ポルトガルが好きなんです!

 

             2005年に旅行会社のツアーで初めてポルトガルに行き、
     すべてに魅せられました。 垢抜けないところが私にぴったり。

        2011年には勇気を出して相棒と個人旅行。帰りはパリ に寄りました。

              昨年は5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。
            相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」を目指ました。
  
             今年は6月 リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。帰って来て、すぐ、また、
             行きたくなる国ポルトガルです。
 
             これから何年生きられるか分りませんが、年に一度はポルトガルに~と思っています。
 

「美しい山」ミーソンの遺跡は世界遺産


昨年9月から始めた旅のブログですが、今年も思い出をここに書き残していきたいと思っています。ここはヨーロッパ旅行のサイトですが、2年前の1月に出かけた”ベトナム中部の旅”を思い出しながら書いていこうと思います。よろしくお願いいたします。


             ******************************************************************

クルーズからホイアンに戻り街中で伝統舞踊を見ました。

頭にかめを載せて踊ります。

                             真四角のギター?

表情たっぷりに歌い踊ります。

出演者の楽屋のようなところ。☝☟


遅めのお昼ご飯は…

                                                                                                    

                                                                                                                                                                                                                       



いったんホテルに戻り、小休止。



      そして最後の観光地〜世界遺産のミーソン遺跡に向かう。


 
    入場の前に特設ステージで上演されるチャム舞踊ショーを観る。入場料を払えば、無料で鑑賞できるのだがなかなか良かった。センターステージに立つダンサーがとてもセクシーで切れがあり魅せるのだ。笛を息長く吹く男性にも、肺活量どんだけ〜!驚いた。


ミーソン遺跡


 ホイアンから30Km. ベトナム語で「美山」4~12世紀にかけて建設されたチャンバ王国の聖地で宗教建築遺跡。現在残っている遺跡は主に8~13世紀ころ造られたものだ。ヒンドゥー教の神様・シヴァ神が祀られている等謎深き場所。20世紀初頭 密林の中からフランスによって発見される。今も発掘、修復、研究されている。ベトナム戦争で多くの遺跡が崩壊されたことは残念の極み。

  煉瓦が新たに修復した部分が黒ずんでいて、古いもの方が赤みが鮮明というのは不思議。はじめ黒い部分が昔のものだとばかり思って見ていた。カンボジアのアンコールワットなどから比べるとスケールは小さく感じられたが古さは一番!900年の歴史があるというから驚きだ。


 



  

ハイさんは一生懸命説明してくれる。







 どの観光地に行ってもほかのツアー客と会い、レストランなどでお話をしたり、バスも
他の少人数のグループと同乗したり、ホテルまで迎えに行ったりと旅行会社が一台のバスを有効利用しているのがわかる。
これも安くするための策なんだろう。誰も文句は言わない。安くする為には仕方がないことだから。



 ベトナム中部ダナンの特産品の大理石。それを扱う店に立ち寄るが、誰も買わない。
トイレを拝借しただけ。ハイさん少々がっかり。



 夕食は”ベトナムとお別れの夕べ”〜フェアウェルディナーDelat産の赤ワインを頼んだ。お世辞ににも美味しいワインとは言えなかった。食事の写真は撮り忘れました。



 短いツアーではあっても11食も共にしたお仲間とお喋りに花が咲く。誰もが私と友人がが姉妹だと勘違いしていたようだ。40年以上も付き合っているとそんな雰囲気を醸し出すのかもしれない。
「いえ 夫たちが大親友で〜」というと、みなさん
「いいですね〜」と言って下さる。
そう改めて考えると…幸せなことなのだろう。


 ツレは「強い女を嫁にしてしまった男同士の痛みの共有と、いたわり合い」だとのた
まう。強い女がタッグを組み、より強力なパワーとなり圧倒され、旦那たちはとても静かに、大人しく穏やかに旅を終えたのだ。


 ツアー客の中に若い可愛い女の子が一組でも、一人でもいればまた楽しみもあったろうに、残念なことにおばーさんばかりで…旦那たちには誠にお気の毒というしかない。



 明日の朝は早い。いよいよ ベトナムとお別れだ。


   今日も読んで下さり感謝です。