ポルトガルが好きなんです!

 

2005年に旅行会社のツアーで初めてポルトガルに行き、すべてに魅せられました。 垢抜けないところが私にぴったり。

 2011年には勇気を出して相棒とポルトガルに個人旅行。帰りはスペイン サンセバスチャン、パリ に寄りました。

 2016年は5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」を目指ました。
  
  昨年は6月 リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。帰って来て、すぐに、
行きたくなる国ポルトガルです。

      今年は ポルトガルは小休止で来年1月末にアルガルベのアーモンドの花霞を見に行こうと思っていたのですが…
     やっぱり私はポルトガル病なんですね。我慢が出来ません。今年は11月に行ってこようと思っています。苦笑。

今年、3月に格安ツアーで(個人ではない)上海、蘇州、無錫に行きました。


 これから何年生きられるか分りませんが、旅が出来る体力があるうちは出かけたいと思います。

 

            

イワシ祭りとファドを楽しむ~一番近いポルトガル 湘南メルカド

昨年の6月12日はリスボン祭り(聖アントニオ祭り)
Festas De Lisboaに出かけました。懐かしい!


    

イワシも食べました。     

   

アルファマを歩きました。 

    

リベルターデ大通りでパレードも見ました。 

ファドにも行きました。




  ************************************************************



       今年は一番近いポルトガル 大船のメルカドさんでイワシ祭りを楽しみ
ました。



イワシにこだわったお料理です。

甘くないです。ご安心を。

↑ 最中の皮にイワシ?

↓イワシのプレート絶品です。


↓この方がシェフです。マンジェリコ(バジリコの鉢植え)を模した帽子をかぶってます。この帽子はポルトガルのビールメーカーのサグレスが配るのです。私は残念ながら
もらえませんでしたが。

    ごちそうさまでした。完食です。昨年アルファマで食べたイワシはちょっと生焼けでしたがこちらは違います。さすがシェフの一品です。イワシが格上げされてます。美味しかったです!



 いよいよファドの時間です!



 本日のファディスタは津森久美子さん!
津森 久美子さん!


 「そのファドの魂はポルトガル人と何らかわりない」と現地ポルトガルでも賞されるファド歌手。ファドに出会い人生が変わる。現地の香り高い演奏と、ポルトガル語で歌う前に日本語で歌詞を語るスタイルに定評がある。



  ....とプロフにあった。歌う前にその歌詞の説明をしてくれるのがとてもいい。
その語りが舞台女優だったとあったのがうなずける。

 2005年6月、初渡葡、リスボンでファド界の重鎮アントーニオ・パレイラに師事、Casa do fado(ファドが演奏されるレストラン)「Velho Páteo de Sant'Ana」でレギュラー出演を果たす。
 2007年2月、ファ-ストアルバム「flor 花」をリリース。
 2008年10月、再びリスボンに住み、
国立リスボン大学にてポルトガル語を学びながら、現地でファド修行を行う。ホームグラウンドである名店「Velho Páteo de Sant'Ana」で再びレギュラー出演する他、リスボンをはじめ、ポルトやアヴェイロなどの遠方でも歌う機会を得、現地アーティストたちと交流を重ねる。また、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌などの現地メディアにも取り上げられ、高い評価を受ける。
2009年6月、現地ギタリストたちとセカンドアルバム「Cheira a Lisboa リスボアの香り」をレコーディング後、帰国。

 2013年、10周年記念アルバム「Viagem de Andorinhaツバメの旅」(日本・ポルトガル録音)をリリース。
 2014年1月、ポルトガル・ポルトの名音楽ホール「カーザ・ダ・ムジカ」に招致され、日本人ファド歌手として単独ソロコンサートを成功させた。
 2015年11月、ポルトガル人ピアニスト、ジュリオ・レゼンデ来日ジョイント公演「Amália」開催。
 2016年9月、師アントーニオ・パレイラとファド歌手デボラ・ロドリゲスを迎えコンサート「PAIXÂO」開催。
 2017年6月、ポルトガルギター奏者セルジオ・コスタ氏を迎えてジャパンツアー「Caminho ~道~」を企画、ポルトガル大使館と共催で開催。


 悲しみは抱きしめて小さくし喜びは共に歌ってより大きくする国籍を越えてFADOのもつ普遍的な感情を歌う。



 ポルトガルに行かれて、ファドに魅せられ、癒され、ご自身の人生も変わるような
経験をされている。ポルトガルの大学を卒業されているとは驚きです。





 ファドは何度も聞いていますが、歌詞の意味を詳しく教えていただけてまた
違った感動がありました。



 先日 マツダスタジアムで国歌斉唱されたそうです。
カープがポルトガル祭りをしたようです。↓↓↓





国歌斉唱 津森久美子 マツダスタジアム



津森久美子 FADO " Loucura " , Kumico Tsumori e Júlio Resende /


お声がきれいです。丁寧に心を込めて歌われます。



関西弁でコミカルな歌も楽しいです。

     

↑ 歌手の津森さんが持っていらしたトートバッグがかわいらしい。
市電28番のデザイン。リスボンで見つけたら買って来よう!


メルカドさんから頂きました。イワシの形のチョコレートでした。ありがとうございます!



 彼女が歌の前にお話しされる内容はとても大事なことを教えてくれて心に残った。
「自ら命を絶つことをタブーとするカトリックの考えの中で、辛くても生きてゆくためにファドが心を支えてくれる。ファドは哀しみ、郷愁だけではなく、喜び
強さ、生きる力を与えてくれる。
 
 「なぜファドが好きなの?」と聞かれてどう説明したらいいのかわからなかった。
「まず 聴いてよ」くらいしか答えられなかった。
 今日からは説明できそうです。


私 「ファドから生きていく力をもらっているから」ってね。



 ファドと美味しいお料理。堪能した一日でした。
ポルトガルが近くに感じました。
ポルトガル病が出ました。11月にポルトガルに行くことに
しました。











 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。