ポルトガルが好きなんです!

 

2005年に旅行会社のツアーで初めてポルトガルに行き、すべてに魅せられました。

垢抜けないところが私にぴったり。

 2011年には勇気を出して相棒とポルトガルに個人旅行。帰りはスペイン サンセバスチャン、パリ に寄りました。

 2016年は5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」を目指ました。
  
  昨年は6月 リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。

帰って来て、すぐに、行きたくなる国ポルトガルです。

      今年は ポルトガルは小休止で来年1月末にアルガルベのアーモンドの花霞を見に行こうと思っていたのですが…
     
やっぱり私はポルトガル病なんですね。我慢が出来ませんでした。

今年は11月に行って思わぬアクシデントに遭遇。現在 その時の旅日記 「ポルトガルはいつも優しく迎えてくれる」を更新中です。

  これから何年生きられるか分りませんが、旅が出来る体力があるうちは出かけたいと思います。

 

            

安・近・短 がいいんです!「上海 無錫 蘇州 二泊三日の旅」

       いつだったかもう忘れた大昔、北京ツアーで万里の長城を歩きました。若かったから疲れ知らずでした。


 相棒がテレビの番組を見ていて「兵馬傭」に行きたいと言い出し西安ツアーに乗りました。カメラもまだデジタルでない頃。



 それ以来中国には行っていませんが、お気に入りさんの日記を読んで、同じツアーではないですが同じようなツアーに申し込んでしまいました。


 なんといっても諸費用含めて39060円という安さ。
二時間半で上海についてしまうという近さ2泊3日という短さ。蘇州、無錫、上海 各所の観光は通り過ぎる程度ですが上海博物館、オプションですが上海雑技団はとても楽しみです。

飛行機は中国国際航空です。


 避けて通れないのがお土産やさんです。(トルコ旅行で経験済み)それぞれ40分とい長時間が設けられていますが、それには文句もありません。安く行かせてもらうためには仕方のない事で、、どなたかがドンと買ってくださったらいいなと。相棒に「それには決して嫌な顔をしないでね」と念を押しています。とにかく買い物が大嫌いなんです。


 いつも安ホテルばかりの旅ですが、今回は中国に3つしかない5つ星のホテルに2連泊もこの旅の売りなんです。口の悪い人は「名前だけがリッツカールトンでも世界最低のリッツだ」と書いておられますが…ホテルに拘れない旅に慣れていますから、きっと快適だと思います。


 上海蟹は9月から12月の季節のものらしく期待はせずに食べすぎには気をつけたい。


 上海はいつも曇っているようで、晴れていてもいつもスモーキーらしいです。㏘2.5も体験して来ます。


 格安ツアーでも景色は平等。上海は四季がはっきりしていて春こそがベストなシーズン。梅はもう終わりかな?桃や木蓮はまだ早いのか?気温が低ければまだ冬の服装がいいらしい。


 相棒は昨夜遅くタイから戻りただいまお昼寝中。
この上海旅行は私への免罪符。浮世の義理?
ツアーが嫌いだからなぁ…このツアーにカワイ子ちゃんがいればテンション上がって元気出ると思うけれど…たぶんオバサンばかりだろうと…心配しています。



 ではでは行ってきます!
帰ってから細かくご報告いたします!


 


 


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。