ポルトガルが好きなんです!

 

2005年に旅行会社のツアーで初めてポルトガルに行き、すべてに魅せられました。

垢抜けないところが私にぴったり。

 2011年には勇気を出して相棒とポルトガルに個人旅行。帰りはスペイン サンセバスチャン、パリ に寄りました。

 2016年は5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」を目指ました。
  
  昨年は6月 リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。

帰って来て、すぐに、行きたくなる国ポルトガルです。

      今年は ポルトガルは小休止で来年1月末にアルガルベのアーモンドの花霞を見に行こうと思っていたのですが…
     
やっぱり私はポルトガル病なんですね。我慢が出来ませんでした。

今年は11月に行って思わぬアクシデントに遭遇。現在 その時の旅日記 「ポルトガルはいつも優しく迎えてくれる」を更新中です。

  これから何年生きられるか分りませんが、旅が出来る体力があるうちは出かけたいと思います。

 

            

ポルトガルはいつも優しく迎えてくれる⑮…イベリア半島で最も長いアモレイラの水道橋は今でも使われているそうです!の巻

10月31日(水)~11月9日(金)まで正味7日間の短い
ポルトガルの旅日記ですが読んでいただけたら嬉しいです。
潤沢な資金を持って旅する方にはなんの参考にもなりません。
年寄り夫婦の節約旅です。途中 ばあばが転んで顔面強打
お岩さんになりながらも旅を続けた涙もん旅となりました。


          ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


アモレイラ水道橋


 リスボンのベレンの塔を設計したフランシスコ・デ・アルダの設計によるもの。ェヴォラの水道橋も設計しています。


 アーチの数は約800。イベリア半島最長の水道橋。 

   

高さ31m 地下の深さ6m長さ8.5kmもあるのです。

完成には一世紀以上かかった?そうです!(15世紀に始まり、1622年に完成)

             

エルヴァスの街に水をずっとずっと供給してくれているんですね。

             

エルヴェスの街を囲むように建っています。

1622年から400年近くも頑張っているアモレイラ水道橋に
エネルギーをもらいました。





↓↓↓ 昨年ェヴォラに行った時のものです。
城壁や水道橋も出てきますがその規模の違いが
解ると思います。




 今晩の夕食をどこにしましょうか?それが問題だ。
 夜の街に出て美味しいご飯を探します。



 お立ち寄りに感謝いたします。拝。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。