ポルトガルが好きなんです!

 

2005年に旅行会社のツアーで初めてポルトガルに行き、すべてに魅せられました。

垢抜けないところが私にぴったり。

 2011年には勇気を出して相棒とポルトガルに個人旅行。帰りはスペイン サンセバスチャン、パリ に寄りました。

 2016年は5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」を目指ました。
  
  昨年は6月 リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。

帰って来て、すぐに、行きたくなる国ポルトガルです。

      今年は ポルトガルは小休止で来年1月末にアルガルベのアーモンドの花霞を見に行こうと思っていたのですが…
     
やっぱり私はポルトガル病なんですね。我慢が出来ませんでした。

今年は11月に行って思わぬアクシデントに遭遇。現在 その時の旅日記 「ポルトガルはいつも優しく迎えてくれる」を更新中です。

  これから何年生きられるか分りませんが、旅が出来る体力があるうちは出かけたいと思います。

 

            

安近短な旅~上海旅行のフォトブックを作りました。

 一つの旅を終えると、フォトブックを作るのが私のお決まり。今回の「安近短な旅~上海」は短かったので写真はそう多くはなかったのですが、やっぱり作ってしまいました。


アルバムです。撮った写真をほとんど載せました。↓↓↓


https://www.mybook.co.jp/gallery/viewer.html?albumid=015G99zD



 上海は行政のバックアップがあって商業施設やビルやマンションなどほとんどにライトアップ用の電飾が施されている。キラキラピカピカな夜景は上海の売りでもあるから
年々派手になる。ガイドさんはそれを上海の勢い、中国の怒涛の発展だと自慢気に話す。


  
 先日 ドキュメンタリー「プラスティック チャイナ」を見た。私たちは日本に旅行して爆買いする富裕層の中国人ばかりをみているけれど、最悪な環境で貧しく必死で生きている中国人家族がいる現実。子供を労働力としており、学校にも行かせられない。そんな貧富の差が悲しい。


https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/253/2145612/index.html

Plastic China | Trailer


 電気を大判振る舞いするくらいなら、その差をどうにかしたらどうなんだ==!怒りさえ覚える。


 上海は誰がそう呼んだのか『魔都』とか『東洋のパリ』とか言われていたようだが・・・パリ?似ていない。似せている。『魔都』…魔都ね…案外と言い当てているかもしれない。


 上海~年寄り夫婦にはいささかついていけない町のようです。やっぱりポルトガルのなにもない所が心地いいです。 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。