ポルトガルが好きなんです!

旅の備忘録、お出かけしたところ、お芝居やコンサート、美術館など書いています。

 

  2005年、団体ツアーで初めてポルトガルに行き、すべてに魅せられました。
垢抜けないところが私にぴったり。

 2011年、勇気を出して相棒とポルトガルに個人旅行。帰りはスペイン サンセバスチャン、パリ に寄りました。

 2016年5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」に行きました。
  
 2017年6月には リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。

帰って来て、すぐに、行きたくなる国ポルトガルです。

  2018年はポルトガルは小休止で2019年1月末にアルガルベのアーモンドの花霞を見に行こうと思っていたのですが・・・
やっぱり私はポルトガル病なんですね。我慢が出来ませんでした。
 11月に行き、思わぬアクシデントに遭遇。
その時の旅日記 「ポルトガルはいつも優しく迎えてくれる」を書いています。

 令和元年は9月に6度目のポルトガルに。ポルトの滞在し近郊の町を訪れ、うち2日は北部レグア
に。ドウロ川渓谷のブドウの収穫を見たかったのですが残念ながら2日前に終わっていました。

 これから何年生きられるか分りませんが、旅が出来る体力があるうちは出かけたいと思います。

 

            

ポルト街歩き~ボルサ宮

 9時のオープンを待って”ボルサ宮”に入る。1834年に火災で焼けたサン・フランシスコ修道院の跡地にポルト商工組合の建物として建てられ、最近まで証券取引所として使われていたそうです。  回廊の中にある中庭で天井を見上げるといろいろな紋章が描かれています。   1842年 ポルトガルでは初の鉄のドーム。 法廷の間 50年ほど前まで実際に裁判がおこなわれてました。 全てガイドツアーでフランス人夫婦と…

ポルト街歩き~早起きして歴史地区を歩こう!

 ポルト2日目。 ポルトはポルトガルの発祥地。最初のツアーで来たことはある。 カイス・ダ・リべイラで蛸料理が美味しかったこと、ワイナリーで試飲、お土産のワイン を買ったことくらいしかお覚えていない。”Cafe Magestic"でお茶もしたっけ。その日、 泊まったのはコインブラに近い”ブサコパレス”だったので通り過ぎたようなもの。  ホテルから徒歩圏内に沢山の見どころがあるので、今日は歴史地区を…

ポルトの初日の夕食はがっかりポン

 ポルトのホテルに着いたのは夜の7時。夕食はホテルの近くで済ませたかったけれど 相棒が「今から地下鉄に乗って食べに行こう」と言い出す。地下鉄アーリアトス駅は ホテルから近くてとても便利。  困った。チケットが買えない。親切な中年女性が一生懸命やってくれるのだけれど、 どうしても買えない。若いカップルに聞いてくれて、結局その券売機が壊れてることが 判明。他の機械から買ってきてくれて無事に乗ることが…

リスボンからポルトまではポルトガル鉄道で~

 空港に着き、地下鉄に乗って3駅(1.4ユーロ)オリエンテ駅まで。 オリエンテ駅はスペイン建築家のSantiago  Calatravaの作品。 オリエンテ駅のプラットホームのベンチで軽く食べる。5.9ユーロなり。 ド派手ないたずら描き?  ポルトまでの鉄道は日本で予約済み。1等でも二人で36ユーロ。シニア価格にしても 安い。日本の新幹線は高い?  駅の階段を上がるとき、列車に乗り込むとき(日本…

格安航空券ゲット!節約旅へGO!

   海外に出る前は疲れる。もし何事かがあって、相棒共々帰らぬ なんてことがあったら とっ散らかったままの家内をお見せするのは、ちと気が引ける。てなことで付け焼刃でお掃除なんかし始めるものだから…疲れた。  エミレ●ツは今回初めて。格安ツアーでは良く使われている。なかなか評判もいいらしい。一番の理由は料金の安さ。とびっきりの美人のCAさんも総じて愛想がいい。ソックス、アイマスク、歯ブラシの入った…

ツアー料金の半分の旅費で、倍の旅をしよう!

「ツアー料金の半分の旅費で、倍の旅をしよう!」を合言葉に、贅沢はしない、 無駄遣いはしない。(というかお金がない)疲れたら休む。(といううか休まないと 命にかかわる)暴飲暴食はしない。(医者の検査結果が怖い)喧嘩はしても引きずらない。(お互い助け合わないと1人は無理)転ばない。(割とよく転ぶので)財布は盗まれない。(前回 財布失くしました)ファドも聴きたい。(ファド大好きです)  ジャカランタの…