ポルトガルが好きなんです!

 

             2005年に旅行会社のツアーで初めてポルトガルに行き、
     すべてに魅せられました。 垢抜けないところが私にぴったり。

        2011年には勇気を出して相棒と個人旅行。帰りはパリ に寄りました。

              昨年は5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。
            相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」を目指ました。
  
             今年は6月 リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。帰って来て、すぐ、また、
             行きたくなる国ポルトガルです。
 
             これから何年生きられるか分りませんが、年に一度はポルトガルに~と思っています。
 

夏の終わり(2)~三浦の朝市と三崎食堂

 
日が昇りました。
綺麗だ~~~!

     


     

ホテルのロビーに5時50分集合。

メロンパン?アユの塩焼き?

賑わっています

今度来るときはクーラーボックス持ってこよう。魚安いです。

トロちまきをお土産に買いました。

釣り人が段ボール水族館を作ってくれていました。
いくつ 名前が言えるかな?

鮪汁200円なり。量も味も大満足です。

鮪ぶっかけ丼は800円なり。


これから「三崎食堂」に行きます。

卸売市場はもう仕事が済んで綺麗になっていました。清潔でした。


食堂に入りたい人たちが待っています。椅子が置いてあり、有難い限り。

鮪のお勉強ができます。

一時間くらい待ったかな?
やっとは入れました。

↓↓のボードは従業員の方が描いているそうです。上手ですね。

 鮪三昧定食。1680円なり。

海鮮気まぐれ丼+鯵フライで1680円なり。


外に出るとフェリーがありました。

三浦は近くて、美味しいものが沢山あっていい。



これからはもっと頻繁に訪れたいと思います。


最後まで見て下さり感謝です。拝。

夏の終わり(1)~三浦海岸は近場で意外と穴場

夏休みはどこにも行かずインドア生活を決め込み・・・



9月になってしまったけれど近場の三浦に一泊で出かけてきました。
お天気には恵まれました。



ヨーロッパでなくてすみません。


渋滞もなく一時間半で三浦海岸に到着。

ひやぁ~~ここはポルトガルのナザレか?セジンブラか?
人が少なくていいではないか


先ずはちょっと早めのお昼ご飯。

↑↓ まぐろのアゴがうまい!ごま油+塩が美味しいかな。

アジフライも美味しい。

蕎麦とシラス丼セット。なかなかいい。

 ↑これは酒のつまみ。


 満腹になって海に行きます!
↓ライフセーバーさんがしっかり見守ってくれます。
ありがとうございます。

                            


↓↓↓ ホテルのベランダからの眺めは最高です。



                 ↓↓ のこぎり山が見えます。

夕景~


  ホテルの夕食はバイキングで特別載せるようなものはないので・・・
  
  
あっという間に一日は終ります。


   最後までご覧くださりありがとうございました。
   明日は朝市にまいります。

ポルトガル~旅の記憶をフォトブックに残しました!

旅には三つの楽しみがあります。


 ① 旅の計画や準備をすること。

 ② 旅そのもの。実際にその土地を訪れること。

 ③ 旅の思い出、記憶。


 私は旅から戻ると写真をまとめるためにフォトブックを作ります。
誰かに見せるためのものではありませんが記憶を形にしてその旅は
ようやく終りになります。


https://www.mybook.co.jp/gallery/viewer.html?albumid=015G8EbJ


 ↑↑↑ 今回は短い旅だったのにも関わらず60ページにもなってしまいました。
お時間がありましたらサクッとご覧いただければ嬉しいです。


 ポルトガルはこれからも何度も訪れたい国です。


 〇長生きする者よりも旅をした者はそれ以上を知る~
 アラブの諺のようですが長生きには自信がありませんので旅を
続けて行きたいです。

 10月はタイに行こうと思っています。格安の航空券とホテルだけはゲット
しました。

    
  今日はだいぶ過ごしやすいようです。
夏の疲れが出ませんようにご自愛ください。


<a href="//travel.blogmura.com/europetravel/ranking.html" target="_blank"><img src="//travel.blogmura.com/europetravel/img/originalimg/0009817606.jpg" width="240" height="160" border="0" alt="" /></a><br /><a href="//travel.blogmura.com/europetravel/ranking.html" target="_blank">にほんブログ村</a>

 

2017リスボン祭り~帰国の日、それでもサンロケ教会へ

        今日は日本に帰らなければいけません。短い5日間でしたが色々歩き回ってそれなりに

充実した旅だったと思う。思い残すことと言えば、サン・ロケ教会に入れなかったこと。
どうも縁がなくて 工事中だったり、お休みだったり。



 「まだ時間がある。サン・ロケに行こう!」と相棒が言い出してくれて~~~~
「ありがとう! 行く行く!」私の気持ちを表すとすれば↓↓↓ こんな感じ。苦笑。

            


 朝の自然光が注いで美しいこと。

  付属の美術館はまだ時間が早くて入ることは出来なかった。これは次回のお楽しみ。


       

    

                   ↑↑↑ 相棒がこんなに小さいのですからどれほど大きいかがお判りと思います。こちらの祭壇は金細工で重厚です。


パイプオルガン

ポルトガル王のジョアン5世は植民地ブラジルで産出された金でデコラティヴに飾っています。

  リスボンでも有数の美しい教会だと思います。ここに来られて幸せでした。

    *************************

 教会前の広場に宝くじの売り場がある。

ファドのCDを売っている。馬鹿高い。観光客狙いだ。

さよなら サンタ・ジュスタのエレヴェーター

 ここで↑ 遅い朝食をとって最後のカフェを楽しむ。

サヨナラ ロシオ広場。さよならリスボン。


 リスボン空港は大混雑でした。
 短いステイでしたが良く歩いたと思います。
  リスボン祭りも楽しめました。
   また来年 来られたらいいなぁ~と。
 なんといっても健康が大事ですね。
 これが最後のポルトガルとならないように頑張ります。


    ちなみにざっとですがこの旅行(お土産を含まないで)
                     一人  17万円 なり。

  
最後までこの旅ブログを読んで下さり有難うございました。
皆さんのお立ち寄りが励みになりました

   
 今年は 10月にタイに行くつもりです。二度目ですが今回は個人でまいります。
    いつもながらケチケチです。苦笑。

2017リスボン祭り~この旅の最後はファドです!

  カルダス・ダ・ライーニャから戻り ホテルで一休みしてからまたアルファマ
向かいます。

      

 アルファマは昨日も来たけれど今日もイワシを焼いて食べている人が大勢いた。↑↑↑
 予約は8時だからまだ時間があったので、アルファマを惜しむようにただただ歩きました。


 ファド博物館からほど近い 
"Parreinha de Alfama - FADO & TRADICAO" 
http://www.parreirinhadealfama.com/



  

  

  

     

            ギタリストはこの店のオーナーの息子さんのようです。

      



Joana Amendoeira - Trago fados nos sentidos - Gala Amalia Rodrigues 2009
 左の女性がオーナーで歌手の貫録あるかたでした。
お客さんが大盛り上がりでご本人も益々盛り上がって力強い歌声を聞かせてくれました。
 右の女性はとても美しく感情豊かに歌いこんでいます。私は右の方が好みでした。
お客さんは観光客で私たちの両隣はフランス人でした。多分豪華客船から降りて
来たグループのようです。
 
お料理はそれなりに美味しかったです。チップ入れて二人で90€。


次回はもっと小さな店に行ってみようと思います。


   明日はいよいよ帰国です。なんだか寂しいです。




      ご覧いただき感謝です。