ポルトガルが好きなんです!

旅の備忘録、お出かけしたところ、お芝居やコンサート、美術館など書いています。

 

  2005年、団体ツアーで初めてポルトガルに行き、すべてに魅せられました。
垢抜けないところが私にぴったり。

 2011年、勇気を出して相棒とポルトガルに個人旅行。帰りはスペイン サンセバスチャン、パリ に寄りました。

 2016年5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」に行きました。
  
 2017年6月には リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。

帰って来て、すぐに、行きたくなる国ポルトガルです。

  2018年はポルトガルは小休止で2019年1月末にアルガルベのアーモンドの花霞を見に行こうと思っていたのですが・・・
やっぱり私はポルトガル病なんですね。我慢が出来ませんでした。
 11月に行き、思わぬアクシデントに遭遇。
その時の旅日記 「ポルトガルはいつも優しく迎えてくれる」を書いています。

 令和元年は9月に6度目のポルトガルに。ポルトの滞在し近郊の町を訪れ、うち2日は北部レグア
に。ドウロ川渓谷のブドウの収穫を見たかったのですが残念ながら2日前に終わっていました。

 これから何年生きられるか分りませんが、旅が出来る体力があるうちは出かけたいと思います。

 

            

映画 🎬 望み 🎬

10月9日(金) 🎬 望み 🎬 観てきました。



ベストセラー小説が映画になった。


   


消えた息子は殺人犯か、被害者か。



『望み』30秒予告



10月9日(金)公開『望み』WEBスポット【願う母編】






父 塘真一    母 石田ゆり子

息子 岡田健史

娘 清原果耶


【あらすじ】
      建築家として成功した頼りがいのある父、家で校正の仕事をする優しい母、⚽サッカー
に打ちこむ人気者の高校生の息子、成績優秀でいつも明るい中学生の娘。
 そんな誰から見ても幸せな一家が変ってしまったのは息子が怪我をして⚽サッカー
選手になる夢をあきらめたことがきっかけだった。反抗的な態度をとり、夜遊びをするよう
になった息子が姿を消したその日、彼の友人が殺害される。事件には3人の少年が関わり、
もう一人殺されたといううわさが広がった。その日から、世間からの誹謗中傷、マスコミの
容赦ない追及を受けながら、父、母、妹、それぞれの<望み>が交錯してしていく。
                              (宣伝パンフより)




  雫井脩介氏のベストセラー小説の映画化。
ある殺人事件をめぐり、「愛する息子は殺人犯か、被害者なのか?」と
揺れ動く建築家の一家の姿が描かれる。父親は息子の無実を信じる。
母親は「生きていてさえいればいい」たとえ加害者であっても。



 ネタバレになりますから結末は言いません。
私が一番泣けたのは真実を知った時の父親の慟哭シーンです。
母親が息子の逮捕が近いかもと知って、息子に食べさせる差し入れの弁当を作るため
スーパーに走るシーン。お母さんって息子に食べさせるという行為が「愛している」
という言葉と同じなんですよね。それは身に覚えのあること。


 お父さん役の堤真一さん、お母さん役の石田ゆり子さん、本当に父と母になっていました。演じていてとても辛かったとおっしゃっておられますが、演技とは思えません。
泣けました。娘役の清原果耶さん、テレビなどでも活躍の女優さんですが、うまいですね。



初日舞台あいさつ

石田ゆり子、撮影は「毎日つらかった」 愛する息子を思う母親役振り返る 


清原果耶からのビデオメッセージ

清原果耶、堤真一・石田ゆり子・岡田健史へビデオメッセージを送る 映画『望み』公開舞台挨拶




主題歌は森山直太朗!雫井脩介原作『望み』予告編で堤真一、石田ゆり子の涙



森山直太朗の「落日」映画にぴったりです。
 

森山直太朗- 「落日」


 
息子を信じること~
   すごく考えされた内容でした。
  私・・・信じてあげられたかな・・・
    疑ったことも沢山あります。
  今思うと・・「🙇ごめんなさい」って謝りたい気分。



 最後まで読んでくださりありがとうございます。
  とてもいい映画でした。

   

非ログインユーザーとして返信する