ポルトガルが好きなんです!

 

2005年に旅行会社のツアーで初めてポルトガルに行き、すべてに魅せられました。 垢抜けないところが私にぴったり。

 2011年には勇気を出して相棒とポルトガルに個人旅行。帰りはスペイン サンセバスチャン、パリ に寄りました。

 2016年は5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」を目指ました。
  
  昨年は6月 リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。帰って来て、すぐに、
行きたくなる国ポルトガルです。

      今年は ポルトガルは小休止で来年1月末にアルガルベのアーモンドの花霞を見に行こうと思っていたのですが…
     やっぱり私はポルトガル病なんですね。我慢が出来ません。今年は11月に行ってこようと思っています。苦笑。

今年、3月に格安ツアーで(個人ではない)上海、蘇州、無錫に行きました。


 これから何年生きられるか分りませんが、旅が出来る体力があるうちは出かけたいと思います。

 

            

2017リスボン祭り~病院博物館とジョセ・マリョア美術館

 病院博物館
    病院の博物館って珍しいのでは?

                     

                ↑↑↑ このアズレージョにある数字は何なのでしょう。どなたか教えて下さい。
       カルテ?検査数値表?  

 昔 使われていたベッド。動けない患者に優しい作りです。

現在のものと基本は変わらない気がします。


歩行器ですよね。これも現在のものと近いです。

これは薬用の天秤ばかりでしょうか。これも現在も同じようなものがありますね。

おっぱいを飲ませるマリア様。おっぱい伸びてます。

↑↑↑ ここは耳鼻科で見かける吸入器のようです。

王妃 レオノールのお姿のようです。


 ドン・カルロス1世公園 

 もとは鉱泉病院の付属の森だったそうです。

散歩コースとしては最高です。人が少ないのもいいです。



  ジョセ・マリョア美術館に着きました。

 カルダスの町からは、ポルトガル文化史上の重要人物が輩出しています。
↑↑↑ その代表は、19c
画家のジョゼ・マリョア(José Malhoa)です。


 ↑↑↑ この絵はリスボンのファドで良く見かけます。ジョゼ・マリョアの有名な作品です。





    私がお気に入りのものを載せてみます。↓↓↓

 ↑↑↑は相棒が気に入った絵画です。

          

          

   次はボルダロの陶器を見にボルダロ・ピニェイロの工場に行ってみます。


   ご覧くださりありがとうございました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。