ポルトガルが好きなんです!

 

             2005年に旅行会社のツアーで初めてポルトガルに行き、
     すべてに魅せられました。 垢抜けないところが私にぴったり。

        2011年には勇気を出して相棒と個人旅行。帰りはパリ に寄りました。

              昨年は5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。
            相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」を目指ました。
  
             今年は6月 リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。帰って来て、すぐ、また、
             行きたくなる国ポルトガルです。
 
             これから何年生きられるか分りませんが、年に一度はポルトガルに~と思っています。
 

土耳古(トルコ)~7年前ですみません、、エフェス遺跡は何で世界遺産じゃないの?(4)

 
 早起き。生憎の。エーゲ海の朝日を拝めると期待していたけれど・・残念。


8時にホテルを出発して250Kmのバスの旅。

一人で運転して下さっているドライバーさんは休憩が必要です

相棒は休憩の時はいつも添乗員さん、ガイドさん、ドライバーさんと一緒に
お話していました。

     ***************************************************************

エフェス遺跡に着いたのはもう1時半を過ぎていました。


  街の礎が築かれたのはBC1000年ころ。今、残っているのは
ほとんどローマ時代のものだそうです。エフェスはエーゲ海の重要な港として栄え、人口は25万人を超える世界最大の都市だったと推定されています。10万人が暮らしていたと言われる広大な遺跡には立派な円形劇場や神殿、浴場の数々が。


         ******************************************************************

  エフェスは丘陵地帯の盆地に広がるローマ帝国時代の都市国家。
エフェス遺跡にはその規模と保存状態に惹かれて沢山の観光客がやって来ます。

           

でも今日は日本人ツアーが2組だけ。↑の女性は現地ガイドさんです。
素敵な人でした。


  傘をさしたり、畳んだりと忙しい。
 青空がないのが寂しい限り。
愚痴は言っちゃいけない、いけない
 雨のエフェスをエンジョイしましょう。

      ******************************************************************


   ヴァリウスの浴場跡 2世紀に造られたローマ浴場跡 ↓↓↓  

   アルテミス神殿 ↓↓↓

   

 ギリシャ神話における狩猟の女神「アルテミス」が祀られている神殿。
  イエス・キリストの十二使徒の一人ヨハネは聖母マリアを伴いここに住んだ
   とされている。↑↑↓↓

   




プリタネイオン エフェスの女神の聖火が数世紀に渡り灯り続けた。↑↑↑



   道が大理石になっています。↑↑↑


メミウスの碑


 

 BC86年  ローマの独裁者スラが戦いの犠牲者の霊をなぐさめるために建てた碑。
エフェスを統治したスラ、ガイウス、メミウスのレリーフがある。↑↑ ↓↓




      

商売の神~
エルメスのレリーフ。羊飼いの守護神でもある。羊も描かれている。

高級ブランドのエルメスとは関係?ありなし?わかりません。


ドミティアヌス神殿 ドミティアヌス皇帝が自身を祀るために造った神殿。↑↓





 勝利の女神 ニケのレリーフ ナイキ(NIKE)のモチーフになりました。↑↑



  

ドイツから来たおじさまが猫と遊んでいた。

    とても猫が多いです。野良ちゃんではなさそうです。





 ヘラクレスの門
石柱に獅子の毛皮をまとっているヘラクレスが彫られている

ありゃ、りゃ・・頭だけがない。盗られた?
いえ、いえ、盗られたのでもなく、壊れたのでもなくて、その時の権力者が
代わるたびに頭部だけを付け替えるそうです。ホントかいな。
ちょっと信じられない。



トラヤヌスの泉 皇帝トラヤヌスに捧げられた。↑↓


クレディア通り モザイクが敷き詰められている。↓↓↓

 トルコ独特のモザイク模様となっており、上流階級しか歩けなかったといわれる。 ↑↑↓↓

ハドリアヌス神殿↑↓    クレテス通りにある138年頃建ったハドリアヌス帝に捧げた神殿。
     4本のコリント様式の石柱。 


羽を広げたメドゥーサが彫られています。↓↓


 これ?トイレ?びっくりです。下に水が流れて水洗式になんですね。
またまたびっくり。
ここでお尻合い?(お知り合い)になれますね。

大理石のトイレです。社交場だったそうです。



ケルスス図書館↓↑20世紀初めに発見され、1970年代から現在も修復を進めています。

 ケルスス図書館はアレクサンドリア・ベルガモン図書館とともに世界3大図書館
です。2世紀に建てられた図書館は1万2000冊もの蔵書が収められていたというから
凄い。 残念ながらゴート族の襲撃によって全て焼かれてしまったそうですが・・・


 柱と壁は大理石で、正面には知恵・学問・運命・美徳を象徴する4体の女性像の
レプリカが置かれています。



その近くには売春宿もあって、図書館から娼館への抜ける地下道があったそうな・・・
図書館に行くと奥様を騙していた輩もいたらしい。
悪い奴だ!
 「うちのダーリン勉強好きで、今日も図書館に通っているの」と信じていた
奥さまはお気の毒。同じ女性として、
そんな男は許せない!



マーブル通り
 


マーブル通りの路上にある
【娼館への案内図】宣伝?




 (左上)愛を意味するハートマーク (左下)娼館がある方向を示す足形
 (右上)女性の (右下)お札の絵が描かれています。


 娼館の看板によると、ある一定以上の足の大きさがないと入れないようで、
そのまた足がかなり大きいのです。「間抜けの小足」は入館できないのですね。
相棒は背丈の割に足が小さいので、「その時代に生まれなくて良かったわね

と笑った。
   




オデオン(音楽堂) 当時は木の屋根がついていたらしい。

円形劇場↑↑↑ (2400人収容) ルチアノ・ハバロッティもここで歌ったそう。

アルカディアン通り
↑↑↑
クレオパトラがアントニウスと、ここを訪れて、つかの間の休息を過ごした
という伝説もあります。クレオパトラの妹のアルシノエは姉との争いに負け、
ここに幽閉され、毒殺されたそうです。お墓もあるようです。



 怖ろしい姉、クレオパトラがアントニウスと歩いたというアルカディアン
通りを今、相棒と歩いている。
なんだかとても〜ロマンティック!〜〜どう頑張っても、
クレオパトラにもアントニウスにもなれそうにありません。
ガハハっ
いつも5mも離れて歩いていますもの。写真撮るときだけ近ずきます。


     ****************************************************************************


 エフェスはこんなに数々の遺跡が残っているのに、何故?
世界遺産ではないのでしょう?修復が雑だったからとか、コンクリートが使用してあるからとか言われていますが、私の中ではもう〜〜


                            世界遺産★に認定します!


   あれから6年後~~の
        2015年6月 エフェスは世界遺産に
  登録されたそうです! 良かった==!!!


          ***********************


     
またお立ち寄り下さり感謝いたします。