ポルトガルが好きなんです!

 

2005年に旅行会社のツアーで初めてポルトガルに行き、すべてに魅せられました。

垢抜けないところが私にぴったり。

 2011年には勇気を出して相棒とポルトガルに個人旅行。帰りはスペイン サンセバスチャン、パリ に寄りました。

 2016年は5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」を目指ました。
  
  昨年は6月 リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。

帰って来て、すぐに、行きたくなる国ポルトガルです。

      今年は ポルトガルは小休止で来年1月末にアルガルベのアーモンドの花霞を見に行こうと思っていたのですが…
     
やっぱり私はポルトガル病なんですね。我慢が出来ませんでした。

今年は11月に行って思わぬアクシデントに遭遇。現在 その時の旅日記 「ポルトガルはいつも優しく迎えてくれる」を更新中です。

  これから何年生きられるか分りませんが、旅が出来る体力があるうちは出かけたいと思います。

 

            

安近短な旅(4)~”上海雑技団”と格安ツアーだって5つ星ホテル



 この旅 一日目の最後のお立ち寄りは”  上海雑技団”


上海にはいくつかの雑技団のショーがあって日常的に公演があるようです。
★おひとり260元のオプションということだけしかわからなかったので旅行会社に電話して尋ねましたが「現地に行かないとわかりません」とのお返事。


 宿泊するホテル『ポートマン・リッツ・カールトン 上海』 に隣接する劇場でも雑技団の公演があるようですが…私は 「どこの劇場ですか?上海馬戯城ですか?」とガイドさんにたずねてみた。すると「いくつかありますが あなたがおっしゃる劇場が一番ですよ」と! とにかくバイクの演目が凄いらしい。自信たっぷりに「絶対に皆さんの期待を裏切らないパフォーマンス」と言い切った。


 ということで↓↓↓ バスで上海馬戯城 に向かった。


  上海中心部から少し離れた場所にありました。「馬戯」とはサーカスの事。
时空之旅(ERA Acrobatic show)の演出は 日本でもおなじみの★シルク・ド・ソレイユ★のスタッフが演出しているとお気に入りさんに教えてもらいました。

入り口にはもう開場を待つ人でいっぱいです


↓↓ 舞台の様子の写真を載せてみます。会場は円形なので、どこからでも見やすい構造になっています

     

  

  

        




大盛り上がりがなのがモーターバイクショーです。  
相棒は幼い頃、木下サーカスでバイクの曲乗りを観たそうです。
2人~2台だったとか。 
 ここは8人~8台が走ります。もう神業です。ミラクルです!



上海雑技団・オートバイの曲芸



ホテルの窓から景色。
このツアーは 
憧れの五つ★ホテルに泊まる というのが売りのひとつでもあるんです。
どう考えても29900円のツアー料金からどう考えても二泊なんか不可能。個人で
予約すると最低15000円はとられて当然。


 ホテルの名は ポートマン リッツカールトン 上海。
中国に3つしかない「プラチナ5つ星」ホテル。中国のホテル業最高レベルを
2年連続しての5つ星とか。


 同じリッツがPudongにもあって、そこは最安値でも27000円だから
きっと、そちらはポートマンより5つ星にふさわしいのかもしれない。




ビックリするほどの豪華さはなかった。同じツアーの方が「割と普通よね」と言ってらしたが、ほんと割と…普通。でも安いツア料金で二泊も泊めて頂いているわけで有難い限りです拝。

       

       

    

      


         ↓↓朝食会場。入り口でお部屋番号を係りに言うと、お席に案内してくれるので席を探すことはないので安心です。

         

     朝食 1回が4500円相当ということでしたのでとても楽しみでした。
        二回の朝食の写真を載せますね。

      

      

                

        


                                              

                                     食べ過ぎた、、、





ホテルの最上階に上がって撮りました。↓↓↓

         

  

↓↓ この写真はちょっとヨーロッパ風ですね。


↓↓ ここはキッズの遊びかな?

装飾品、調度品がとてもセンスが良かったです。

  

滞在時間は短かったですがとても快適な二泊でした。
スタッフはとても感じが良かったです。
    
            ↑↑の写真は「撮りましょうか ?」と声をかけて頂き
             お願いしました。



  今日も読んでいただきありがとうございました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。