ポルトガルが好きなんです!

 

             2005年に旅行会社のツアーで初めてポルトガルに行き、
     すべてに魅せられました。 垢抜けないところが私にぴったり。

        2011年には勇気を出して相棒と個人旅行。帰りはパリ に寄りました。

              昨年は5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。
            相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」を目指ました。
  
             今年は6月 リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。帰って来て、すぐ、また、
             行きたくなる国ポルトガルです。
 
             これから何年生きられるか分りませんが、年に一度はポルトガルに~と思っています。
 

 ベトナム中部周辺の旅”へ出発!ダナン到着!

 昨年9月から始めた旅のブログですが、今年も思い出をここに書き残していきたいと思っています。ここはヨーロッパ旅行のサイトですが、二年前の1月に出かけた”ベトナム中部の旅”を思い出しながら書いていこうと思います。よろしくお願いいたします。

  ********************************


 私が今回 参加したのは ”4泊5日 古都フエ、ホイアン、ミーソン遺跡 ベトナム中部周遊の旅”です。
 安いことが魅力でもあり、近いこともいいし、ベトナムの京都といわれるフエが入っていることが決め手でした。

        

 この旅は国内旅行は何度も一緒に出掛けている友人夫妻と同行です。夫たちは学生時代
からの親友で、妻たちも仲良しで海外なども一緒に出掛けています。
ここに行っても「お二人は姉妹でしょ?」と…言われます。似たような女を嫁にしたということですね。


 いよいよ出発当日。成田まではうちの車で。早めにチェックインして身軽になって、うどんで腹ごしらえ。食べすぎると機内食が入らないからかけうどん。
それでも、まだ時間があるのでコーヒーとスイートポテトも。食べすぎじゃ。

 

           


 予定より少し遅れて離陸、30分もするとドリンクサービス、エコノミーでも無料です。だから「スパークリングワイン プリーズ」と心に決めてました。笑。


 サービスは赤いアオザイを着た女性客室乗務員と感じのよい男性客室乗務員も。お祝い事の時のみに着る赤色は大切なお客様を心より歓迎するというベトナム伝統のホスピタリティーを表しているそうです。「お・も・て・な・し」は日本と似ています


 



 席にモニターはなく三列おきに一つ上からモニターが下りている。しかもベトナム語の
戦争映画だから見る気もしない。

 ベトナムブルーのブランケットがとても暖かく、赤ワインも適度に眠気を誘い5時間ちょっとのフライトはあっという間でダナン到着でした。
ベトナム中部の都市、ダナンベトナムのシンガポールと言われているとか・・・

ダナン空港は2011年にオープンしたばかりだからまだ綺麗です。


                   

 待っていたのは韓国のバス。運転はベトナム人かな?


 ベトナム男性にしては大柄の現地の添乗員さんが「どうもおちゅかれちゃまでごぜーます」と迎えてくれた。発音は少々稚拙ではあるけれど、コミュニケーションには全く問題なく、これから彼のトークに笑わせられることになります。


              

ちなみにレストランで飲んだタイガービールは一本60000ドン。1ドルは20000ドン。
最後までドンと円とドルの関係が頭に入らず困りました。


 

            
レストランに直行、伝統舞踊アプサラダンスのおまけつきでした。踊りはとても上手でしたよ。




 ベトナムドンへの両替は添乗員さんが一万円分の170万ドンを白い封筒に入れてたものを用意していました。私は取りあえず2 万円分を替えてもらい、3,400,000ドンのお金持ち?になったのです。ドルも使えます。



 





  今夜のお宿は ダナンの街中の『バンブーグリーン セントラル ホテル』
 時差は2時間だから日本ならもう深夜12時。 お風呂のお湯は豊富に出て快適です。




 それではおやすみなさい。第一日目が終わります。



 最後まで見て頂きありがとうございました。