狙ったと非難した。
                             

ジェッディン・デデン(Ceddin Deden)


                                   



      「海外世界治安ランキング!治安の悪い危険な国?
     良い安全な国?
     というサイトで見てみると…
世界平和度では日本6位。私の大好きな
     国~
ポルトガル19位。相棒がよくゴルフに出かけるタイ133位
     すって。それは意外でした。もっと上位だと思ってました。

                   そして トルコは110位となってました。
       テロが起こった後はツアーなども中止になったりしていました。
      観光で食べていた人たちには大きな打撃だったことでしょう。

         ↓ ↓ ↓

      https://dlift.jp/countrypeace/countryPeaceDisplay


       今のところはプランしてはいませんが、もう一度訪れてみたい
      国でもあります。


       ****************************************************************


                          長い旅日記を辛抱強く 読んで下さり有難うございました。