ポルトガルが好きなんです!

旅の備忘録、お出かけしたところ、お芝居やコンサート、美術館など書いています。

 

  2005年、団体ツアーで初めてポルトガルに行き、すべてに魅せられました。
垢抜けないところが私にぴったり。

 2011年、勇気を出して相棒とポルトガルに個人旅行。帰りはスペイン サンセバスチャン、パリ に寄りました。

 2016年5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」に行きました。
  
 2017年6月には リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。

帰って来て、すぐに、行きたくなる国ポルトガルです。

  2018年はポルトガルは小休止で2019年1月末にアルガルベのアーモンドの花霞を見に行こうと思っていたのですが・・・
やっぱり私はポルトガル病なんですね。我慢が出来ませんでした。
 11月に行き、思わぬアクシデントに遭遇。
その時の旅日記 「ポルトガルはいつも優しく迎えてくれる」を書いています。

 令和元年は9月に6度目のポルトガルに。ポルトの滞在し近郊の町を訪れ、うち2日は北部レグア
に。ドウロ川渓谷のブドウの収穫を見たかったのですが残念ながら2日前に終わっていました。

 これから何年生きられるか分りませんが、旅が出来る体力があるうちは出かけたいと思います。

 

            

🦴骨密度測定🦴 行ってきました。


 先日はウォーキングの途中、転んでしまいました。
アスファルトで手の指を摺ったくらいで大事に至りませんでしたが、道行く人が「大丈夫ですか?」と立ち止まって下さり恥ずかしかったです。『足元が悪い』は相変わらず治ってませんでした。苦笑。


 
 勤めていた会社の先輩からラインあり。ラインによりますと、腰椎の圧迫骨折で現在寝たきりだそうです。骨密度が6割しかなかったそうです。いつも体操教室に通ったり、ハイキングに行かれたり、ウォーキングは欠かさずと運動は率先してやられていた方だったので、病名を聞いても不思????でした。


 彼女は6年前に体操教室に2年間通ったときにはひと月に一度検査があり、骨密度も計っていたそうですが全く問題がない数値だったそうです。そんな人が僅か4年の間に骨密度が60%までに下がるとは恐ろしいです。


 私も数年前腰痛で整体に通ったときに一度だけ骨密度を計ったことはありましたが、簡単な機械で掌で計ったので細かな数字は出ませんでしたが、年相応の数字ではあるけれど決して安心できるものではないと言われていたことを思い出しました。



 👆👆👆
 今日は整形外科の大きな機械で腰椎正面と左大腿骨を測定してもらいました。
正常値が80%以上のところ、腰椎が79%、左大腿骨が78%と正常と骨量減少との境目当たり。今から頑張っても現状維持で、
これ以上、下げないように食生活に注意、カルシュウムの摂取量一日約800mg、適度な運動、日光に当たりながらのウォーキングを心がけなくてはいけません。半年後には再検査を受けること。


 強い骨を作る! 筋肉をつける! 転ばない。


 先輩のラインで私は気づかされました。全治3か月ということですが、彼女のことですからコルセットが出来てくればリハビリにガンバルはずです。
 よくなったらもう一人の先輩と3人で女子会?しようと約束しました。


       ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2月22日


 横浜駅から桜木町のブルグ13まで歩きました。
映画を観るためです。


👇👇 ここはY cat

原鉄道模型博物館 👇👇
 

👇👇 横浜ゲート タワービル


横浜市立みなとみらい本町小学校 
                

                   👇👇この白いビルです。


     👆👆映画館につきました。


👇👇 映画の感想は次回に。🎦オペレーション ミンスミート ナチスを欺いた死体
               を見ました。

 最後まで読んでいただきありがとうございます。本日 9000歩。
 太陽には確実あたりました。

非ログインユーザーとして返信する