ポルトガルが好きなんです!

 

             2005年に旅行会社のツアーで初めてポルトガルに行き、
     すべてに魅せられました。 垢抜けないところが私にぴったり。

        2011年には勇気を出して相棒と個人旅行。帰りはパリ に寄りました。

              昨年は5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。
            相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」を目指ました。
  
             今年は6月 リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。帰って来て、すぐ、また、
             行きたくなる国ポルトガルです。
 
             これから何年生きられるか分りませんが、年に一度はポルトガルに~と思っています。
 

「天使の都」~クルンテープ=バンコック旅行のこと

 先ずはこの夏、忘れもしない7月13日から私を悩ませた腰痛のお話から。『椎間板ヘルニア』ということで決着がつきました。水泳もダメ。寝る時は横向きに丸くなって、冷やさないなどいろいろと気をつけないといけないようです。骨は綺麗らしいですが。今は痛みはほとんどなくなっていて助かります。


 出来なくなったことが多い今夏でした


 それでも旅はしたい。


 このサイトには旅名人が沢山いらして学ぶところ大なのですが、私の友人の中では一番ではなかろうかというMちゃん。年に3回は夫を置いて海外に行っています。ツレの大親友の妻ですが、夫婦で仲良し40年越えです。夫婦ではベトナム、国内では四国、九州など、短いものを入れると数知れず出かけています。兄妹みたいな4人です。


 そのM妻が「もうヨーロッパはキツイ。飛行機が辛い」と言い出した。「そ、そ、そんな気弱なことを~」と返したものの、わからなくもない。


 ということでツレの大好きなお国★タイ★に行くことにしました。ツレの案内で多少の不安はありますが、ここはお任せして【安上がりを一番に、それでも面白可笑しく】を合言葉にプラン二ングしてくれているようです。


 バンコックは昔の言い方で日本で言えば東京を江戸と言っているようなもので、タイ人は「クルンテープ」と言うそうです。「天使の都」という意味で人々は素敵な笑顔とパワーを持っていて、それが「微笑みの国」と言われる由縁です。


 ★タイ航空のチケット+ホテルで4泊分で¥46,606は購入済です。
M妻の希望のニューハーフショーは予約済。
¥2460なり。
観光客があまり行かない
★アムパワー水上マーケットに行ってみようかと。
「戦場にかける橋」
泰緬鉄道~カンチャナプリは行かれるかな?




 


着いた日が昨年亡くなられたラーマ9世国王の御命日とは全く知らず日程を決めてしまって、、、




お葬式の日程が10月23日~28日でその中で荼毘にふす(火葬)は10月26日。王宮・エメラルド寺院はこの期間休み(入場不可)となり、葬式の準備、後片付けで前後の日にちも王宮の閉鎖と周辺道路封鎖、タイ全国から国民が集まる事も予想され10月13日(王様の亡くなられた日)前後からバンコク観光が難しくなるかもしれません。
 また、昨年亡くなられた際はナイトクラブ等の強制閉鎖も有りましたので、今回も営業を自粛される事も予想されるのでどうなるかはわかりません。



 大変な時にお邪魔することになってしまいましたがどうなることになるやら、行ってみないとわからないといったところです。