ポルトガルが好きなんです!

 

             2005年に旅行会社のツアーで初めてポルトガルに行き、
     すべてに魅せられました。 垢抜けないところが私にぴったり。

        2011年には勇気を出して相棒と個人旅行。帰りはパリ に寄りました。

              昨年は5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。
            相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」を目指ました。
  
             今年は6月 リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。帰って来て、すぐ、また、
             行きたくなる国ポルトガルです。
 
             これから何年生きられるか分りませんが、年に一度はポルトガルに~と思っています。
 

2017リスボン祭り~アルファマ地区でイワシを食べる!



 カステロ地区(Castelo)からモウラリーア地区(Mouraria)にかけて、グラサ地区(Graça)、アルファマ地区(Alfama)、さらにアジュダ地区(Ajuda)、
バイロ・アルト地区(Bairro Alto)などで、マンジェリコ(バジル)の鉢植え、イワシ
の炭火焼き、花飾り、聖人の置物などを売る屋台が軒を連ねる。イワシを炭で焼いて
食べることから、聖アントニオ祭は、別名“イワシ祭り”と呼ばれている。

  リスボンの下町~アルファマ周辺





 アルファマ(Alfama)は リスボンの旧市街。バイシャ地区の東に広がる。
サン・ジョルジェ城とテージョ川の間の丘陵地。



 名前の由来はアラビア語のAl-hamma、「泉」もしくは「風呂」を意味する。
多くのファド酒場やレストラン、重要な歴史的建造物が建つ。



  ムーア人支配時代、アルファマは市の中心地で、のち西側へ拡大した。
漁師と貧民が多く住んでいた。

 1755年のリスボン地震でアルファマは被害を受けず、狭い路地の迷路と
小さな広場という、絵になるような光景が残った。

生活感が漂っていて風情たっぷり。こういうところ歩くのはいい。

↑↓ ちょっとダサいモールのお飾り。それがリスボンらしい。


↓イワシの炭焼きの屋台がでている。



ファミリーが揃ってこれからイワシを食べます。


↑↓ 住居のベランダに網タイツの足?アート?じゃないでしょう。クスッと笑ってしまいます。

  


このおばさんのが焼くイワシに決めました。決め手はイワシの大きさがビッグ。
どう見ても冷凍ではない。おばさんの焼き方が丁寧。

  

  

 うろこを取らずに塩をして焼いてあるからまず皮をむく。

   

もちろん手づかみ。ナイフ フォークは使わない。

取りあえずパンに挟んで食べた。ワインなら赤だそうですが本日はビール。


  残念ながらイワシは生焼けで骨に近ずくと…まだ血が…
なのでこんな汚い残し方になってしまいました。スイマセン。


イワシ+ビール+チップで7.35€ 水が高い。2.5€

自宅の前で家族がイワシを焼いてます。

                           

      

      ↑ この魚焼きはどの家庭にもあるようです。炭で焼けるのだから
        我が家にも欲しいような。

ファド博物館の前の広場

  

      

                    ↑マンジェリコの被り物の女性を中心に盛り上がっています。

  

  

 今は廃墟となった建物も多くあります。

  アルファマでイワシ祭りに参加して手掴みでイワシを食べる~っ今回の旅の目的の
ひとつはどうにか達成できました。


  路地を歩くとき、思わずリズムをとって歩いてしまうほど私はハッピーでした。
やっぱり
 ポルトガルが好きなんです!


  お立ち寄りに感謝いたします。