ポルトガルが好きなんです!

 

2005年に旅行会社のツアーで初めてポルトガルに行き、すべてに魅せられました。 垢抜けないところが私にぴったり。

 2011年には勇気を出して相棒とポルトガルに個人旅行。帰りはスペイン サンセバスチャン、パリ に寄りました。

 2016年は5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」を目指ました。
  
  昨年は6月 リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。帰って来て、すぐに、
行きたくなる国ポルトガルです。

      今年は ポルトガルは小休止で来年1月末にアルガルベのアーモンドの花霞を見に行こうと思っていたのですが…
     やっぱり私はポルトガル病なんですね。我慢が出来ません。今年は11月に行ってこようと思っています。苦笑。

今年、3月に格安ツアーで(個人ではない)上海、蘇州、無錫に行きました。


 これから何年生きられるか分りませんが、旅が出来る体力があるうちは出かけたいと思います。

 

            

♪湘南シャントゥーズと菅原洋一さんと秋元順子さん♪

9月24日 (月祝)


藤沢市民会館の大階段の前。
5時の開場を待って大勢のおばさま、時々おじさまが長蛇の列を作っている。



 シャントゥーズ(Chanteuse)~仏語で女性歌手という意味。ピアニストとしてもアレンジャーとしてもシャンソン界では重鎮の岩間南平さんが故石井好子さんの遺志を継ごうと始まったコンサートも今回が8回目。岩間さんはもちろん湘南生まれ。
 もう何度も通ったこのコンサートです。私の中でいささかマンネリ化していて、友人とご飯してお喋りできるし、私の先生も出演されるから「ま、いいか」てな感じで…とあまり気が進まない気持ちで行きました。


ゲストは日本が誇るレジェンド菅原洋一さん。
58歳でデビュー、61歳6ヵ月で紅白に最年長記録で初出場された、遅咲きの秋元順子さん。


 湘南シャントゥーズの歌もいろいろな個性のある歌声で良かったですがお二人はやっぱり格が違います。聴かせます。


 何度も聴いてきた菅原さんの歌ですが今回は特別な思いがありました。お若い時はお世辞にもハンサムとは言えない★ハンバーグなんて言われてましたっけ。今は笑顔の可愛い?白髪のロマンスグレーで姿勢正しく素敵です。
 歌手生活60周年~10月6日に大きなコンサートをされるようです。「60周年の私からあなたへ」~振り返ればビューティフルメモリー~と12月14日 クリスマス ディナーショー。どうやら 今回で大きなコンサートは最後になるとおっしゃているようです。





 先日のアズナブールですが前回の2016年の来日公演は「最後の日本ツアー」との触れ込みだった。でもその後
さよならするなんて一度も言ったことがない。むしろ100歳になってからだよ」と笑ったそうです。舞台に立ち始めて80年余りの94歳。
私はいつだってぎりぎりの勝負をしている。挑戦こそ原動力。どこまでも前へ、誰も足を踏み入れたことがない世界へ、だ


 先日の日本公演の後も各国を回るその体力、気力。真似のできるものではありませんね。特別な人なんですね。


 日本のアズナブールを目指してこれからのご活躍を!と菅原さんに心の中で叫びました。アズナブールのときと同じです。


  長 生 き を し て く だ さ い !



 ☆彡秋元順子さんが歌われた曲☆彡


 ●愛のままで

愛のままで{歌詞字幕入り}秋元順子 cover by katuyoshi


●マイ ウェィ


 ☆彡菅原洋一さんが歌われた曲☆彡



 ●愛の賛歌
●アマン(本日の舞台では秋元さんとデュエットされましたが↓↓はシルヴィアさんと)

アマン 菅原洋一&シルビア

愛のフィナーレ(菅原洋一) kfranku



●知りたくないの
●今日でお別れ

菅原洋一 知りたくないの / 芽生えてそして / 愛のフィナーレ / 今日でお別れ



 ●わすれなぐさをあなたに

忘れな草をあなたに 【 菅原 洋一 ・ 倍賞 千恵子 】   Hayasaka ♪



 


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。