ポルトガルが好きなんです!

 

             2005年に旅行会社のツアーで初めてポルトガルに行き、
     すべてに魅せられました。 垢抜けないところが私にぴったり。

        2011年には勇気を出して相棒と個人旅行。帰りはパリ に寄りました。

              昨年は5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。
            相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」を目指ました。
  
             今年は6月 リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。帰って来て、すぐ、また、
             行きたくなる国ポルトガルです。
 
             これから何年生きられるか分りませんが、年に一度はポルトガルに~と思っています。
 

2017リスボン祭り~空も海も人の心も美しいセジンブラに感動!

   海辺のスナック・バー(カタツムリを食べたお店)の前に広がる海。
 バイクでやってくる人も多いようです。


 

宮崎にちょっと似ているかな?海の感じは違いますね。

 思い思いのパラソルのもと家族や仲間, 恋人たちが寝転んで肌を焼いている。


 漁師町であることを広告?凄く味のあるおじーちゃんの表情。


      道を尋ねたら・・・皆さんが集まってくれて

     

      感謝に堪えません。セジンブラの人は皆さん優しいです。

     

   二階のベランダでお魚を焼いてました。
               ↓↓↓


 前に歩いているおじいさんに道を聞く。

 「付いてきなさい」と私たちの前を歩いて行ってしまう。

               目的地に連れてきてくれました。
             「ありがとうございました。沢山歩かせてしまいました」
      
ポルトガルの人は優しいです。意地悪なポルトガルの人に未だかつて遭ったことはありません。

    

私も泳ぎたくなりました。競泳用水着の人は誰もいませんね。
細きも太きも見事に肌を恥ずかしがることなく露出する
ところが潔い。

  

 カヌー?かな。↓↓

 ぽっちゃり系美人がビーチに溢れています。

ポルトガルの女性は肌を焼くのが怖くないようですね。年配の人もこんがり焼けてます



       やっと見つけました。海洋博物館。2015~16年の地球の歩き方に
     書いてある場所と違ってました。最新版を買わなかったからかな?
     もしそのままだったら訂正してください!

                    

                    残念ながら14時までお昼休みということで諦めました。
       では ランチを食べに行きましょう!





↑↑ 海老の味は濃いのですが塩味も濃い。四倍に
   薄めてちょうどいいくらいでした。


      ラパスという貝です。これ食べてみたかった!

      

                            

テーブルのそばで男女のふたごちゃんが遊んでいて可愛かった。

    

 まだまだ小さいのに ボールを見事に

         蹴っていてびっくり。将来のレナウドかな。

                           

                                                                  支払いはチップ入れて35€です。
                  係りのお嬢さんがとても可愛らしい。


      

                    バスを待つ間はカフェで。1.3€ × 2


 カフェにとびぬけて美人がいました。多分観光客だとおもいます。相棒は目の保養もしたわけです。


 またバスにのりリスボンに戻ります。

                                  

   ホテルに一度もどり買い物に出かけます。
ポルトガルで一番大きいと言われている

           コロンボ・ショッピング・センター
に行ってみるつもり。夜中の12時までやっているそうです。



 お立ち寄りに感謝いたします。
 まだまだ続きます。