ポルトガルが好きなんです!

旅の備忘録、お出かけしたところ、お芝居やコンサート、美術館など書いています。

 

  2005年、団体ツアーで初めてポルトガルに行き、すべてに魅せられました。
垢抜けないところが私にぴったり。

 2011年、勇気を出して相棒とポルトガルに個人旅行。帰りはスペイン サンセバスチャン、パリ に寄りました。

 2016年5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」に行きました。
  
 2017年6月には リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。

帰って来て、すぐに、行きたくなる国ポルトガルです。

  2018年はポルトガルは小休止で2019年1月末にアルガルベのアーモンドの花霞を見に行こうと思っていたのですが・・・
やっぱり私はポルトガル病なんですね。我慢が出来ませんでした。
 11月に行き、思わぬアクシデントに遭遇。
その時の旅日記 「ポルトガルはいつも優しく迎えてくれる」を書いています。

 令和元年は9月に6度目のポルトガルに。ポルトの滞在し近郊の町を訪れ、うち2日は北部レグア
に。ドウロ川渓谷のブドウの収穫を見たかったのですが残念ながら2日前に終わっていました。

 これから何年生きられるか分りませんが、旅が出来る体力があるうちは出かけたいと思います。

 

            

映画 🎬 82年生まれ、キム・ジヨン 🎬

10月14日 映画 82年生まれ、キム・ジヨン 観てきました。


ベストセラー小説が映画になった!




 デヒョン (コン・ユ )         ジヨン (チョン・ユミ)
       韓国映画界をけん引する実力派俳優。





旦那の実家で豹変!?別人格になるキム・ジヨン|映画『82年生まれ、キム・ジヨン』本編映像」






[日本語字幕]コンユ×チョン・ユミ 20191001 モーニングワイドインタビュー



【Story】


 1982年生まれジヨン(チョン・ユミ)。
結婚・出産を機に仕事を辞め、育児と家事に追われるジヨン。常に誰かの母であり妻である彼女は、時に閉じ込められているような感覚に陥ることがあった。そんな彼女を夫のデヒョンは心配するが、本人は「ちょっと疲れているだけ」と深刻には受け止めない。しかしデヒョンの悩みは深刻だった。
 妻は、突然、別人格が乗り移ったような言動をとるのだ。
夫の実家で自身の母親になり文句を言う。
  「正月くらいジヨンを私の元に帰してくださいよ」。
また、ある日はすでに亡くなっている夫と共通の友人になり、夫にアドバイスをする。
  「体が楽になっても気持ちが焦る時期よ。お疲れ様って言ってあげて」。
また、ある日は祖母になり母親に語りかける。
  「ジヨンは大丈夫。お前が強い娘に育てただろう」――
後から本人にたずねても、その記憶はない。デヒョンは傷つけるのが怖くて真実を告げられず、ひとり精神科医に相談に行くが・・・。


 精神科医のカルテを追う形式で話は進んでいく。



    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 ~私の感想~


 1982年生まれというと私の末っ子の年齢。
姑、実母も私よりもずっと若いようだ。
 3歳年上の会社員の夫との生活は傍から見てもいい暮らしに見える。豊かな
方じゃないかな。旦那さんも優しいし、奥さんも赤ちゃんもとても愛している。
子育ては順調で保育園にも入れている。それでも時々見せる暗いジヨンの表情。


 映画の中の彼女の生活を見ていて、私は彼女に共感できなかった。突然別人格が
憑依してしまうほど心を痛めているジヨン。どうしてなんだろう。実家の両親や姉弟は
割と近くにいて仲が良く、夫の実家も昔ながらの古い考えではあるが決して意地の
悪い人達ではないように思う。


  私は頭の固いかちんかちんのおばーちゃんなんだろうか。
両方の親には助けてはもらえない状況だったし、子供も弱くて病院通いだった。
子供を産んでも働き続けるつもりではいたが、病気がちの子を預ける気持ちに
なれず、やむなく退社した。


 時代なんでしょうね。
頑張って大学を出ても就職に苦労して、出産で会社を辞め、どんどん社会から
取り残されているような不安な気持ちを抱えるジヨン。今の若い人たちは
ジヨンに共感するのでしょう。


  原作「82年生まれ、キム・ジヨン」は2016年 刊行されるやいなや
多くの女性の共感を呼び、大ベストセラーとなり22か国・地域で大ヒット
となり今もなおその記録を更新し続けているそうだ。まずは本を読まねば
いけませんね。



 最後まで読んでくださりありがとうござます。

非ログインユーザーとして返信する