ポルトガルが好きなんです!

 

             2005年に旅行会社のツアーで初めてポルトガルに行き、
     すべてに魅せられました。 垢抜けないところが私にぴったり。

        2011年には勇気を出して相棒と個人旅行。帰りはパリ に寄りました。

              昨年は5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。
            相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」を目指ました。
  
             今年は6月 リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。帰って来て、すぐ、また、
             行きたくなる国ポルトガルです。
 
             これから何年生きられるか分りませんが、年に一度はポルトガルに~と思っています。
 

古くて安い三ッ星ホテル~問題なし!

 相棒がどこから探してきたのか タイ航空 羽田~バンコック往復 + ホテル4泊
で 46,606円なり
 
というホテル付格安航空券がゲットできたから今回 旅が出来たと思う。「とにかく安く行きたい」というのは私たちも同行の夫婦も同じ思い。「綺麗なホテルじゃなきゃいや!」などと文句を言う人とは一緒に行かれません。




☆ダイアモンド シティ ホテル☆ 最寄り駅はBTS(高架鉄道)スクンビット線 Rajathewi駅から10分位歩く  これでも一応☆☆☆(たぶん昔はそうだったのでしょう)


 室内にプール? いくらなんでもここでは泳げない

           

部屋は割と広い。     

  テレビではいつも故プミポン9世のことをやっています。

               

廊下は暗いですが歩けます。


↓↓↓ホテルの入り口です。

ホテルの前↓↓↓ 狭い道が一本通っていて街の人たちが行きかいます。

 

            朝は托鉢のお坊さんが何人も通ります。


     

            

↑↑↑ ここで朝ごはんをいただきます。↓↓ 朝ごはんはこんな感じ。パンもあります。
                   サラダは食べない方がいいとツレが言うので
                   パスしました。

     

コーヒーと紅茶、ジュースはいつ行っても無料で飲めました。ポップコーンは食べ放題。
いつもホテルに帰ると、お茶を飲んで一息入れてからお部屋に帰ってました。有難かった。


   評価は人によって分かれると思うけれど私にはOK! 周囲には人々の普通の暮らしがあって興味深い。ホテルのスタッフは親切でいい。かなり古臭いのも、これまたいい。


  最後まで読んで下さり有難うございます。次回はニューハーフショウです。 


   

天使の都~クルンテープに4泊で行ってきました!

 10月13日 羽田発10:35       タイ国際航空 
    TG683 BKK 
スワンナープ国際空港へ 6時間30分の空の旅

タイのご挨拶。「ワイ」でお出迎えです。
ここからすでに「タイ」という感じです。


服喪中なので絶えずプミポン9世の映像が流れています。

            


            機内食はこんな感じです。

  

 ↑↓ この日は空港も大変混雑していました。

 ここでは両替しないで街中ですることにします。タクシー代は手持ちのバーツで。


↑↓ 携帯を借ります。大変な混みようです。

 どこを見てもプミポン9世のお写真が飾ってあります。
 人々の着ているものは黒が多いです。服喪中だということがわかります。

 私たちもそれに添って黒くしました。


↓ ホテルに向かいます。(タクシー代はチップ入れて500バーツ 1600円位
  


   これから4泊ですがバンコックに滞在します。
  さ~てどんな旅になるか・・・
   またお立ち寄りくださると嬉しいです

比較*日本と欧米のオバサンの旅行ファッション

  今回のタイ行きは4泊と短いし、薄着で済むところだし、着替えがなければあちらで安いものを買えばいいとツレはいう。
 M妻は超おしゃれさんだけれど、いつも荷物は少なく、さすが旅慣れているといつも驚く。M夫婦はどちらかといううと旦那のほうがあれこれと持っていこうとするらしく我が家と正反対。


 私の好きなヤマザキマリさんの『望遠 ニッポン 見聞録』に面白い記事があった。50~60代の★日本のグループ旅行のオバサンと☆アメリカの夫婦旅行のオバサンとを比較している。それがまさに”アルアル”なのだ。


 写真を見ながらどうぞ。


日本のオバサン:帽子にファンデーションしっかりUVケア
        ポシェットとウエストポーチ
        お買い物いっぱいで両手がふさがってる
        しわにならないナイロンのスラックス
        きれいに磨かれたウォーキングシューズ
        
しあわせオーラ

      


欧米のオバサン:
       眉間にシワ サングラス 短髪 リュック
       UVケア無 ソバカス ヨレヨレの短パン 
       履き込んだビルケンシュトック  

        

       すね毛
       おしゃれ心0%

       男か女かわからんささくれたオーラ


  スリが狙うのは日本のオバサンとある。(笑)
    果たしてどちらのオバサンが旅をエンジョイできるでしょうか?


 ↑↑↑を読んでわが身をチェックしてみると・・・



帽子と靴は日本のオバサンだけど眉間のシワ、ソバカス、サングラス、リュック、短髪は欧米寄りだわ。でも短パンだけは履いたことがない。すね毛は自慢じゃないけど一本もなし。


 今回の旅~日本タイプにするか欧米タイプにするか現在迷ってます。


「天使の都」~クルンテープ=バンコック旅行のこと

 先ずはこの夏、忘れもしない7月13日から私を悩ませた腰痛のお話から。『椎間板ヘルニア』ということで決着がつきました。水泳もダメ。寝る時は横向きに丸くなって、冷やさないなどいろいろと気をつけないといけないようです。骨は綺麗らしいですが。今は痛みはほとんどなくなっていて助かります。


 出来なくなったことが多い今夏でした


 それでも旅はしたい。


 このサイトには旅名人が沢山いらして学ぶところ大なのですが、私の友人の中では一番ではなかろうかというMちゃん。年に3回は夫を置いて海外に行っています。ツレの大親友の妻ですが、夫婦で仲良し40年越えです。夫婦ではベトナム、国内では四国、九州など、短いものを入れると数知れず出かけています。兄妹みたいな4人です。


 そのM妻が「もうヨーロッパはキツイ。飛行機が辛い」と言い出した。「そ、そ、そんな気弱なことを~」と返したものの、わからなくもない。


 ということでツレの大好きなお国★タイ★に行くことにしました。ツレの案内で多少の不安はありますが、ここはお任せして【安上がりを一番に、それでも面白可笑しく】を合言葉にプラン二ングしてくれているようです。


 バンコックは昔の言い方で日本で言えば東京を江戸と言っているようなもので、タイ人は「クルンテープ」と言うそうです。「天使の都」という意味で人々は素敵な笑顔とパワーを持っていて、それが「微笑みの国」と言われる由縁です。


 ★タイ航空のチケット+ホテルで4泊分で¥46,606は購入済です。
M妻の希望のニューハーフショーは予約済。
¥2460なり。
観光客があまり行かない
★アムパワー水上マーケットに行ってみようかと。
「戦場にかける橋」
泰緬鉄道~カンチャナプリは行かれるかな?




 


着いた日が昨年亡くなられたラーマ9世国王の御命日とは全く知らず日程を決めてしまって、、、




お葬式の日程が10月23日~28日でその中で荼毘にふす(火葬)は10月26日。王宮・エメラルド寺院はこの期間休み(入場不可)となり、葬式の準備、後片付けで前後の日にちも王宮の閉鎖と周辺道路封鎖、タイ全国から国民が集まる事も予想され10月13日(王様の亡くなられた日)前後からバンコク観光が難しくなるかもしれません。
 また、昨年亡くなられた際はナイトクラブ等の強制閉鎖も有りましたので、今回も営業を自粛される事も予想されるのでどうなるかはわかりません。



 大変な時にお邪魔することになってしまいましたがどうなることになるやら、行ってみないとわからないといったところです。
 


夏の終わり(2)~三浦の朝市と三崎食堂

 
日が昇りました。
綺麗だ~~~!

     


     

ホテルのロビーに5時50分集合。

メロンパン?アユの塩焼き?

賑わっています

今度来るときはクーラーボックス持ってこよう。魚安いです。

トロちまきをお土産に買いました。

釣り人が段ボール水族館を作ってくれていました。
いくつ 名前が言えるかな?

鮪汁200円なり。量も味も大満足です。

鮪ぶっかけ丼は800円なり。


これから「三崎食堂」に行きます。

卸売市場はもう仕事が済んで綺麗になっていました。清潔でした。


食堂に入りたい人たちが待っています。椅子が置いてあり、有難い限り。

鮪のお勉強ができます。

一時間くらい待ったかな?
やっとは入れました。

↓↓のボードは従業員の方が描いているそうです。上手ですね。

 鮪三昧定食。1680円なり。

海鮮気まぐれ丼+鯵フライで1680円なり。


外に出るとフェリーがありました。

三浦は近くて、美味しいものが沢山あっていい。



これからはもっと頻繁に訪れたいと思います。


最後まで見て下さり感謝です。拝。