ポルトガルが好きなんです!

 

             2005年に旅行会社のツアーで初めてポルトガルに行き、
     すべてに魅せられました。 垢抜けないところが私にぴったり。

        2011年には勇気を出して相棒と個人旅行。帰りはパリ に寄りました。

              昨年は5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。
            相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」を目指ました。
  
             今年は6月 リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。帰って来て、すぐ、また、
             行きたくなる国ポルトガルです。
 
             これから何年生きられるか分りませんが、年に一度はポルトガルに~と思っています。
 

南イタリア・シチリア~11年も前ですみません、、シチリアからナポリへ船の旅(6)

 11年も前にツアー・グループで出かけた「南イタリア・シチリア島9日間の旅」です。
  これから予定されている方には古い情報でお役には立てませんが…景色は変わっていないと思うのです。相棒も私も今よりかなり若いです。(当たり前じゃ、まだ50代だもの)
 古い旅のノートを見ながらのんびりアップしていき,
さらっと見て頂けたら嬉しいです

                           *****************************************************************


 シチリア島から本土ナポリ  「ティレニア号」


   パレルモ発  20:45
               ナポリ 着 6:30  所要時間10時間30分

                               家族を見送りに来て別れを惜しむ人たちがいる。


       仕事の為か、学校に行くのか、若者が辛そうに手を振っている。
    私は旅の途中、船の中で1泊すれば済むことなのだが、シチリアから本土に渡ることは彼らにとっては大きなことなのかもしれない。シチリアとイタリア本土。
昔の沖縄と本土といった感じなのかな。
 ひとりの若者がいつまでも、見送りの家族が見えなくなっても携帯電話で「サヨナラ」
を繰り返していた。


  「サヨナラ シチリア島~~~」

           

 客船とはいっても私の部屋は窓もなく狭く小さなベッドが二つ。シャワーも使わなかった。部屋も寒い。なかなか寝付けない。


遠くに見えてきました。ヴェスヴィオ山!

 狭い客室にいるより寒くても海を見ているほうが

 落ち着く。   

           

  写真はないのですが…船内の朝食の時、ジュースとヨーグルトをチョイスしたら
 「どちらか置いていけ」と怒られた。豪華客船の食べ放題とは違って、お粗末
  な朝ごはん。

               

  


ナポリ 到着!


 ナポリ(Napoli)
南イタリア最大の都市。ティレニア海を臨むカンパニア州の州都。
とりわけ同国のナポリ湾周辺で最も風光明媚な町の一つです。
 ナポリはギリシャ人により築かれ、その後ローマ人が領土を拡大した結果、豊かな
歴史と素晴らしい建築物に満たされた町となりました。


ナポリに行った友人は「怖いよ。気が抜けないよ」と

脅かされていた。どうやらそれは本当の事らしい。ガイドさんも「危ない」を繰り返して
いた。早朝のうちに街歩きをすましてしまいたい~そんな感じだった。
  泥棒さんの多いことは有名なようです。
 大急ぎでまわりました。外観のみでした。


ウンベルト1世のガレリア
 ミラノのヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガレリアを模して造られました。
19世紀末の最先端モダンアートとして絶賛された。
朝早くて人出はほとんどありませんでした。通り過ぎただけの訪問でした。



プレビシート広場
   ここも遠くから写真を撮るでけでした。
普段は人がいっぱいだそうですがまだ早いので人っ子一人いません。



ヌーヴォ城
  王の住まいであった卵城とカパァ-ノ城が立地的に不便であったので1284年
アンジュー家の新居としてカルロ一世により建設。エレべータで屋上に上ると
ナポリが見渡せるそうですがここも外観のみでした、、、

               

サンタ・ルチア港(Porto di Santa Lucia)
    🎵ナポリ民謡「サンタ・ルチア」で有名ですね。
   戦後の苦しい時代にナポリから海外へ多くの人々が移民していき
   ふるさとを離れる思いを歌ったナポリ民謡。

Santa Lucia


有名な諺に
「ナポリを見てから死ね(Vedi Napoli, e poi muori)」
言われていますが
まだ
死ねませ~~~~~~ん


見たというより通り抜けただけなので。


         

         「まだ 死ねましぇん~~~!」
                      ********************************************************************



世界遺産  カゼルタの王宮(Caserta) ブルボン家の絢爛豪華な王宮
       フランスのヴェルサイユ宮殿を参考に創られた。


見上げると楕円形にくり抜かれた天井から覗く美しいフレスコ画が。

入口の上階へと続く「名誉の階段」116段

  

ヴェルサイユ宮殿からヒントを得たシャンデリア

王座の間  (謁見室)   金色の漆喰レリーフが見事です。
1845年に完成し、長さ40mの大きな部屋。


カゼルタ王宮庭園 

     

宮殿の後ろに約3kmに渡って延びる庭園は頂点の大滝から穏やかな傾斜をながれ
落ちるいくつもの小さな滝を中心に構成されている。

     遠足の子供達で賑わっていました。

           *****************************************************************************


 カメオやさんにお立ち寄り。
 今は買い物はしない旅をしていますがこの頃は見ると買ってしまうような…
  お店は【Donadio Manfatura Corallo

日本でお留守番している姑に指輪を~

私はペンダント・ヘッドを買ってしまいました。
  ********************************************************************
 ワイン~キリストの涙Lacryma Christi)~一本 空けました。

魚介はムール貝 あさり 烏賊などが入って美味しかった。

ピッツァ マルゲリータ(Pizza  Margheritta)
が一枚 出てきました。
凄く美味しかったけれど一枚完食は無理。
今思うともったいなかった、、、
                                                            ●サボイ家のマルゲリータ妃の為にナポリのピッッア
                 職人がトマトソースバジルモッツァレラチーズ
                 でイタリア国旗の   を表したそうです。


   *********************************************************
     これからヴェスヴィオ火山の噴火によって閉ざされた町~古代遺跡
     ポンペイにまいります。


              最後まで読んで下さり感謝いたします