ポルトガルが好きなんです!

旅の備忘録、お出かけしたところ、お芝居やコンサート、美術館など書いています。

 

  2005年、団体ツアーで初めてポルトガルに行き、すべてに魅せられました。
垢抜けないところが私にぴったり。

 2011年、勇気を出して相棒とポルトガルに個人旅行。帰りはスペイン サンセバスチャン、パリ に寄りました。

 2016年5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」に行きました。
  
 2017年6月には リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。

帰って来て、すぐに、行きたくなる国ポルトガルです。

  2018年はポルトガルは小休止で2019年1月末にアルガルベのアーモンドの花霞を見に行こうと思っていたのですが・・・
やっぱり私はポルトガル病なんですね。我慢が出来ませんでした。
 11月に行き、思わぬアクシデントに遭遇。
その時の旅日記 「ポルトガルはいつも優しく迎えてくれる」を書いています。

 令和元年は9月に6度目のポルトガルに。ポルトの滞在し近郊の町を訪れ、うち2日は北部レグア
に。ドウロ川渓谷のブドウの収穫を見たかったのですが残念ながら2日前に終わっていました。

 これから何年生きられるか分りませんが、旅が出来る体力があるうちは出かけたいと思います。

 

            

🎦映画『West Side Story』昔のも新しいのも両方がそれぞれに素晴らしい!




映画『ウエスト・サイド・ストーリー』TV SPOT【絶賛、感動、喝采】編15秒  2月11日(祝・金)映画館で公開



2月16日 ブルグ TOHO CINEMAS



 スティーブン・スピルバーグ監督が、「ロミオとジュリエット」をモチーフにした1961年<名作ブロードウェイミュージカル『ウエストサイドストーリー』>を念願の映画化。

 吹き替え版でないものを観に行った。1961年のウエストサイド物語は私の青春のような映画で何度も映画館に足を運び、LPレコードを求めては歌詞を訳して歌を覚えてものだ。だから今でも歌える曲も多い。懐かしい映画がやってきた!


『Story』
 1950年代のニューヨーク。マンハッタンのウエスト・サイドには、夢や成功を求めて世界中から多くの移民が集まっていた。社会の分断の中で差別や貧困に直面した若者たちは同胞の仲間と集団をつくり、各グループは対立しあう。特にポーランド系移民の「ジェッツ」とプエルトリコ系移民の「シャークス」は激しく敵対していた。
 そんな中、ジェッツの元リーダーであるトニーは、シャークスのリーダーの妹マリアと運命的な恋に落ちる。ふたりの禁断の愛は、多くの人々の運命を変えていく。



「ベイビー・ドライバー」のアンセル・エルゴートがトニー





オーディションで約3万人の中から選ばれた★新星レイチェル・ゼグラーがマリア
を演じ、

61年版でアニタ役を演じたリタ・モレノも出演。現在90歳だそうです。びっくり。


「リンカーン」のトニー・クシュナーが脚本、現代アメリカのダンス界を牽引する
ジャスティン・ペックが振付を担当。


👆👆👆
ニューヨーク・シティ・バレエ団に若手の振付家がいます。それが、元ニューヨーク・シティ・バレエ団のソリストだったジャスティン・ペックです。
ニューヨーク・シティ・バレエ団では毎年ジャスティン・ペックの作品が上演され、高評価を得ています。どれもセンスがあって、とてもおしゃれな作品です。
経歴=ジャスティン・ペックは1987年生まれの34歳(2021年時点)です。この若さですでに数々の作品を発表し、賞も受賞する実力派です。


New York City Ballet Presents Justin Peck。 THE TIMES ARE RACING with music by Dan Deacon



1961年版のダンスもそれはそれは見事でしたが
新しい方はダンスが新しいという気がしました。
それは見てのお楽しみです。



「異なる立場の者同士は、絵を取り合うことができるのか?」
 この物語は、現代を生きる我々のメッセージが込められた人間賛歌です。

     ーー スティ―ブン・スピルバーグ。ピルバーグ ーー



 2022年・第94回アカデミー賞では作品、監督賞ほか計7部門にノミネートされた。




映画『ウエスト・サイド・ストーリー』【絶賛、感動、喝采】編






West Side Story – Cast 2021 - America ðŸ‘†


♪America  新しいものと昔のものを比べてみましょう。👆👇



West Side Story  - America (1961) ðŸ‘†



 運命に逆らい、社会の分断を乗り越えようとした“禁断の愛”の物語が、エンターテイメント史に残る数々の名曲とダイナミックなダンスと共に描かれる。 “異なる立場を越えて、私たちは手を取り合えるのか?”という普遍的なメッセージをこめて贈る、感動のミュージカル・エンターテイメント。  


 ニューヨークのウエスト・サイドの様子が細やかにえがかれている。まるで私がそこに住んでいるかという錯覚に陥る。


キャスト
アンセル・エルゴート, レイチェル・ゼグラー, アリアナ・デボーズ, マイク・ファイスト​, デヴィッド・アルヴァレス, リタ・モレノ
監督・製作
スティーブン・スピルバーグ

脚本
トニー・クシュナー



 音楽:レナード・バーンスタイン


この音楽あってのこのミューあってだとおもいます。

Bernstein : Symphonic Dances from West Side Story
名匠レナード・バーンスタインは、当初、宗教色の強い音楽を手がけていましたが、『オン・ザ・タウン』を契機にミュージック音楽に進出し、この『ウエストサイドストーリー』で一気にその地位を確立しました。



【なぜ今リメイクを?】ウエスト・サイド・ストーリー レビュー【3人の作り手から見る】





      ーーーーーーーーーーーーーー
1961年版 👇👇👇




West Side Story - Jet Song (1961) HD
 1961年版『ウエスト・サイド物語』は、ロバート・ワイズとジェローム・ロビンズ監督の1961年のアメリカのミュージカル映画。シェイクスピアの戯曲『ロミオとジュリエット』を元にした、1957年にブロードウェイで上演された同名のミュージカルである。
 本作は、その映像権を映画プロデューサーのウォルター・ミリッシュ(英語版)が獲得し、映画化した作品である。ナタリー・ウッドとリチャード・ベイマー主演。これにジョージ・チャキリスらが加わり、「トゥナイト」「アメリカ」「マンボ」「クール」「マリア」など、映画の中で歌われる曲も多くの人を魅了して、サウンドトラック・アルバムも空前の売り上げとなった。


アカデミー賞では作品賞をはじめ、ノミネートされた11部門中10部門を受賞し、この中には作品賞、監督賞とともにジョージ・チャキリスとリタ・モレノがそれぞれ助演男優賞と助演女優賞を受賞した。またロバート・ワイズは4年後に『サウンド・オブ・ミュージック』でも監督賞を受賞している。



『ウエストサイドストーリー(ウエストサイド物語)』を語る上で欠かせないのが、プエルトリコ移民という存在ですね。アメリカが移民の国であり、人種のるつぼということは知ってはいますが詳しくはなにも知りません。
プエルトリコとアメリカの間には、歴史上様々な出来事があり、本作にはそんな2つの国の関係性が色濃く反映されています。
そもそも、プエルトリコは、今も「コモンウェルス」という扱いになっているのはご存じでしょうか。
これは「米国主権下の属領もしくは保護領であり、自治政府による内政は認められるが国防や外交は米国が行う」という扱いの領土で、完全な独立国家ではないんですね。
歴史をさかのぼると、プエルトリコは元々スペインの領土でした。これは本作の劇中でシャーク団の面々がスペイン語を話しています。
しかし、1898年に起きた米西戦争でスペインが敗北し、その講和条約の中でプエルトリコがアメリカ領に編入されるのです。


 昔の映画を思い出しながら新しいものを観ていました。
帰りには思わず歌を口ずさみながら歩いていました。
どうぞ映画館に足をお運びください。きっと気持ちが若返えります。

非ログインユーザーとして返信する