ポルトガルが好きなんです!

 

2005年に旅行会社のツアーで初めてポルトガルに行き、すべてに魅せられました。

垢抜けないところが私にぴったり。

 2011年には勇気を出して相棒とポルトガルに個人旅行。帰りはスペイン サンセバスチャン、パリ に寄りました。

 2016年は5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」を目指ました。
  
  昨年は6月 リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。

帰って来て、すぐに、行きたくなる国ポルトガルです。

      今年は ポルトガルは小休止で来年1月末にアルガルベのアーモンドの花霞を見に行こうと思っていたのですが…
     
やっぱり私はポルトガル病なんですね。我慢が出来ませんでした。

今年は11月に行って思わぬアクシデントに遭遇。現在 その時の旅日記 「ポルトガルはいつも優しく迎えてくれる」を更新中です。

  これから何年生きられるか分りませんが、旅が出来る体力があるうちは出かけたいと思います。

 

            

ポルトガルはいつも優しく迎えてくれる①…リスボンまでの夜間飛行の巻

10月31日(水)~11月9日(金)まで正味7日間の短い
ポルトガルの旅日記ですが読んでいただけたら嬉しいです。
潤沢な資金を持って旅する方にはなんの参考にもなりません。
年寄り夫婦の節約旅です。途中 ばあばが転んで顔面強打
お岩さんになりながらも旅を続けた涙もん旅となりました。


 いつも出かける前はなにかと慌ただしくて成田に着くとほっとします。


「ああ~無事にこの日を迎えられた」といささかオーバーな言いようですがいつも
そう思うのです。この歳になるといつ何があるかわからないし、5月23日に航空券を

買って(エミレーツ リスボン往復 + ホテル7泊 ¥211585)以来「どうかこのチケットが無駄
になりませんように」と内心ビクビクしている小心者なんです。



 最初15万円を両替するつもりだったが13万円にした。(€980 ¥129400 132/€1)
カードもあるし、足りなければ向こうで両替すればいいとケチったので結局足りなくなった。苦笑。

 wi-fi のルーターを借りる。(¥5200)
 早めにチェックインして身軽になってうどんを食べる。(¥1760)そのほか ドリンク (¥320) 
 日本シリーズ カープを応援しながら出発を待つ。


成田発 22:00    ドバイ着 5:00    9時間の夜間飛行です。


 昨年6月のポルトガル行きも同じ時刻の出発で、UAEのフラッグキャリアエミレーツです。Air bus A380-800は二階建てで”空飛ぶ宮殿”と言われているようですがエコノミーは普通です。二階には決して上がれません。キャビンクルーもとても感じがよく美人さんばかり。男性クルーもナイスガイです。

歯磨き アイマスク 靴下が入ったポ--チが配られます。

機内食のメニューが配られます。


離陸後一時間くらいに、遅めの夕食になりますが出ます。↓↓↓こんな感じです。 

ツレが選んだのは和風ハンバーグ ごま油の炒飯とあめ色の玉ねぎ添え

私が選んだのはカレイのソテー 豆鼓醤 ブロッコリー 炒飯添え
 前菜は照り焼きチキンサラダ さつまいもと枝豆を添えて
 デザートはマンゴーチーズケーキ


食事の後はエンターテイメントを楽しんだり後は寝るだけです。

暗くなり天井にお星さまが~


二度目の機内食はほうれん草とチーズのオムレツか焼きうどんを選べるはずでしたが
焼きうどんしか残っておらず焼きうどんになりました。果物とヨーグルトがついてました。



 12時間の間に二度の食事。食って寝てという全く持って年寄りに体に悪い?飛行ですが食欲だけは若いもんに負けない自信あり。ワインだけは避けました。前回赤ワインを飲んで頭痛になりましたので…
 疲れて乗っているから眠くなってはいるものの、狭いシート
で身の置き場がない。リスボンに辿りつくためには耐えなきゃいけない、いけないと言い聞かせる。
 なんとか乗り切りました。ようやくドバイに到着です!



 次回はドバイでの乗り継ぎとリスボンまでの飛行を書きます。
最後まで読んでくださりありがとうございます。





 












×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。