ポルトガルが好きなんです!

 

2005年に旅行会社のツアーで初めてポルトガルに行き、すべてに魅せられました。

垢抜けないところが私にぴったり。

 2011年には勇気を出して相棒とポルトガルに個人旅行。帰りはスペイン サンセバスチャン、パリ に寄りました。

 2016年は5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」を目指ました。
  
  昨年は6月 リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。

帰って来て、すぐに、行きたくなる国ポルトガルです。

      今年は ポルトガルは小休止で来年1月末にアルガルベのアーモンドの花霞を見に行こうと思っていたのですが…
     
やっぱり私はポルトガル病なんですね。我慢が出来ませんでした。

今年は11月に行って思わぬアクシデントに遭遇。現在 その時の旅日記 「ポルトガルはいつも優しく迎えてくれる」を更新中です。

  これから何年生きられるか分りませんが、旅が出来る体力があるうちは出かけたいと思います。

 

            

ポルトガルはいつも優しく迎えてくれる⑧…超豪華!ここは宮殿か?メディロス アルメイダ美術館の巻

 10月31日(水)~11月9日(金)まで正味7日間の短い
ポルトガルの旅日記ですが読んでいただけたら嬉しいです。
潤沢な資金を持って旅する方にはなんの参考にもなりません。

年寄り夫婦の節約旅です。途中 ばあばが転んで顔面強打。
お岩さんになりながらも旅を続けた涙もん旅となりました。


  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



11月2日(金)


 以前から行ってみたかった美術館。メディロス アルメイダ 美術館。最終日の7日に行くつもりだったけれどジェロニモス修道院をパスしたので時間ができた。
地下鉄 青線 マルケス・デ・ポンパルに向かう。

地下鉄 マルケス・デ・ポンパル 駅内にポンパル侯爵の後ろ姿がありました。




メディロス アルメイダ 美術館
         (Almeisa  Casa Museu Fundacao Medeiros)
ポルトガルの慈善事業家のアントン・デ・メデイロス・エ・アルメイダ氏が、1896年にフランス様式で建てられた邸宅を購入、そこにコレクションを置いたのが基になっている美術館。 建物自体が美術館のようでドラクロワやブーシェーといった絵画の小品や美術工芸品などを個々に鑑賞するというより、作品とインテリアを一緒に合わせて、当時の雰囲気を味わえる美術館。(二人で€6)


↓↓↓ 写真をたくさん載せますね。

 

いまでいうベビーカーですね


宝石の数 半端ない。誰が身に着けたのだろう。これ1人で全部?ないない。
一つ下さい。

↑これ 好きです。現代にも十分通用しますよね。

入れ物もも手が込んでますね。

時計 どんだけ==!

これには驚きました。鍵盤が収納できて普通のテーブルになります。


地球の歩き方にも載っていませんが、見どころ満載の素晴らしい美術館でした!


一度ホテルに戻り 夕方から 現地ツアーに乗ります。


ご覧くださりありがとうございました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。