ポルトガルが好きなんです!

旅の備忘録、お出かけしたところ、お芝居やコンサート、美術館など書いています。

 

  2005年、団体ツアーで初めてポルトガルに行き、すべてに魅せられました。
垢抜けないところが私にぴったり。

 2011年、勇気を出して相棒とポルトガルに個人旅行。帰りはスペイン サンセバスチャン、パリ に寄りました。

 2016年5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」に行きました。
  
 2017年6月には リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。

帰って来て、すぐに、行きたくなる国ポルトガルです。

  2018年はポルトガルは小休止で2019年1月末にアルガルベのアーモンドの花霞を見に行こうと思っていたのですが・・・
やっぱり私はポルトガル病なんですね。我慢が出来ませんでした。
 11月に行き、思わぬアクシデントに遭遇。
その時の旅日記 「ポルトガルはいつも優しく迎えてくれる」を書いています。

 令和元年は9月に6度目のポルトガルに。ポルトの滞在し近郊の町を訪れ、うち2日は北部レグア
に。ドウロ川渓谷のブドウの収穫を見たかったのですが残念ながら2日前に終わっていました。

 これから何年生きられるか分りませんが、旅が出来る体力があるうちは出かけたいと思います。

 

            

2人で150歳の夫婦旅~ポルトガル《32》アルファマ お気に入りのお料理&この旅最後のファド

   夕食はアパートのすぐ近くのお気に入りのお店に。    アソルダ・アレンテジャーナ (Asorda Alentejana)   アソルダ・アレンテジャーナは、厚くてカリッとした素朴なパンと、ニンニク、オリーブオイル、そしてたっぷりの新鮮なハーブ(コリアンダーまたはミント)が入った風味豊かなポルトガルの伝統料理です。古くて硬くなったパンを利用するために作られたのが始まりなんだそう。パンシチュー…

2人で150歳の夫婦旅~ポルトガル《31》アルファマ散歩・買い物・

  リオ庭園でお昼寝して帰ってきましたが、この夜は外食せず アパートで食べます。スーパーでスープ、サンドイッチやサラダを買ってきました。あ、それからビールも。13.69€(2286円)  アパートの下の細い通りは遅くまで人通りがとぎれません。 4月19日  今日は買い物に出かけます。 予定の買い物はスーツケースなんです。 ひとつのスーツケースで来ましたので、もうなにも入りません。 帰りは私も小さ…

2人で150歳の夫婦旅~ポルトガル《30》フェリーに乗って対岸のカシーリャスに渡ってリスボンの街並みをみよう!

サンタ・マリア教会を出て🚌バスでCais do Sodré駅まで。 Cais do Sodré駅からカシーリャス(Cacilhas)へ  フェリーがでている。 乗船時間はものの10分足らずだがちょっとしたクルージング 気分だ。 フェリーは15分に1本出ている。バスに乗るときのカードで 乗れるのですが多分2€はとられていないと思う。 👇このフェリーに乗ります 靄がかかって視界はあんまり・・・ …

2人で150歳の夫婦旅~ポルトガル《29》ヴァスコ・ダ・ガマが眠るサンタ・マリア教会

4月18日(木)              人がいない”発見のモニュメント”で写真など撮って過ごした後~ジェロニモス修道院附属サンタ・マリア教会は10時半から 入場なので待つことに。私たちが並ぶ前を団体ツアー客たちはどんどん教会に吸い込まれていく。団体は一般より1時間早く入場が出来る。団体のメリットですね          👇南門 👆 スペイン人建築家 ジョアン・デ・カステ―リョによって15…

2人で150歳の夫婦旅~ポルトガル《28》”発見のモニュメント”ほとんど貸し切り状態です!

4月18日(木)   この旅も残すところ3日。いささか焦ります。 今日は昨日見られなかったサンタ・マリア教会に行きます。早く着いてしまったので発見のモニュメントをもう一度。ベレンの塔は以前じっくりまわっているので今回はスキップ。      アルファマは朝早いのでだれも歩いていないです            バス停には通勤の人が並んで待っています👇     ウルトラマール庭園 石畳を歩くのは大変…

2人で150歳の夫婦旅~ポルトガル《27》お気に入りの食堂で食べた後はファドをききにいきます

 ジェロニモス修道院から戻り お部屋で一休み、いや二休みして体力回復につとめます。 👇 アパートの窓から下をのぞくとこんな風景             狭い路地ですが人通りは夜遅くまで絶えません           夜になり アパートのすぐ近くの食堂に行きます。地元の人が集うところ。もちろん観光客もいます。👇                             あさりばかり食べていたよう…

2人で150歳の夫婦旅~ポルトガル《26》ジェロニモス修道院をもう一度!

4月17日(水)  今日はジェロニモス修道院に行きます。 初めてのポルトガル リスボンは団体ツアーでしたので 有名どころのジェロニモス修道院には行きました。 その後 個人で歩くようになって何度も挑戦しましたが いつも混んでいるので「まだ次の機会に」と後回しにして ました。  今回は絶対あきらめない。見ます!   後ろの🚐バスにのりカイス・ド・ソドレ駅まで  👇 Belem(ベレン)行のバスに…

2人で150歳の夫婦旅~ポルトガル《25》アルファマ ♫Fadoは失われたものに対する郷愁

この旅 最初に行ったFadoハウスは👆でした  私が今日のサン・ジョルジェ城で疲れてしまってアパートで お昼寝をしているとき、ツレは直接 お店に行き予約をしてきたそうです。「この辺で一番いいお店はどこ?」とたずねたら 教えてくれたお店だそうです。 【リスボン街歩き】路地だらけのアルファマを散策しよう part.1  クルベ・デ・ファド マリオ・パシェーコという有名ギタリストのお店。有名店です。…

2人で150歳の夫婦旅~ポルトガル《24》リスボン アルファマ  泥棒市とサン・ジョルジェ城

4月16日(火)  アルファマ2日目です        前々から行ってみたいと思っていた泥棒市。今日は火曜日。 市がたつ日。10時前なので露店はまだ準備中。それを見て歩く。               どうしようもないガラクタ市です。観光客向けのお土産屋さんが多いです リサイクル品のような衣料が多く、特別目を引くアンティークなものはなし。がっかりでした                  👆これ…

2人で150歳の夫婦旅~ポルトガル《23》リスボン Alfama(アルファマ)で暮らしてみよう!

4月15日(月)     4月8日から南ポルトガルのアルガルヴェ      に滞在しました。今日はリスボンに戻ります。      ファロに着いた時 宿の鍵のことで電話が      かけれずに困っていた時に助けてくれたお礼      がてら朝食を食べに行きました。                    アルガルヴェの🍊オレンジで作ったジュース        もうお会いすることはないと思うけれど・…

2人で150歳の夫婦旅~ポルトガル《22》アルガルヴェ Albufeira (アルブフェイラ)はビーチリゾートで賑わう漁村だ!

4月14日(日) Faro から🚍バスで50分ゆられアルブフェイラに着く 5.8€ × 2人 往復で 23.2€(3874円) そこからは🚐ミニバスが出ていて、 それに乗せてもらい海岸まで連れて行ってもらえた ラッキー!             👇この帽子急いでファロのお土産物屋さんで買いました     7€(1990円)もう暑くて暑くて…それからもう眠くて       ビール🍺と🍞サ…

 2人で150歳の夫婦旅~ポルトガル《21》アルガルヴェ Loule(ローレ)土曜の朝は<゜)))彡魚や🥬野菜の市場に行こう!

4月13日(土)     👆昨日のお持ち帰りのビファーナで朝食。🍞パン嫌いのツレもこの旅ではよく我慢して食べています。私は🍞パンが大好きなので天国です 🚌Faro のバスターミナルから Loule 行きに乗り約40分 5.2€×2人×2(往復) 20.8€(2538円)   Loulé 終点     Mercado Municipal de Loulé ローレ市営市場には26のショップと…

2人で150歳の夫婦旅~ポルトガル⑳ アルガルヴェ Tavira(タヴィラ)静かで素朴な白い街

4月12日(金) Faroから電車で約40分          ファロからヴィラ・レアル・デ・サント・アントニオの中間に位置する町 Tavira(タヴィラ)に足を伸ばしてみる       ファロ駅のカフェで朝ご飯。お店は人が列を作って待っている。一人でさばいている女性がてきぱきと動いていてみとれてしまう    駅のトイレはただいま使用禁止でカフェの中のトイレは鍵を借りて自分で開けて使う。誰でも使…

2人で150歳の夫婦旅~ポルトガル⑲ アルガルヴェ Faro その2 ラグーンに囲まれた街並みを歩く

ランチの後は街をあるきます ポルトガルではコウノトリの巣があちこちで見られます。 煙突や教会の塔、広告塔などに沢山巣を作っています 幸せを運ぶコウノトリ~日本ではあまり見かけないですね                                            👆ここにもいます  ネットのニュースで読みました👇  渡り鳥のコウノトリは通常、冬を前に温暖な地へと移動しますが、ポルトガ…

2人で150歳の夫婦旅~ポルトガル⑱  Faro(ファーロ)その1 はアルガルヴェの玄関口

 4月11日(木)ラゴスからファーロ(Faro)へ   移動します。 ラゴス駅までタクシーで行きます。タクシー7€(1170円)     ラゴス駅からファロまで1時間47分          一人当たり4ユーロを2回(合計8ユーロ、1337円)    車窓から~ 白壁の可愛い家々が目につきます 白い小花も咲いてます      ファーロ駅に到着です  👇は今日から4日間泊まる宿です。ベッドと洗面…

2人で150歳の夫婦旅~ポルトガル⑰ アルガルヴェ その5 ラゴス もう一度街歩き

ラゴスの紋章 ボートから降りて~  お店を探すこともなくヴァスコダ・ガマ通りの 🍃「The Curry Leaf」🍃というカレーの店に入ってしまった。この店の名になっている「Curry Leaf =カレーの葉」だがカレー粉とは異なるということだ。カレー、ライス、レンズ豆のスープなど、さまざまな料理の風味を高めるためによく使われ.この葉は料理用のおいしいハーブというだけでなく、健康に役立つ植物…

2人で150歳の夫婦旅~ポルトガル⑯ アルガルヴェ その4 ポンタ・ダ・ピエダーテ洞窟

4月10日(水)ラゴス 今日はマリーナからボートに乗って ポンタ・ダ・ピエダー洞窟に行きます。 ポンタ・ダ・ピエダーテ洞窟   洞窟の中に入りビーチを見るツアーに予約してます。 所要時間 1時間15分  2人で 18.6 € (3100円)    4月25日通り(Rua 25 de Abril) 👇      この道にはずっとお土産物屋さんが並んでます。      👇 まだボートには早いので…

2人で150歳の夫婦旅~ポルトガル⑮ アルガルヴェ その3 ユーラシア大陸の最南西端、それが「サン・ヴィセンテ岬」

  旅を愛する多くのバックパッカーにバイブルとして今も読み 継がれている。沢木耕太郎氏の『深夜特急』80年代と90年代における日本における個人旅行流行の一翼を担った。  長い旅路の果てに、沢木氏が辿り着いたユーラシア大陸の最南西端、それが「サン・ヴィセンテ岬」 スペインの守護人 サン・ヴィセンテの遺体をのせた船がこの岬に流れついたという伝説からつけられた。沢木氏が旅を終える決断をしたのは場所は「…

2人で150歳の夫婦旅~ポルトガル⑭ アルガルヴェ その2 サグレス要塞はエンリケ航海王子の住居や航海学校だった

4月9日(火)  早起きしてバスターミナルまで歩く。荷物が少ないから歩くのは楽。今日はSagres(サグレス)に行きます。        🚌バスはサグレス行き 一人11.6€×2(1937円) カモメがターミナルの中に入ってきた サグレス行のバスの車窓から~~👇  サグレスは、ポルトガル南端のアルガルヴェ地方の最果ての 小さな町です。 ここは少しひらけていますね バスストップになってます👇…

2人で150歳の夫婦旅~ポルトガル⑬ 南ポルトガル アルガルヴェ地方 ラゴスに着いた!

4月8日(月)Beja から Lagos(ラゴス)へ移動します。      ベージャともお別れです。石畳をまたガラガラはきついので ホテルからタクシーで。5€でした。           ベージャのバスターミナルでバスを待ちます。👇約2時間バスに乗ってAlbufeira(アルブフレイラ)に着き乗り換えまた1時間30分のってLagos(ラゴス)に南下します。 ベージャからアルブフレィラまで一人1…