ポルトガルが好きなんです!

旅の備忘録、お出かけしたところ、お芝居やコンサート、美術館など書いています。

 

  2005年、団体ツアーで初めてポルトガルに行き、すべてに魅せられました。
垢抜けないところが私にぴったり。

 2011年、勇気を出して相棒とポルトガルに個人旅行。帰りはスペイン サンセバスチャン、パリ に寄りました。

 2016年5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」に行きました。
  
 2017年6月には リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。

帰って来て、すぐに、行きたくなる国ポルトガルです。

  2018年はポルトガルは小休止で2019年1月末にアルガルベのアーモンドの花霞を見に行こうと思っていたのですが・・・
やっぱり私はポルトガル病なんですね。我慢が出来ませんでした。
 11月に行き、思わぬアクシデントに遭遇。
その時の旅日記 「ポルトガルはいつも優しく迎えてくれる」を書いています。

 令和元年は9月に6度目のポルトガルに。ポルトの滞在し近郊の町を訪れ、うち2日は北部レグア
に。ドウロ川渓谷のブドウの収穫を見たかったのですが残念ながら2日前に終わっていました。

 これから何年生きられるか分りませんが、旅が出来る体力があるうちは出かけたいと思います。

 

            

🎦「ハウス オブ グッチ」ガガ様 最高です!

2月7日(月)ブルグ13へ映画を観にでかけた。
   👇👇 このビルの6階です。

       👆👆


🎦「ハウス オブ グッチ」


映画『ハウス・オブ・グッチ』



HOUSE OF GUCCI | Official Trailer | MGM Studios

マウリツィオ・グッチ    パトリツィア       叔父のアルド



『あらすじ』


 ファッションブランドの元祖とも言えるGUCCI一族の崩壊を
描く、実話を基にした作品だ。
  始まりは、創業者の孫であるマウリツィオ・グッチとその妻となる労働者階級の娘パトリツィアの出会い。ある夜パーティで彼女はマウリツィオを魅了するが、マウリツィオの父親はパトリツィアとの交際に反対。マウリツィオは勘当されるが、パトリツィアの力添えもあり、叔父のアルドの後援を取り付けて経営に参加。しかし経営も3代目の時代になると結束は崩れ、パトリツィアの口出しを許すようになって、それは思わぬ結果を生んでいく。
 父の死後は会社の株の半分を得る。しかしパトリツィアはそれだけに満足せず、アルドとその息子のパオロを経営から排除しようと画策するのだ。


リドリー・スコットの前作は「最後の決闘裁判」去年11月に観ています。
👇👇👇


監督はリドリー・スコット



女優として、今回は歌は無しでパトリツィアを演じる。


ガガは、役作りのため、イタリア語なまりの英語も半年間特訓。
先日発表された第87回ニューヨーク映画批評家協会賞では、早速、主演女優賞に輝き、賞レースを一歩リード。さらに第79回ゴールデングローブ賞の主演女優賞(映画・ドラマ部門)にもノミネートされており、2度目となるオスカー候補にも期待がかかる。



👇👇👇豪華脇役陣
ジャレッド・レトの役づくりがすごすぎる!

パオロ役・レトの役作りには毎日6時間メイクアップでかかったそうだ。大変身ぶりには、すでに映画を鑑賞した批評家や海外ファンから「エンドロールを見るまで、レトだと気づかなかった!」と驚きの声があがるほど。



 夫マウリツィオ・グッチ役には、ハリウッド超大作からアート作品まで、出演オファーの途切れない実力派俳優アダム・ドライバー。リドリー・スコット作品では「最後の決闘裁判」にも出演しており、信頼度の高さがうかがえる。
 名家に生まれ育ったゆえの葛藤、愛する女性に翻弄される苦しみを、繊細さと激情家のふり幅で演じきった。


私はあの微笑み、笑顔がとても素敵です!優しすぎるキャラが
最後は・・・妻に殺されるとはなんともお気の毒なことです。



👆👆さらにアル・パチーノ(マウリツィオの叔父・アルド)
現在81歳だそうです。🎦セント オブ ウーマン 夢の香り
好きです。



👆👆
ジェレミー・アイアンズ(マウリツィオの父・ロドルフォ)というアカデミー賞受賞者たちが“グッチ一族を熱演している。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 私はブランド品とは無縁で生きてきたので、興味はあまりないのですが、セレブの世界に憧れる方には必見の映像が沢山出てきますよ。イタリアの自然も、各時代を彩るファッションの歴史、その時代のメイクやヘアスタイルといったトレンドの変遷を楽しめます。
 実際に「GUCCI」が提供したアイテムも多数登場。一族が暮らす大豪邸やそこに飾られる美術品・装飾品の数々、国宝クラスの高級車まで、「贅を尽くす」という言葉がふさわしい作品は目の保養になりますね。


 実際にあった事件だそうで、ガガさんが演じた夫殺しの妻、パトリツィアは模範囚で今シャバ?に出てきているそうです。



最後まで読んで下さりありがとうございました。

非ログインユーザーとして返信する