ポルトガルが好きなんです!

旅の備忘録、お出かけしたところ、お芝居やコンサート、美術館など書いています。

 

  2005年、団体ツアーで初めてポルトガルに行き、すべてに魅せられました。
垢抜けないところが私にぴったり。

 2011年、勇気を出して相棒とポルトガルに個人旅行。帰りはスペイン サンセバスチャン、パリ に寄りました。

 2016年5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」に行きました。
  
 2017年6月には リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。

帰って来て、すぐに、行きたくなる国ポルトガルです。

  2018年はポルトガルは小休止で2019年1月末にアルガルベのアーモンドの花霞を見に行こうと思っていたのですが・・・
やっぱり私はポルトガル病なんですね。我慢が出来ませんでした。
 11月に行き、思わぬアクシデントに遭遇。
その時の旅日記 「ポルトガルはいつも優しく迎えてくれる」を書いています。

 令和元年は9月に6度目のポルトガルに。ポルトの滞在し近郊の町を訪れ、うち2日は北部レグア
に。ドウロ川渓谷のブドウの収穫を見たかったのですが残念ながら2日前に終わっていました。

 これから何年生きられるか分りませんが、旅が出来る体力があるうちは出かけたいと思います。

 

            

🎻前橋汀子さん 秋の🍂デイライト・コンサート ヴァイオリンの名曲でめぐるヨーロッパの旅

とても暖かい小春日和のお出かけです。


2022年11月11日(金) 


 東京芸術劇場コンサートホール







 今年演奏活動60周年を迎えた前橋汀子さん。日本を代表する 国際的ヴァイオリニストとしてその優雅さと円熟味あふれる演奏で多くの聴衆を魅了し続けています。



   
🎻前橋汀子 秋の🍂デイライト・コンサート 
     ヴァイオリンの名曲でめぐるヨーロッパの旅


     様々な国の作曲家による🎻の名曲をとプログラムを考えたそうです。
     👇の解説は前橋汀子さんによるものです。





◆シャミナード(1857~1944)


スペインのセレナード
(クライスラー編)


 シャミナードは女性として最も早く世界的名声をえがフランスの作曲家・ピアニスト。「スペインのセレナード」は本来は
ピアノ曲でクライスラーが🎻用に編曲し、一躍知れ渡った彼女の
代表作。響きの中にスペイン風の色彩を添えて美しく歌われる魅力的な曲。



前橋さんの演奏の映像はないので曲のご紹介としてほかのアーティストの演奏をのせます。



スペイン風セレナーデ(シャミナード/クライスラー編)



◆チャイコフスキ―(1840~1893)
 感傷的なワルツ
 1882年ピアノのための「6つの小品」として作曲された中の一曲。哀愁漂う」ワルツで現在ではオリジナルのピアノによる演奏よりも、🎻やチェロなどの編曲でより演奏されている。



2.感傷的なワルツ/チャイコフスキー(Sentimental Waltz/Tchaikovsky)


◆クライスラー(1875~1962 )
    中国の太鼓
 クライスラーはウイーン生まれの大ヴァイオリニストでもあった作曲家。クライスラーが上海旅行の時に見聞きした大道芸人の太鼓のリズムを反映させて作曲されてる。洒落た動きの主部と中国風の対比が素晴らしい作品。



クライスラー 中国の太鼓 Tambourin chinois Fritz Kreisler,


ウイーン奇想曲
 大変印象的な助走から始まり、ビゥ・レントープレストーアンダンテ・コン・モードという緩ー急ー緩のワルツの旋律が続き
そして再び序奏の旋律が静かに奏されて終わる。生まれ故郷ウィーンに寄せる思いが見事に歌い込まれたクライスラーならではの作品。



【ウィーン情緒】クライスラー ウィーン奇想曲 Kreisler Caprice Viennois


◆モーツァルト(1756~1791)
ヴァイオリン・ソナタ第18番 ト長調 K301
より第二楽章

モーツアルトが22歳の「マンハイム=パリ旅行」の時に作曲したソナタ集のうち第一曲目。可憐で物悲しいロンド形式の第2楽章を演奏。



モーツアルト ヴァイオリンソナタ第18番 ト長調 K.301


👇ここから弦楽カルテットとの演奏になります。


ヴァイオリン:前橋汀子🎻
ピアノ:松本和将🎹 シンセサイザー:丸山貴幸
弦楽カルテット
森下幸路(コンサートマスター)平山慎一郎(ヴァイオリン)
小倉萌子(ヴィオラ)門脇大樹(チェロ)



◆ヴィヴァルディ(1678 ~1741)
ヴァイオリン協奏曲集「四季」より「冬」
「四季」の名で親しまれている、春夏秋冬それぞれにまつわるソネットの内容を表現する表題音楽的な🎻ヴァイオリン協奏曲より、「冬」。
第一楽章 厳しい寒さの屋外では風の中震えながら激しく足踏み     
     している。
第二楽章 室内で静かに雨のひととき、温かい暖炉でゆったり
     とくつろいでいる。
第三楽章 氷上ですげったり、転んだりしながら歩き、風邪が北 
       から南へと吹き付けてくる。



ヴィヴァルディ 「四季」より「冬」 高音質 FULL




◆エルガー(1857~1934)
 愛の挨拶
 第二のイギリス国花と言われ親しまれている行進曲「威風堂々」などの作品を残したイギリスを代表する作曲家。この曲は生涯彼の才能を信じ献身的に支えた妻カロラインへの愛をこめて送った小品。



エルガー 愛の挨拶  Elgar Salut d'amour




◆ドヴォルザーク(1841~1904)
ユーモレスク
 NYのナショナル音楽院の院長を務め終えて祖国チェコに戻り1894年に書いたピアノ曲集「8つのユーモレスク」第7番、クライスラーの🎻編曲によりボヘミアの5音階が用いられた愛らしい調べはより広く親しまれるようになった。





ユモレスク第7番 イン・プラハ 高音質



◆プロコフィエフ(1891~1904)(ハイフェッツ編)
「3つオレンジへの恋」より行進曲
 プロコフィエフが1919年アメリカに亡命中に書き上げた4幕の童話オペラの第二幕の場面転換の際に演奏される「行進曲」3つのオレンジを探しに砂漠へ出かけた躁うつ病の王子がやっと見つけた3つのオレンジの一つから現れた二ネッタ姫と結ばれるという歌劇。




PROKOFIEV: March from The Love for Three Oranges | Antal Zalai





映画音楽メドレー (丸山貴幸編曲)
 往年の名画を彩る素晴らしい楽曲たちを丸山貴幸さんが今回のコンサートのために編曲、メドレーにされました。その音源はないので🎦映画から
曲をご紹介します。



「ひまわり」🌻

ひまわり テーマ曲  ソフィア・ローレン マルチェロ・マストロヤンニ



☂「シェルブールの雨傘」🌂

3分40秒あたりから羽田健太郎さんが🎹を弾いてルグランさんが指揮します。
【 ミシェル・ルグラン シェルブールの雨傘 壮大編曲ver (Michel Legrand - Les Parapluies de Cherbourg)



「サウンド・オブ・ミュージック」 ドレミの歌♪♫ 映画から

The Sound of Music (4/5) Movie CLIP - Do-Re-Mi (1965) HD





◆ブラームス(ヨアヒム編)
 ハンガリー舞曲第5番
 ハンガリー・ジプシー舞曲の4分の2拍子のチャルダッシュを素材に、素朴でしかも拡張高く作り上げられた、本来は🎹ピアノの連弾用の作品。
情熱的で流麗な旋律の、静と動が交差するリズムが刻まれるジプシー音楽の特徴が際立っている全21曲の中でも有名な曲の一つ。


👇 西本智美さんが指揮されています!

Tomomi Nishimoto - Brahms : Hungarian Dance No. 5




アンコール曲
チゴイネルワイゼン



Teiko Maehashi Sarasate Zigeunerweisen, op.20 / 前橋汀子 ツィゴイネルワイゼン 作品20






タイスの瞑想曲 前橋さんの演奏では見つけられませんでした。

Jules Massenet - Meditation from Thais for Violin and Piano




皇后さまがコンサート鑑賞 アンコール演奏に拍手(15/06/22)



びっくりするほどたくさんの曲を弾いてくださいました。
どれも親しみやすい、耳慣れた曲ばかりで眠くなるなんてことはありません。エネルギッシュな演奏です。
年齢を行っては失礼ですが、演奏活動60年というのですから、想像はつきます。立ちっぱなしの演奏しっぱなしでも舞台上をスタスタと歩かれてほんとにお元気だと思います。それにお綺麗で紅色のドレスがお似合いです。
これからもますますお元気でご活躍をお祈りしています。


長いブログを最後まで見てくださりありがとうございます。
お暇な時に聴いて下さい。心が休まります。そして時々涙も出ます。
一緒に行ってくれた友人にも(人''▽`)ありがとう☆

楽しかったね。





👇2020年11月のコンサートの時のブログです👇

非ログインユーザーとして返信する