ポルトガルが好きなんです!

 

             2005年に旅行会社のツアーで初めてポルトガルに行き、
     すべてに魅せられました。 垢抜けないところが私にぴったり。

        2011年には勇気を出して相棒と個人旅行。帰りはパリ に寄りました。

              昨年は5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。
            相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」を目指ました。
  
             今年は6月 リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。帰って来て、すぐ、また、
             行きたくなる国ポルトガルです。
 
             これから何年生きられるか分りませんが、年に一度はポルトガルに~と思っています。
 

南イタリア・シチリア~11年も前ですみません、、エオリア諸島クルーズ(2)

11年も前にツアー・グループで出かけた南イタリア・シチリア島9日間の旅です。これから予定されている方には古い情報でお役には立てませんが…景色は変わっていないと思うのです。相棒も私も今よりかなり若いです。(当たり前じゃ、まだ50代だもの)
  古い旅のノートを見ながらのんびりアップしていきたいと思います。
さらっと見て頂けたら嬉しいです。

  *********************************


 エオリア諸島 Isole  Eolie
          噴煙上がる活火山の島々。今も噴煙を上げ地球の進化を知る貴重な場として2002年にはユネスコの世界遺産として登録された。
   オデュッセウスが風を封じ込めた風袋をもらったとされる。美しき伝統の島々
イタリアで一番きれいな青い海に浮かぶヴォルカーノ島や、エオリア諸島最大のリパリ島などをめぐります。





 ミラッツォ港からは、フェリーでエオリア諸島ナポリを訪れることができます。

ミラッツオ港 サッカーチームの子供達
 

ミラッツオ港

 リパリ島に到着
   ミラッツォ(Milazzo)港から高速船(Aliscafo)で1時間5分。Siremar社又はUsticaline社 片道 18.8€。私たちは普通の船だったので2時間かかったように思います。


 リパリ島(Lipari)はエオリア諸島の島で、歴史は非常に古く、島の起源は紀元前4000年以上前だそうです。



      

泳いでいる人はいませんでした。ああ~泳ぎたい。

ビックリ! 事件ですか? お芝居のお稽古のようでした。 きっとイベントがあるのでしょう。


紀元前のギリシャ時代の遺跡だそうです。

説明は受けたようですが忘れました、、、

 パステルカラーの可愛らしい家屋、地中海の雰囲気でいっぱいです。
高台には城塞が見えます。

          

          カラフルなボートが並ぶ港

右 リパリ島の大聖堂。バロック様式で再建。

土産物屋が軒を連ねる。歩くだけでも楽しい。

 


           
ランチは「Grand Hotel Arciduca」





トマトのマッケローニ      魚のフリット

        



食後 小さい遊覧船に乗り換えて~

        

      



     

                ヴォルカーノ島 到着!


硫黄の臭いが漂い?火山と温泉の島。
ポネンテ港近くの泥温泉。私は入らなかった・・・
今考えるとなぜ入らなかったのか・・残念。後悔しきり。

またこのフェリーに乗って帰ります。



夕食は↓↓↓ ホテルに戻ってバイキング

 写真はこれしか撮ってません。他にもカジキのグリル、仔牛のグリル、カボチャの
スープ、ノルマ風ペンネ、など盛りだくさんでした。


  明日は タオルミーナ市内観光、ギリシャ劇場などまわります。


    最後までごらんくださりありがとうございました。