ポルトガルが好きなんです!

 

             2005年に旅行会社のツアーで初めてポルトガルに行き、
     すべてに魅せられました。 垢抜けないところが私にぴったり。

        2011年には勇気を出して相棒と個人旅行。帰りはパリ に寄りました。

              昨年は5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。
            相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」を目指ました。
  
             今年は6月 リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。帰って来て、すぐ、また、
             行きたくなる国ポルトガルです。
 
             これから何年生きられるか分りませんが、年に一度はポルトガルに~と思っています。
 

格安ツアーでポーランドに~心残りのワルシャワ歴史地区

ワルシャワ
旧市街とその周辺が世界遺産「ワルシャワ歴史地区」として1980年に登録され、世界中から観光客の集まる美しい街。 
  この旧市街は大戦中に一度全壊しましたが、その後ワルシャワ市民が壁のヒビ一本
 一本に至るまで忠実に再現し、街を再建したことは有名です。



 破壊から復元された文化財は世界遺産に値しないとの反対意見もあり、登録は危ぶま
れたが、市や大学が「破壊と復興の証人」であると主張。  
 この努力が実を結び、非常に新しい街”でありながら「市民の復興への汗と記憶とその
情熱、執念」を理由として世界遺産に決定。
 故に建物自体の歴史的価値ではなく★ワルシャワ市民の心★が世界遺産になったと
いうことなのですね。


ワジェンキ公園

  ショパンの像
 しだれ柳の根っこに腰掛けたショパンの姿がブロンズになっている。左手を膝の上に置きどこかを見ている。1558年 再建。
 5月~9月までの毎日曜日にここでコンサートが無料で開催されるそうだ。

  


          

リスを見つけました。他にや野鳥や孔雀などの野生動物たちにも会えるそうです。

  カワ(・∀・)イイ!!

  

ワジェンキ公園、クランシスキ公園など大小の公園を合せると市の面積の25%を占めているといううからどれだけ緑豊かがわかる。今は枯葉の時期ですから↓↓↓のような状態です。

           雪が残っていました。昨夜に降ったものでしょう。

           

ショパン像の周りにはミニ薔薇が咲いていたことがわかりました。

 公園はワルシャワっ子達のオアシスでもあります。
 


背が高くて足が長くて素敵ですね。

         おや、結婚式に行くのでしょうか?

         

ベビーカーを押すママさんがキュートです!



 ワジェンキ宮殿


元々はポーランド最後の王スタニスワフ・ポニャトフスキーの夏の離宮(ワジェンキ宮殿=水上宮殿)。現在は17cから18cにかけての美術品を展示する国立美術館の分館として展示。なっています。入場の際は靴の上からビニールキャップでカバーします。


 作品は↓↓↓こんなです。とても混んでいて入場までに待たされ、入場してから
一部屋ごとに丁寧に説明してくれるので時間がかかりました。

  

       

まだ 描かれていない天井画。

   

          

          

どんどん暗くなって…

                                                                   

ワジェンキ宮殿を外から見ると…

お月様~成田を出発した時より丸くなっています。




聖十字架教会


 ポーランド三大偉人のひとりピアノの詩人~ショパン。
他のお二人は天文学者コペルニクス、ノーベル物理学賞受賞者キュリー夫人。

 観光客に一番人気なのがショパンではないでしょうか?
ショパンはパリで亡くなったので死後に心臓だけが祖国に戻って来たが、その心臓がまさにこの教会内に収められています。


 2002年には聖人となったヨハネパウロ2世(前々ローマ法王)が訪れ、
 教会が格上げされバジリカ(Bazylika)=大聖堂となっています



  暗くて良く見えませんが・・・
教会入口に建つ十字架を背負うキリスト像。
 このキリスト像、映画「戦場のピアニスト」では冒頭と最後のシーンで登場しました。



ショパンの心臓が埋葬されているのはこの正面の金ピカな祭壇に向かって左側の柱の下。


     “HERE REST THE HEART OF FREDERICK CHOPIN”
          ショパンの心臓、ここに眠る

 おしゃべりは厳禁です。ミサ中です。イヤフォンガイドから小声の説明が聞こえてます。撮影は禁止はされていませんが、フラッシュはダメ。男性の帽子は×。女性はOK




旧市街広場


 旧王宮
黄色に見えますが実際はピンク色なんです。赤煉瓦づくりです。現在は国会や大統領執務室として使用されている。
 残念ながら中に入ることは諦めます。


  旧王宮前にある王宮広場の中心的なジグムント三世の像。
                   ↓↓↓

           

        

 洗礼者ヨハネ大聖堂
 ワルシャワで最も古い教会。旧王宮の傍にあり、ポーランド国王とのゆかりが深い。

聖母教会


独立記念日に食べるパンのようです。↓↓↓
「聖マルチンのロガル」というケシの実ペーストのたっぷり入った大きなクロワッサン
.


街頭で歌っていた女性。この風景は日本と似てました。





    

人魚姫が左手で楯を持ち、右手で剣を振り上げている像はワルシャワの守り神


        

お月様が綺麗な夜です。それでは人魚姫とツーショットをもう二枚。


やけに長いバッケットを食べていて驚きました。

 これからホテルに向かいます。
  ワルシャワの観光ははっきり言って欲求不満が残りました。
   この時期だから日が短いのは仕方がないものの、電車が遅れるなど不測の
    出来事で観光はますます時間が無くなって、上っ面の駆け足となりました。





 
この旅の最後のホテルとなります。
 長いのを最後まで見て下さり感謝です!