ポルトガルが好きなんです!

 

             2005年に旅行会社のツアーで初めてポルトガルに行き、
     すべてに魅せられました。 垢抜けないところが私にぴったり。

        2011年には勇気を出して相棒と個人旅行。帰りはパリ に寄りました。

              昨年は5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。
            相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」を目指ました。
  
             今年は6月 リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。帰って来て、すぐ、また、
             行きたくなる国ポルトガルです。
 
             これから何年生きられるか分りませんが、年に一度はポルトガルに~と思っています。
 

【番外編-1】土耳古(トルコ)~グランド・バザールとトルコ生まれのサンタクロースのお話

    グランバザール (Grand Bazaar)

              オスマン帝国が1453年にビザンチン帝国を滅ぼした時に、   
   メフメト2世が建設した5000近い店と2000以上の工房、そのほか銀行、
   モスクがある巨大市場。今は完全に観光客用。
 

   

                           

            美しいアーチの天井の下に同じ様な小さな店がひしめきあっていて
           何処で買えばいいのか迷ってしまう。 粗悪品が多い事は有名。



    「売られているのは全て中国製ですから・・」のガイド氏の言葉を
    よそに皆さん、トルコ最後のショッピングにふんどしを締め直して

               いる様子。(注:実際、ふんどしの方はいません)
            「すぐ壊れるからトルコ人は買わないよ」の言葉にもめげずに迷路の
    ようなバザールに飛び込んだ。1時間の買い物競走スタート!



      まず、ショールの店。
     「
コレ、パシュミナ50%ハイッテルヨ」の売り言葉は信じられません
    が色がいいものを2枚ゲット。ツレの強気の交渉が功を奏して2枚35ドル
    でした。友人へのお土産。



      次は怪しげな金銀細工、ジュエリーのお店。ブレスレット
    が気に入りました。なんとかという石の名前を言っていたけれど忘れまし
    た。パワーストーンでは?なかったかと思います。写真撮り忘れましたが、
    細工が繊細で地味ですが良いものに見えました。「3個買うから、おまけ
    して!」と言うと、奥から計算機を片手に店主らしきおじさんが出てきて、
    「1つ35ドル以下にはまけられない」とガンとしてききません。

                     らちがあかない、そのやりとりを傍で聞いていた相棒が、私とバトン
    タッチ。 相棒ととおじさんとの、まけろ!まけない!のバトルを見て
    いて、もう疲れてしまった私は「もう、いいじゃない、この値段で」と
    諦めモードの言葉を吐いてしまった。(結構、こういううの苦手です)



    すると、相棒はいつにない大きな声で、
    「ウルサイ! 俺が話しているんだ!おまえは黙っていろ!」と私に
    向かって、怒鳴りつけたのですぅ、、、



    相棒は男の割には言葉が優しい、決して大きな声を出すような人では
    ないのに、この時ばかりは長年、妻をやっている私もびっくり!返す
    言葉もありません。



    ★しょぼん、、、です、、


                  店主はそれを見て、私を可哀そうに思ったのかどうかは、
    分かりませんが、こともあろうに、3個で35ドルにしてくれたのです。
    おまけに、小さな皮で出来た紐つきの袋に一つ一つを丁寧に入れて
    手渡してくれました。
有難う〜☆〜!優しいおじさんだ〜〜〜っ!


        

     

     ↑の器は今でも食卓で活躍してます。



   最後は陶器のお店。ここは最初から黒のサングラスの強面の相棒にまかせ
  ました。「ここでは買わない。帰るぞ!」という相棒のパーフォーマンスに
  お店の人が追いかけて来て、4分の一の値段で落ち着きました。


         「僕の演技力もまんざらでないでしょ」なんて、ひとり喜んでいたけれど・・



   あの「ウルサイ!」は結構、相棒の本音ではなかったかと
  今になって思うのです。旅のストレス溜まっていたのでしょうか?



   カメラ片手に何処に行ってしまうか分からない私のガードマン稼業に
  疲れていたのかも知れません。夢中になると、他が見えなくなる私の性分
  を一番解っているのが相棒なのです。




      **************************************************************
                                   トルコのサンタさんのお話
                     ***************************************************************

        

             行きましたのが12月中旬でしたのでサンタさんを結構見ました。

                               

                                                    
       サンタクロースの起源は4世紀、現在のトルコ・ミラ
      いう街の
司教ニコラウスとされています。


                     ある時、ニコラウス娘を嫁がせることができないほど 
     
 貧しい家族がいることを知り、真夜中にその家を訪れて
      煙突に金貨を投げ入れました。その時、暖炉のそばには
      靴下が吊るされていて、偶然にも靴下の中に入ったこと

      から、
靴下の中にプレゼントを入れるという習慣ができ
      たようです。
      ニコラウスのエピソードは街中に広まり、人々から
      
聖人(セント)・ニコラウスと呼ばれるようになります。
      その後もニコラウスは人々の為に尽くし、殉職後は軌跡
      が讃えられ聖堂が建てられました。また、
セント・ニコ
      
ラウスのものとされる骨や歯型が今もなお、アンタルヤ
      の考古学博物館に収蔵されています。


   いや~~知りませんでした。サンタさんが
  トルコの司教さんだったなんて~~。
       ******************************************************


                        今日もお立ち寄りありがとうございました。