ポルトガルが好きなんです!

旅の備忘録、お出かけしたところ、お芝居やコンサート、美術館など書いています。

 

  2005年、団体ツアーで初めてポルトガルに行き、すべてに魅せられました。
垢抜けないところが私にぴったり。

 2011年、勇気を出して相棒とポルトガルに個人旅行。帰りはスペイン サンセバスチャン、パリ に寄りました。

 2016年5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」に行きました。
  
 2017年6月には リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。

帰って来て、すぐに、行きたくなる国ポルトガルです。

  2018年はポルトガルは小休止で2019年1月末にアルガルベのアーモンドの花霞を見に行こうと思っていたのですが・・・
やっぱり私はポルトガル病なんですね。我慢が出来ませんでした。
 11月に行き、思わぬアクシデントに遭遇。
その時の旅日記 「ポルトガルはいつも優しく迎えてくれる」を書いています。

 令和元年は9月に6度目のポルトガルに。ポルトの滞在し近郊の町を訪れ、うち2日は北部レグア
に。ドウロ川渓谷のブドウの収穫を見たかったのですが残念ながら2日前に終わっていました。

 これから何年生きられるか分りませんが、旅が出来る体力があるうちは出かけたいと思います。

 

            

2人で150歳の夫婦旅~ポルトガル⑰ アルガルヴェ その5 ラゴス もう一度街歩き

ラゴスの紋章 ボートから降りて~  お店を探すこともなくヴァスコダ・ガマ通りの 🍃「The Curry Leaf」🍃というカレーの店に入ってしまった。この店の名になっている「Curry Leaf =カレーの葉」だがカレー粉とは異なるということだ。カレー、ライス、レンズ豆のスープなど、さまざまな料理の風味を高めるためによく使われ.この葉は料理用のおいしいハーブというだけでなく、健康に役立つ植物…

2人で150歳の夫婦旅~ポルトガル⑯ アルガルヴェ その4 ポンタ・ダ・ピエダーテ洞窟

4月10日(水)ラゴス 今日はマリーナからボートに乗って ポンタ・ダ・ピエダー洞窟に行きます。 ポンタ・ダ・ピエダーテ洞窟   洞窟の中に入りビーチを見るツアーに予約してます。 所要時間 1時間15分  2人で 18.6 € (3100円)    4月25日通り(Rua 25 de Abril) 👇      この道にはずっとお土産物屋さんが並んでます。      👇 まだボートには早いので…

2人で150歳の夫婦旅~ポルトガル⑮ アルガルヴェ その3 ユーラシア大陸の最南西端、それが「サン・ヴィセンテ岬」

  旅を愛する多くのバックパッカーにバイブルとして今も読み 継がれている。沢木耕太郎氏の『深夜特急』80年代と90年代における日本における個人旅行流行の一翼を担った。  長い旅路の果てに、沢木氏が辿り着いたユーラシア大陸の最南西端、それが「サン・ヴィセンテ岬」 スペインの守護人 サン・ヴィセンテの遺体をのせた船がこの岬に流れついたという伝説からつけられた。沢木氏が旅を終える決断をしたのは場所は「…

2人で150歳の夫婦旅~ポルトガル⑭ アルガルヴェ その2 サグレス要塞はエンリケ航海王子の住居や航海学校だった

4月9日(火)  早起きしてバスターミナルまで歩く。荷物が少ないから歩くのは楽。今日はSagres(サグレス)に行きます。        🚌バスはサグレス行き 一人11.6€×2(1937円) カモメがターミナルの中に入ってきた サグレス行のバスの車窓から~~👇  サグレスは、ポルトガル南端のアルガルヴェ地方の最果ての 小さな町です。 ここは少しひらけていますね バスストップになってます👇…

2人で150歳の夫婦旅~ポルトガル⑬ 南ポルトガル アルガルヴェ地方 ラゴスに着いた!

4月8日(月)Beja から Lagos(ラゴス)へ移動します。      ベージャともお別れです。石畳をまたガラガラはきついので ホテルからタクシーで。5€でした。           ベージャのバスターミナルでバスを待ちます。👇約2時間バスに乗ってAlbufeira(アルブフレイラ)に着き乗り換えまた1時間30分のってLagos(ラゴス)に南下します。 ベージャからアルブフレィラまで一人1…

2人で150歳の夫婦旅~ポルトガル⑫ Bejaその3 ベージャで見つけたアート、城壁の中のインド、それから美味しいカタツムリ。

 4月7日(日)前回のその2より続く   ベージャ城の受付のフロアで彫刻家の作品展をやっていた。  作家の名は Noemia Cruz 私より一つ年上のおじいさん。                            👆Noemia Cruz氏           猥褻とは思わない。ポルトガルに多くみられるような豊満な女性の彫刻です。 昔の絵などをみると一般女性の多くがこんな感じの人。お尻の…

2人で150歳の夫婦旅~ポルトガル⑪ Beja その2 歴史があってアートも自然もあって素敵なベージャ

4月7日(日)ベージャ2日目です。朝食は我々だけ。   ゆっくりいただきました。     👇ここがホテルです。          今日はとてもいい天気!歩きましょうね。   レイニヤ・ドニヤ・レオナール美術館 MUSEU REGIONAL DE BEJA / MUSEU RAINHA DONA LEONOR      この美術館は1927年に設立された。かつてのノッサ・セニョーラ・ダ・コンセイ…

2人で150歳の夫婦旅~ポルトガル➉ Beja(ベージャ)は277mの丘の上にあるローマ都市

 ベージャはリスボンからバスで2時間半程離れた町で、アレンテージョという地域にあります。ポルトガル旅行で敢えてベージャに行くという人はなかなかマニアックだと何かに書いてありました。そのベージャに行きたいというのはツレです。  277mの丘の上に位置する。戦略上の要地であることから古代から既に重要視された土地。 4月6日(土) ホテルを出てタクシーをひろいオリエンテまで タクシー代 15€(250…

2人で150歳の夫婦旅~ポルトガル⑨ 大航海時代の遺産 マフラ宮殿 マフラ修道院

 4月5日(金) 地下鉄 Marques de Pombal(マルケス デ ポンパル)から6つ目の                       Campo Grande(カンポ グランデ)駅まで。   地下鉄 イエローライン。綺麗な駅です。              駅を出るとすぐスタジアムがあります。👇 ⚽スポルティング・リスボン⚽  ホームスタジアム        ⚽エスタディオ・ジョゼ・…

2人で150歳の夫婦旅~ポルトガル⑧ ポルトガルの勝利を記念したバターリャ修道院

 レイリアからバターリャまでバスの連絡がうまくなくてタクシーで行くと決めていました。携帯がないのは困ったものでタクシー乗り場を探します。若い青年に聞くと「すぐそこだよ」と教えてくれてラッキー!すぐに乗ることができました。 4月4日 その3 バターリャ修道院((Mosteirode Santa Maria da Vitória) バターリャ修道院  正式名聖母マリア修道院(Mosteirode S…

2人で150歳の夫婦旅~ポルトガル⑦ 絶景!レイリア城のバルコニーから町が見渡せた!

4月4日(木)その2 ファティマからレイリアへ ファティマからバスにのり約25分でレイリアに到着。  「あれがレイリア城だ!」あの城に行くぞ==! レイリアはとてもいい町のような、そんな気がする。 Castelo de Leiria (レイリア城)👇 レコンキスタの後 15世紀には町の周囲に植えられた杉の木を原料に製紙工場が作られ印刷業が盛んになった。現在もこの地域の商業の中心地としてまた交通…

2人で150歳の夫婦旅~ポルトガル⑥ 🚌バスに乗りまずは聖母マリアの奇跡が起こった聖地ファティマ

4月4日(木)その1 リスボンからファティマに  早く起きて地下鉄に乗りSete Riosまで。  バスターミルは人でいっぱい。RE社(Rede Expressos)ほか各社のバスがポルトガル中を網の目のように走っていてとてもありがたい。バスを使えば様々な所へ行かれるから。狭い国ながらのメリットだ。何度 ここを利用したことだろう。久々ターミナルが嬉しい。 ファティマまで二人で22・2ユーロ(37…

2人で150歳の夫婦旅~ポルトガル⑤ 待ちに待ってた♫Fado♪を聴く

グルベキアン美術館より続く~  一度宿に戻りお昼寝してからバイト・アルトのFado ハウスに 向かう。  今回の旅で一度も乗らなかったのは市電。石畳の狭い道を走る市電はポルトガルの象徴のような乗り物。👇仕事帰りの人たちで満員です。 カモンイス広場 広場には屋台が立ち並び中央にはポルトガル最大の詩人ルイス・デ・カモンイスの像が立っている。         CANTO          da   …

2人で150歳の夫婦旅~ポルトガル④ 2日目はグルベキアン美術館

4月3日(水) 宿の近くの地下鉄駅 Avenida駅 から 4つ目の Praca de Espanha駅 で降りて歩く   👆地下鉄のシートはコルクを真っ赤なフレームで囲んだように 出来ている。コルクはポルトガルの名産品。寒い冬は暖かく暑い夏は涼しいのではなかろうか。  以前一度来ているのだか・・・人に尋ねながら辿り着く 4月3日(水)    Museu Gulbekian グルベキアン美術館…

2人で150歳の夫婦旅~ポルトガル③ リスボン最初のお夕食はポルトガル料理です

 リスボン 初日の夕食です。ここは レストランのおじさんの呼び込みの誘いに乗ってしまいました。地元の人が多いというのが決め手です。  それからポルトガル料理ということです! 👇リベルダーデ通りの一本裏の通り~いたずら書きが多い テキパキと動くおじさん。「旅の指さし会話帳」を使って料理を頼む。👇 👇牛のステーキ ポルトガルでは豚肉の方がポピュラーですが牛肉を頼んでしまった。 大きなお皿一面に…

2人で150歳の夫婦旅~ポルトガル② リスボン上陸!宿はリベルダーデ通りで便利!

4月2日(火)  空港からタクシーでB&Bのホテルの前に着く。ホテルと言っても5階建ての古いビルで一階はクリニックのようだった。普通の家族の住まいをホテルに改造したようで5階最上階は言ってしまえば屋根裏部屋。しかし綺麗に改装されていて、古い小さなエレベーターがあったのは有難かった。  そこがホテル?とは思えない普通のドア。そこが入り口。ブザーを押すとふっくらした若い女の子が出てきて、とりあえず荷…

2人で150歳の夫婦旅~ポルトガル① トランジットはアブダビで

  アラブ首長国連邦にはエミレーツ、カタール、エティハドと航空会社が3つもある。 今回のポルトガルの旅はまずは航空券をゲットしなければ。でもどこの航空会社も高くて手が出ない。そんな中で奇跡的に安いチケットをツレが見つけた。発作的に買ってしまた。これでポルトガル行が決定!直接エティハド航空から買った。   成田~リスボンが一人138000円なり。二人で277400円だ。   後にも先にもこれ以下の…

2人で150歳の夫婦旅~ポルトガルから無事帰還しました!旅の総まとめ(後半)

~前回より続く 4月17日 ジェロニモス修道院 とても混んでいて一時間以上並びました。 Pastel de Nata(パステル・デ・ナタ複数形は パステイス Pasteis)   勝利のアーチ コルメシオ広場(別名 テレイロ・ド・パソ宮殿広場) サンタ・ジェスタのエレベーター ロシオ広場(リスボンで一番賑やかな広場) 👇ジャカランダが咲き始めていました。 AlfamaでFADOを聴く 4月18…

2人で150歳の夫婦旅~ポルトガルから無事帰還しました!旅の総まとめ(前半)

ただいま!  4月22日(月)無事に帰ってきました。一番心配だった私が転ぶこと。だいぶ歩きましたがコケずにすみました。ツレはそれが一番心配だったようです。私は荷物を持たない。リュックを背負うだけ。ツレが思いスーツケースをひいてくれました。割と元気な方ですが力持ちというわけではないので、石畳の上をひきづる、狭い階段を持ちあげるのは大変だったようです。帰国した今になって体中の筋肉が痛いと言っています…

2人で150歳の夫婦旅(準備編)②~もうちょびっと寝るとポルトガル!!!

 待ち遠しかったポルトガル行もあと数日で出発というところに。全て予約などはツレがやってくれて私は決まった書類をファイルするだけでした。行きたいところ、絶対見たい場所の希望は 出してます。今回はツレの希望もかなり入ってます。                                                  Etihad Airways  安い航空券を探しました。運よくエティハド航空…