ポルトガルが好きなんです!

 

             2005年に旅行会社のツアーで初めてポルトガルに行き、
     すべてに魅せられました。 垢抜けないところが私にぴったり。

        2011年には勇気を出して相棒と個人旅行。帰りはパリ に寄りました。

              昨年は5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。
            相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」を目指ました。
  
             今年は6月 リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。帰って来て、すぐ、また、
             行きたくなる国ポルトガルです。
 
             これから何年生きられるか分りませんが、年に一度はポルトガルに~と思っています。
 

あと一ヶ月寝ると~ポルトガル旅行 (準備編~指さし会話帳)

   ポルトガルが今回で4度目というと「それならもう慣れたものでしょ」という人がいるけれど…短期間滞在したくらいで、そうそう慣れるってことはない。

 毎回 新しい気持ちで、ストレンジャーでドキドキなんです。多分それは言葉が

出来ないということがかなり問題なのだと思うのです。



 今はスマホでアプリをゲットすれば翻訳機能などもあって、若い人は上手く利用しているようです。ある旅行番組でイケメン男子がそれを使って買い物していました。




 私たちはまだそれを使ったことはありません。
 


 
 夫は★指さし会話帳★が好きで海外に出るときは必ず携帯します。去年のポルトガルの旅の途中でバスの中に置いてきてしまいました。夫はそれをすっかり忘れているのかと思っていましたが ”旅の指さし会話帳 ポルトガル” が届きました。 定価は本体価格は1700円とありますがアマ●ンで売られていたのは2200円でした.2004年に初版、2011年に再版されたもので貴重品なのでしょうか500円も値上がりしていました。
 もうアナログな会話帳は人気がなく増版していないからかもしれません。



 



 冒頭に出てくる 著者の くりかおりさんの愛しいポルトガルの皆様 というポルトガルの人に向けた文章が好きです。↓↓↓



  この本を持っている人はポルトガル語を話せません


  だって、ポルトガル語は私達日本人にとってとても難しいのです。世界には沢山の
国がありますが、この人はあなたの国を選び、海岸や庭、ポルトガルをその目で見て
感じたいと、遥か彼方の日出づる国日本からやってきました。
  さてお願いです。日本から来たこの友達は小さなこの本にある単語、イラストや

フレーズを指さすことでコミュニケーションをとろうとしています。この本には日本語
でポルトガル語の発音も書いてあります。どうか助けてあげてくれませんか
  本来 日本人は恥ずかしがり屋ですので、優しく教えてあげて下さいね。


  私はこの本の作者で、ポルトガルをこよなく愛しています。住んでいたのはたった三年間でそんなに長くはありませんが、ポルトガルに夢中になるには十分
でした。出会った温かい容易な人たちのことはずっと忘れません。ポルトガルの眩しい
太陽、美味しいワイン。ポルトガル料理、美しい景色、そしてエキサイティングな
サッカーで充実したポルトガルの生活をとても懐かしく思います。ポルトガルの生活は
私の宝物、今やポルトガルは第二の故郷となりました。
 
絶対に!この日本の人も、あなたたちの国を知れば知るほど

  魅了されることでしょう。私がそうであったように。



 この本がポルトガル人と日本人の深い友情作りの何かのきっかけになりますように。



                     著者  くり かおり



 内容は知っている方が多いかと思いますが・・・こんなです。↓↓↓

 この本を使って片言でも現地の人と交流してみよう! 
もちろんスマホで会話~デビューするつもりです。



 昨年の旅の時のスナップです!ポルトガルの皆さんおせわになりました。↓↓↓またよろしくお願いいたします。



   ******************************


  私の20才年上(88才)の友人Mさんとお食事をしました。


 彼女は無類の旅好きでバックパッカーの走りのような人です。
今と違って格安便利な旅行会社に乗れば世界中どこへでも行かれるという時代で
なかったときに、独りで出かけていたようです。
 沢山行った中で一番はペルー、二番は中央アジア だということです。
彼女から旅の話を聞くのが大好きです。本を出していただきたいと思っています。

   私がポルトガルへ行くと知って・・・「小銭だけですが現地で使ってね」と
 封筒に紙幣とコインを入れて持ってきてくださった。

 

  1984年にポルトガルに行った時のものらしい。
「ああ~ありがとうございます。でもポルトガル、今はユーロになっちゃって、、、」と申し訳なさそうに私が言う。



「あらら、ごめんなさい。知らなくて」とMさんも申し訳なさそう。
「でも 嬉しいです。昔のポルトガルの香りがする紙幣です。ユーロよりずっと趣があります」と私。これは本心です。目を凝らしてみるととてもいいのです。





 最後までお読みくださりありがとうございます。


  GW 真っ最中ですが どうぞ良い一日を~!