ポルトガルが好きなんです!

 

2005年に旅行会社のツアーで初めてポルトガルに行き、すべてに魅せられました。

垢抜けないところが私にぴったり。

 2011年には勇気を出して相棒とポルトガルに個人旅行。帰りはスペイン サンセバスチャン、パリ に寄りました。

 2016年は5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」を目指ました。
  
  昨年は6月 リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。

帰って来て、すぐに、行きたくなる国ポルトガルです。

      今年は ポルトガルは小休止で来年1月末にアルガルベのアーモンドの花霞を見に行こうと思っていたのですが…
     
やっぱり私はポルトガル病なんですね。我慢が出来ませんでした。

今年は11月に行って思わぬアクシデントに遭遇。現在 その時の旅日記 「ポルトガルはいつも優しく迎えてくれる」を更新中です。

  これから何年生きられるか分りませんが、旅が出来る体力があるうちは出かけたいと思います。

 

            

ポルトガルはいつも優しく迎えてくれる⑭…軍事博物館はこの街の国境防衛の歴史の巻

10月31日(水)~11月9日(金)まで正味7日間の短い
ポルトガルの旅日記ですが読んでいただけたら嬉しいです。
潤沢な資金を持って旅する方にはなんの参考にもなりません。
年寄り夫婦の節約旅です。途中 ばあばが転んで顔面強打。
お岩さんになりながらも旅を続けた涙もん旅となりました。


     ーーーーーーーーーーーーーーーーー

向こうは軍事博物館の入場門

 この右側の建物の中に展示されています。建物内をずっと見学しながら前に
進んでいくことになります。

↑ここが軍事博物館入口  チケット €1.3 × 2人 で €2.6 シニア価格
本物の兵士のような若者が案内してくれました。

SINGERミシン 昔ありましたよね。何を縫うためなんでしょうか。馬具?かな。
説明ができません。写真をご覧くださってご想像下さい。

こんな鉄の塊を馬が引くんですよね。馬の力って凄いんですね。馬力?


↓↓
展望スペースより~

とても見通しがいい。ということは国境防衛に適した場所ということなんでしょう。

サンタ・ルジア要塞が見えます。

スペインとの国境がすぐそこ12kmのところにあるそうだ。

軍事博物館だから当たり前なのですが、どれを見てもそれを操る人間を
想像してしまって… これから二つの要塞を見るのですが、どちらも
同じような軍事の展示となります。
私はいささか…「もいいよ」って感じです。そうなんです。ここは
国境防衛の街なんですよね。
厳しい環境で人々は一日として安心の出来ない生活だったのですね。



 一度ホテルに帰って アモレイラ水道橋に行ってみることにします。
 最後までみて下さってありがとうございました。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。