ポルトガルが好きなんです!

 

             2005年に旅行会社のツアーで初めてポルトガルに行き、
     すべてに魅せられました。 垢抜けないところが私にぴったり。

        2011年には勇気を出して相棒と個人旅行。帰りはパリ に寄りました。

              昨年は5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。
            相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」を目指ました。
  
             今年は6月 リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。帰って来て、すぐ、また、
             行きたくなる国ポルトガルです。
 
             これから何年生きられるか分りませんが、年に一度はポルトガルに~と思っています。
 

タイ人に一番人気のアムパワー水上マーケットに行く!

10月14日


午前中は”ジム・トンプソンの家”をゆったりと散策して午後は<アムパワー水上マーケット>に行く。あまり観光客が行かないタイ人に人気の水上マーケット。


 相棒がゴルフの時に送迎をお願いしているドライバーさんの車で連れて行ってくださるとか。日本語を勉強中のお嬢さんも一緒に乗って通訳してくれるということだった。
 日本とタイとの電話のやり取りだけで(夫の怪しげなタイ語だから、、)決めたことだから大丈夫かな?と心配だったけれど約束のホテル前12時前には迎えに来て下さった。あんまり可愛らしいお嬢さんだったのでびっくり。


 当初2人と聞いていたけれど、実際に来たのは・・・
奥さん、高校生の息子さん、車を運転するドライバーさんとその奥さんも。総勢6人。
 M妻は「タイの人と一緒に行動する経験が出来て嬉しい」と喜んでくれたけど、、、もっとびっくりしたのはみなさん<アムパワー水上マーケット>に来るのは初めてということにまたまたびっくり



      

市内から約2時間。

             


    駐車場?


見えてきました。水上マーケット。都市部の若い人に人気のある水上マーケット。
金、土、日 のみオープン。

マリーゴールドの花が多く見られました。故プミポン国王の服喪のしるしに
全土にこの花が植えられたそうです。



Amphawa Floating Market アムパワー水上マーケット 2008年ユネスコの「アジア太平洋地区の文化遺産 保存賞(Asia Pacific Heritage Award)を受賞している。
タイでこの賞を受賞したのはこの水上市場とタイ中部のスパンプリ―県サーム・チェック集落とは百年市場。日本では2011年に★横浜の赤レンガ倉庫が国内受賞を果たしている。



旅行者にはあまり知られていない水上マーケット。夜に蛍を見ることが出来る。

↑↓ 名物のプラ―・トゥー(サバの塩ゆで) ↓↓ これは昔からの売り方

  

           

  

  

  


    

 水と共に歩んできた人々の暮らしを垣間見ることが出来る。

10年前に行ったダムヌン サドゥアックのマーケットより混んでいなくていいです。
お客さんのほとんどがタイ人です。
アムパワー水上マーケットの歴史は古く17 世紀中頃にはすでに存在していたそうです。かつては小さな集落でしたが、今やタイの人々が
週末を過ごしに大勢押しかける名所へと成長し、ただの土手だった場所には屋台が並び、
川周辺の通りまでずらりと続いています。

  




ここの最大の魅力は、なんといってもシーフードです。特にお昼から夕方の間、シーフードが焼ける香りはたまりません。タイ人が選ぶタイ海鮮料理を堪能しました。

  

 

 

     

 

      

胸には喪章が。↓↓

                   ビールにストロー。グラスを使わないため?

     

 

10人で食べて900B(3000円弱)でした。

  

有名な中央橋の周りに止まる木造のボートの上では、大きなエビや貝、イカが、揺れながらおいしそうに焼かれています。

  

   ↑↑ これはぬいぐるみです。リアルですよね。


           食後はボートに乗って水の上からアムパワーを堪能します。
   お立ち寄りに感謝します。