ポルトガルが好きなんです!

旅の備忘録、お出かけしたところ、お芝居やコンサート、美術館など書いています。

 

  2005年、団体ツアーで初めてポルトガルに行き、すべてに魅せられました。
垢抜けないところが私にぴったり。

 2011年、勇気を出して相棒とポルトガルに個人旅行。帰りはスペイン サンセバスチャン、パリ に寄りました。

 2016年5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」に行きました。
  
 2017年6月には リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。

帰って来て、すぐに、行きたくなる国ポルトガルです。

  2018年はポルトガルは小休止で2019年1月末にアルガルベのアーモンドの花霞を見に行こうと思っていたのですが・・・
やっぱり私はポルトガル病なんですね。我慢が出来ませんでした。
 11月に行き、思わぬアクシデントに遭遇。
その時の旅日記 「ポルトガルはいつも優しく迎えてくれる」を書いています。

 令和元年は9月に6度目のポルトガルに。ポルトの滞在し近郊の町を訪れ、うち2日は北部レグア
に。ドウロ川渓谷のブドウの収穫を見たかったのですが残念ながら2日前に終わっていました。

 これから何年生きられるか分りませんが、旅が出来る体力があるうちは出かけたいと思います。

 

            

映画 🎬 博士と狂人 🎬

  10月16日(金)🎬 博士と狂人 観てきました。


「オックスフォード英語大辞典」はどのように誕生したのか?





映画『博士と狂人』映像解禁 トリニティ・カレッジ図書館での貴重なシーン
公開された本編映像は、世界一美しい本が見られる屈指の観光地「トリニティ・カレッジ
図書館」で撮影されたシーンを捉えたもの。トリニティ・カレッジ図書館の象徴ともい
えるアーチ型の天井と20万点もの古書が並ぶ書架を背景に、叩き上げの学者であるマレー
が、大英帝国が威信をかけた新しい辞典作りの責任者として承認される重要な場面が描
かれている。



名優ショーン・ペンが狂ったように男を追う『博士と狂人』冒頭映像


     

メル・ギブソン ショーン・ペン が 演じます。

            


全米でベストセラーとなったノンフィクション『博士と狂人―世界最高の辞書 OED の誕生秘話』に基づく歴史劇。初版発行までに70 年以上の歳月を費やした辞典『オックスフォード英語大辞典』の製作に携わった異端の博士、貧しい家に生まれ学士号を持たない学者マレー。エリートながら精神を病んだアメリカ人の元軍医・マイナーは、辞典づくりという壮大なロマンを共有し、固い絆で結ばれていく。だが、大英帝国の威信をかけた一大事業に犯罪者が協力していることが明るみになるとプロジェクトは暗礁に乗り上げ、ついには、時の内務大臣ウィンストン・チャーチルや王室をも巻き込んでいくことになる。


     æ˜ ç”»åŒ–に真っ先に名乗りを上げたのが、マレー博士を演じるメル・ギブソン。
構想から20年あまり情熱を傾けてきており、その強い思いから制作会社と衝突し、裁判沙汰
に発展したほど。狂人マイナーにはアカデミー主演男優賞を2度も受賞しているショーン・ペン。南北戦争で心に深い闇を抱えながらも辞典づくりで救われる狂人マイナー憑依型アプローチで挑みその熱演は圧巻だ。同じ人物が演じているとは思えないマイナーの変わりようには驚かされた。ショーンはまだ60歳なのに、痩せ衰えて80にも90にも見える。役者の凄さを感じた。



【博士と狂人】原題:The Professor and The Madman


監督:P・B・シェムラン
出演:メル・ギブソン、ショーン・ペン、ナタリー・ドーマー、エディー・マーサン、
スティーヴ・クーガン
原作:サイモン・ウィンチェスター著『博士と狂人― 世界最高の辞書OEDの誕生秘話』(鈴木主税訳/ハヤカワ・ ノンフィクション文庫)
配給:ポニーキャニオン 
2018年/イギリス、アイルランド、フランス、アイスランド/英語/124分/ドルビーデジタル/シネスコ/字幕翻訳:原田りえ
公式サイト:hakase-kyojin.jp



たたき上げの学者 マレー博士役



異端の天才 殺人犯 マイナー






マイナーが殺した男の妻


 上手い女優さんですね。マイナーとの愛もえがかれるのですが
この映画のもう一つのラブストリーも見どころです。しかし哀しい・・・





マレーの妻役


 女優二人の演技が上手くてうまくて。
この女優さん この役にぴったりですね。知的で品があってしかも強い女性。






コロナ禍の中 8月から映画を観るようになりました。














 8月から観た中で一番の映画はこの
  「博士と狂人」でした。




   最後まで読んでくださりありがとうございました。

非ログインユーザーとして返信する