ポルトガルが好きなんです!

 

             2005年に旅行会社のツアーで初めてポルトガルに行き、
     すべてに魅せられました。 垢抜けないところが私にぴったり。

        2011年には勇気を出して相棒と個人旅行。帰りはパリ に寄りました。

              昨年は5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。
            相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」を目指ました。
  
             今年は6月 リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。帰って来て、すぐ、また、
             行きたくなる国ポルトガルです。
 
             これから何年生きられるか分りませんが、年に一度はポルトガルに~と思っています。
 

あと一ヶ月寝ると~ポルトガル旅行(準備編 エミレーツにするわけ)

   

先に申し上げておきます。潤沢な資金がおありでリッチな旅をなさっている方には全く参考にもならない、ケチケチ話になりますのでどうぞスキップしてください。拝。


    *************************


             

 昨年、ほぼ同時期に行ったポルトガルも エミレーツ航空利用で2人で★179360円★だった。今回も全く同じ便で★171120円★で★8240円★(2人で)ほど安かった


 6月は季節も良く、ホテルも値上りも始まっておらず、現役でない私たちのようなものには訪れるのにはベストだという。

  今年1月後半には格安チケットを探しており、1人53000円なんて激安もあったが日程が折り合わず諦めた。でも気をつけていれば安いチケットがゲットできるということだ。

                            


 私達のような年金暮らしのしがない(お金もない)夫婦が海外に出るのにはまず航空券を安くゲットしなければならない。ホテルなどは探せばいくらでも清潔で安いところがあるし、食べることも贅沢さえしなければ安くてそこそこのものが食べられる。


 去年のポルトガルは15日間を一人19万円で乗り切った。(お土産は除く) ポルトガルは物価が安くて有難い限りだが、航空券がそのうち9万で残り10万で交通費、食費、宿代をまかなったということになる。




 中東の翼” エミレーツには感謝。(E社の回し者ではありません、念のため)乗務員もとても親切で気が利くし、とびきりの美人さんが多くて目の保養にもなります。
 時間の事は敢て申しません。成田22時に出て、リスボンに
着くのは翌日昼過ぎ。長いフライトがダメな人には向かないかもしれません。いえ、向きません。

 現役客室乗務員が働いてみたい人気航空会社で、世界で最も就職するのが難しい難関航空会社の一つであるというのも納得です。

 

”2016年 ワールド エアライン アワード 第一位”
だそうです。


 追加です!

"2017年 Tripadvisor  トラベラーチョイス
   世界の人気エアライン ベストエアライン 第一位

      に選ばれたそうです!





 私が乗る飛行機はA380-800 で 世界初の総2階建て旅客機
エミレーツは欧州エアバス社の2階建ての超大型旅客機「A380」を大量購入。1度に大量の旅客を運べる大型機は、1座席当たりの燃料費が少なく済み、しかも最新型機のため燃費性能も高い。座席を埋めることができれば輸送効率が高く、その分、値下げの余地が生じる。おかげさまで
薄利多売の恩恵にあずかることが出来、安くポルトガルに運んでもらえます。


 中東きってのリッチな国、ドバイを拠点とするだけにエミレーツのサービスはおもてなしのソフト面だけでなく非常にリッチ&ハイテク。

 未だ、私はファーストクラスなるものを経験したことはないし、これからもないであろうけれど…


 ファーストクラスにあたるプライベートスイートは、個室空間を独占する贅沢さ。
ゴールドを基調としたインテリアが高級感を醸し出す。
 各スイートには、電動式ドアが備わり、専用ミニバー、化粧台、鏡、クローゼットを完備、”中央列のスイートは、隣のスイートとの仕切りが開閉可能なのでカップル同士での会話、食事もOK!さらに、驚くのはシャワーブースも備わっていること。空の上でのシャワータイム。

      だそうです。

 「へ~~~~。凄い!空の上のシャワーだなんて!贅沢すぎる。」
 負け惜しみに聞こえますが、空の上で裸になってシャワー?遠慮します。



 仕事で日本とドバイを往復するビジネスマンに人気があるのがビジネスクラス。ライフラットベットシートは、2mまでの幅広さを確保。パソコンの電源、2基のUSBート完備はもちろん、仕事がしやすいように従来よりも広めのテーブルを備える。
ミニバー、マッサージ機能、収納スペースも備え、空を飛びオフィスと呼びたい快適性を追求している。


 さらに機内にはビジネス、ファーストクラス専用の機内ラウンジがあるそうだ。

 
  
       エコノミークラスでもメール、インターネット体験が可能 
           全クラスでWi-Fi、衛星回線電話、SMS、Eメールが可能!


     エアラインのサービスとして注目されているのが機内でのインターネット接続。エミレーツでもWifiによるオンライン環境を整え、自由にインターネット、メールなどが楽しめる。すごいのは地上にいる相手にメッセージなどを送ると、その返信メールが自分のTVモニター画面に表示されること。また、機内で離れて座っている相手とのSMSやチャットができる機能もあり、フライト中の限定されていたコミュニケーションによるストレスから一気に解放されるのが嬉しい。
   アナログな夫婦ですが今回はちょっとチャレンジしてみようか?と思ってます。




  ホテルはバスターミナルや地下鉄に便利な大型チェーンホテルにしました。前回もリスボンはこのホテルでした。5日間で292.50 ユーロ。換算目安 35786円です。食事はナシ。 
 1泊7157円ですから日本などから比べますと安いです。


  
 
  
  


 


  最後まで読んで下さりありがとうございました。