ポルトガルが好きなんです!

 

2005年に旅行会社のツアーで初めてポルトガルに行き、すべてに魅せられました。

垢抜けないところが私にぴったり。

 2011年には勇気を出して相棒とポルトガルに個人旅行。帰りはスペイン サンセバスチャン、パリ に寄りました。

 2016年は5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」を目指ました。
  
  昨年は6月 リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。

帰って来て、すぐに、行きたくなる国ポルトガルです。

      今年は ポルトガルは小休止で来年1月末にアルガルベのアーモンドの花霞を見に行こうと思っていたのですが…
     
やっぱり私はポルトガル病なんですね。我慢が出来ませんでした。

今年は11月に行って思わぬアクシデントに遭遇。現在 その時の旅日記 「ポルトガルはいつも優しく迎えてくれる」を更新中です。

  これから何年生きられるか分りませんが、旅が出来る体力があるうちは出かけたいと思います。

 

            

朗読劇「この子たちの夏」上演台本より(5)~25歳の遺稿 広島原爆病院にて

 次女の君子は被爆したとき小学校二年でしたが、白血病のため、広島原爆病院に入院して、半年後、昭和三十七年二月十六日、この世を去っていきました。二十五歳でした。君子は入院していながらも、もし元気なら謳歌していただろう青春を夢見ていました。それができない苛立ち、哀しみ、諦め、うっぷんが入れ代わり立ち代わり襲ってくるようでした。それをせめて安らげようとしたのか、君子はよく手帳に何事か書き留めておりました。                         (末次ハナ子)

               





 ◆遺稿   あの青空を仰いでみたい
                    末次 君子
明日も輸血がはいりますように
白血球よ おまえ そんなに増えないでおくれ
今日は 二月五日
入院して 四か月と二十八日
次は 半年 一年


病状はどっちを向いているのかしら
死ぬために治療するなんてムダよ
先生 どうすればよいのかしら
五か月もこんな生活をしていると 今 調子が良いのか悪いのか
さっぱりわからなくなってしまった
どうして こう泣けてくるのかしら
思いっきり大声出して泣いてみたい
坂本さん あなたも心の底で 嘆いているんでしょう
わかる気がします
でも私の気持ちもわかりますか
白血病なんて やはり 自分自身にしかわかりませんネ

そういう人のことが 誰にも分るはず


ほんとうにもう一度 よくなるかしら
もう一度 よくなってみたい
生きているだけの生活 みんなに迷惑かけたくないのに
いくらものぐさでも 自分の血くらい自分で造りたい
少し悪ければ 輸血 点滴を
すぐしてもらえる
それでも 悲しくなるばかり
どんなに 長くかかり 年をとってもよくなれば どんなにでも
してやるって兄が言った
そうだ 何だかうれしくてうれしくて 明るく 元気に朗らかに
いつでも どこでも そうであれる人間になりたい
パンプスが もう一度はけるようになるかしら
お母ちゃんは いつまでも元気で……
悪くなれば 輸血をしてもらえる
それでも 感謝する気になれないの
そういうものかしら 一番遠くに離れて行きたい
”どうにでもなれ”のくそ度胸 そんな心臓になってみたい
一生食べ行くには 何を身につけようかしら
お母さん 私がもしなおって 一人立ちするまで元気でいて下さい
自分のこの手で 料理がしてみたい
またいつの日か よいこともできるでしょう

つまんない
つまんない
つまんない
苦しむ
苦しむ
苦しむ
こんな苦しいものだったら 早く死んでしまいたい
死ぬのなら 今月中に死にたい
斑点がでないといい
舌がなおれば
胃がなおれば
むつかしい
誰にもわからないこの肉体の嘆き
早くなおりたいと思うこともあったけど この病気は なおらないでしょうネェ


私はいま 二十五歳
ああわが身がかわいい
だれでも 年に関係なく でもでも 私はやっぱり苦しい
この青春を
白血病よ 君はどこまでむしばむつもりだ
勝ってみたい
必ず勝って見せる
春になれば 暖かくなれば また少しはよくなることかと それを
楽しみにとどめています
死ぬって どういう事ですか
お医者さんだって ほどこしようないでしょう
どうして こんな病気になったのかしら
前世の契り浅からず とでしょうが

憎い 原爆が憎い
ケネディさん あなたも憎い
もう 実験なんてしないで下さい
それでなくても 小児白血病があるというのに
もう一度 よくならないのでしょか
そうなら 一生が短いほど 私はしあわせです
お母さん よくなることがあるかしら
今は悪いところばっかり
死ぬんなら 早いほうがよい
でも 本当は よくなりたい
死ぬんなら今日じゅうがよい
胃腸が 四六時中張ったよう
顔がむつかしい
口中が気持ちわるい
足先がもえるよう
いま よいところがないんです
病んで 苦しんで死ぬのはいやだ
もう一度 普通の娘になってみたい
お母ちゃん お母ちゃん お母ちゃん お母ちゃん お母ちゃん 



神 神 神 神
私のお母ちゃん 病気にならないで
せめて 一週に一度 自分で自分の血を造り 本当の普通の血を造ること
メンスになること
お母ちゃんが明日くる
輸血が明日もよくはいりますように
一と三のつく日は 強い日
いつも 強い日でありたい
ごみごみしても 町中がとても寒くても 外気にじかにふれてみたい

お母ちゃん お母ちゃん お母ちゃん お母ちゃん お母ちゃん
私の一番好きな人
お母ちゃん 一番いい

どうぞ 痛みがほかに出ませんように
また 輸血が減り 舌もなおり 顔のハレがもう少し小さくなり
調理くらいはできて 朝の散歩ができるとよいのに

お母ちゃんが病気にかからないようにお願いします
私がよくなるまで
私だって もう一度 元気になることがあると思うんです
私 もう少しよくなったらね 冷蔵庫をきれいにしたいと思っているんですよ
私はいま二十五歳 お母さんに甘えたっていいでしょうネ

自分で60から70%は血を造ること 白血球が7000で動かないこと
斑点よ 出ないでおくれ
藤本先生
石田先生
試験台でもかまわない どうしてもなおしてほしい

よくなることがあるかと明日を楽しみにするよう
いや もっと先の先を目標に闘病生活をしようと思いますが
とても苦しいです
本当は もっと気短で すぐ泣けてきて
明日をのみ思いわずらって苦しいんです
あの服と あのパンプスで 
あの青空を仰いでみたい


私は だれにも文句を言おうとは思いません
よくなろう
生きよう
生き抜こう


   昭和三十七年 死亡





















×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。