ポルトガルが好きなんです!

旅の備忘録、お出かけしたところ、お芝居やコンサート、美術館など書いています。

 

  2005年、団体ツアーで初めてポルトガルに行き、すべてに魅せられました。
垢抜けないところが私にぴったり。

 2011年、勇気を出して相棒とポルトガルに個人旅行。帰りはスペイン サンセバスチャン、パリ に寄りました。

 2016年5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」に行きました。
  
 2017年6月には リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。

帰って来て、すぐに、行きたくなる国ポルトガルです。

  2018年はポルトガルは小休止で2019年1月末にアルガルベのアーモンドの花霞を見に行こうと思っていたのですが・・・
やっぱり私はポルトガル病なんですね。我慢が出来ませんでした。
 11月に行き、思わぬアクシデントに遭遇。
その時の旅日記 「ポルトガルはいつも優しく迎えてくれる」を書いています。

 令和元年は9月に6度目のポルトガルに。ポルトの滞在し近郊の町を訪れ、うち2日は北部レグア
に。ドウロ川渓谷のブドウの収穫を見たかったのですが残念ながら2日前に終わっていました。

 これから何年生きられるか分りませんが、旅が出来る体力があるうちは出かけたいと思います。

 

            

🌸桜前線と一緒に北へ①~ 北上展勝地(岩手県)4月17日


桜の満開に遭遇するのは難しい。



「満開だよ」と聞いてからでは宿はとれないし、とれても馬鹿高で到底無理。
「運が良けりゃ運が良けりゃ 満開が見れる」といったところ。


昨年も弘前の🌸を見に出かけたが、すでに花筏であったが🌸は沢山咲いていてくれた。
今年はその一週間前に予定をして早めに宿も格安で取れた。



弘前への途中 今日は花巻の大沢温泉に泊まる。なので桜の名所
である 北上展勝地に寄ります。


👇これは去年の弘前日記です。




北上展勝地(岩手県)
 悠然と流れる北上川の河畔にある北上展勝地は、東北有数のサクラの名所として知られ、「日本さくら名所100選」「みちのく三大桜名所」に数えられています。珊瑚橋から2kmにわたる桜並木では、樹齢100年近い500本のソメイヨシノがサクラのトンネルを作ります。桜の種類ソメイヨシノ、ヤマザクラ、サトザクラ、エドヒガン、シダレザクラなど。
 見ごろ時期:4月中旬~4月下旬



珊瑚橋から2kmにわたる桜並木では、樹齢100年近い500本のソメイヨシノがサクラのトンネルを作ります👇

 


桜並木は大正9年に行われた桜の植栽事業によりできた、北上川の東岸、奥羽山脈を望む約293haの市立公園。公園内には約1万本の桜と10万株のツツジがあると言われています。

 


春が来たことをみなさん とても喜んでおられる様子がわかります。みんな笑顔でした。






最後まで見てくださりありがとうございます。
この後ラーメン屋さんでお昼を食べました。
大人気と聞いて行きましたが、私たちの口には合いませんでした。




旅はこれからまだまだ続きます。

非ログインユーザーとして返信する