ポルトガルが好きなんです!

 

             2005年に旅行会社のツアーで初めてポルトガルに行き、
     すべてに魅せられました。 垢抜けないところが私にぴったり。

        2011年には勇気を出して相棒と個人旅行。帰りはパリ に寄りました。

              昨年は5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。
            相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」を目指ました。
  
             今年は6月 リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。帰って来て、すぐ、また、
             行きたくなる国ポルトガルです。
 
             これから何年生きられるか分りませんが、年に一度はポルトガルに~と思っています。
 

土耳古(トルコ)~7年前ですみません、、ボスボラス海峡クルーズ リュステムパシャモスク(11)

 12月14日 
   日本に帰る日。泣いても笑っても最後の日。私には日本に帰れる嬉しさなどは
   微塵もなく、お名残り惜しい限りです。 
                                                                  

       


        部屋の窓から外を見ると~ 大きな港でした。

       


          1時間出発を早めて<リュステムパシャモスク>に向かう。


         ★リュステム パシャ モスク
             時のスレイマン大帝の娘婿であったリュステム・パシャ宰相は帝国の主席
    建築家ミマール・シナンにモスクの設計を依頼。
     1561年、贅の限りを尽くしたモスクが完成。パシャは帝国屈指の投資家
          であったが、金があれば全て良いというわけでもなく、モスクにはミナレット
  (尖塔)が1本しかない。当時、複数のミナレットを建てることはスルタンに
   しか許されない。
               小規模ながらもここが有名なのは、床〜天井まで壁一面が、
    ☆イズニックタイル☆だということです。その権力と財力を誇示する為に
          選んだ手段がタイル装飾。最高の絵付け師を集め、たぐいまれな美しいタイル
   で全面を覆い、その姿は豪華絢爛、贅沢の極みです。

                          

   

   

           

   


       

     ロンドンのオークッションなどでは一枚約1000万円にもなるという
     から
イズニックタイル恐るべし!早かったので他のツアー客にお目
     にかかる事なく、イズニックタイルを堪能できたのが何よりでした。
   

       ************************************************************

                 その成金モスクを後にして、ボスボラス海峡クルーズに乗船。
      今日は天気予報が雪だ、雨だといっていたのに、何故か
晴天!
                この旅で一番の好天!良かった〜!

 
                  

    

     アジアとヨーロッパを分ける約31mと海峡を景色を眺めながらのミニ
     クルーズ。二本のボスボラス大橋を過ぎて黒海の入り口近くまで上がって
     また戻ってくる。内海だから波もなく静かです。風は冷たいけれど気持ち
     が高ぶっているから、何ともない。気持ちがいい〜〜〜!ツレも私も黙っ
     て、
ただ目の前を過ぎていくドルマパフチェ宮殿、ルメリ・ヒサール、
      ベイレルベイ宮殿を見る。

    

    

      海峡周辺はかつての軍事的要衝から富裕層の邸宅、そして両岸
     を結ぶ日本の巨大な橋など雄大な景色を見ることができる。 

     

    

             

             

             

                       ***************************************************************
          最後のランチ

          

     

      トルコ最後のランチはシーフード。

     イカのリングフライ、ムール貝の唐揚げ、 鯖のトマト煮、トマトスープ、
     ドーナッツを甘い汁に浸したデザートを全ていただきました。

                       **************************************************************

                              つかの間の自由時間を街を散策!


           

  ★トルコアイス(ドンドゥルマ) 練って伸ばしたおもちみたいなアイス。

   

   ★焼き栗やさん  

   

   
   

   ★やおやさん

   
   ★ 床屋さん

   



       

        トルコ最後のチャイをいただきに街のお店に入りました。

        トルコの人たちはお茶が大好き。濃い目に煮出したお茶に

        ミルクは入れずにたっぷりのお砂糖を入れて一日に何杯も
        飲みます。そしてお茶のみ話を楽しみます。人の集まる所

        には必ずチャイがあるのです。

        おじさんはニ階のお店に案内してくれました。店内は私達だ
        け。おじさんはチャイの注文の電話を受けて階段を下りたり、
        上がったりと忙しそう。
         
チャイは出前があるのだそう。   


                    

                                                                               

       「いい旅だったね」
        
「うん、いい旅だった」
      「あっという間だったね」
        
「うん、あっという間だった」


               交わす言葉は少なくても、久々の夫婦の   

                          旅 がお互い、とても良いものだったと確信します。

                                                      


             *********************************************************** 



     それから★グランドバザール★に行き最後のお買いもの
     バトルがあるのですが、番外編で書きます。

   
    ★ト ル コ 旅 行 ! 良 か っ た で す ! ★


     お世話になったガイドさん、添乗員さん、バスの運転手さん!
                    旅先で出会った大勢のトルコの皆さん!沢山の笑顔を~  


       テシュキュルエデリム!これだけは覚えました。
     
          トルコ語で★有難う!★です。