ポルトガルが好きなんです!

 

             2005年に旅行会社のツアーで初めてポルトガルに行き、
     すべてに魅せられました。 垢抜けないところが私にぴったり。

        2011年には勇気を出して相棒と個人旅行。帰りはパリ に寄りました。

              昨年は5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。
            相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」を目指ました。
  
             今年は6月 リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。帰って来て、すぐ、また、
             行きたくなる国ポルトガルです。
 
             これから何年生きられるか分りませんが、年に一度はポルトガルに~と思っています。
 

フエは”美食の都”とも呼ばれているのです!

昨年9月から始めた旅のブログですが、今年も思い出をここに書き残していきたいと思っています。ここはヨーロッパ旅行のサイトですが、2年前の1月に出かけた”ベトナム中部の旅”を思い出しながら書いていこうと思います。よろしくお願いいたします。


  *****************************

 フエは宮廷料理をはじめとする”美食の都”とも呼ばれている。
ランチが楽しみです。

 中国とフランスの影響を受けたバラエティ豊かなお料理。たっぷりの野菜と香草がヘルシーな感じです。

   


ベトナム風お好み焼き


  

    

ガイドのハイさんは食事が終わりバスに乗り込むと必ず「みなさん、おいちかったでしゅか〜?」と聞いてくる。

「は〜〜い、美味しかったで〜〜〜す」と全員が声を揃えて答えるようになっていた。
 チープグルメとはいえ、観光つきで11回も食事が付いて格安、いや激安で文句なんて言えるわけないと皆さん思っているのかな。
 上等なツアー食事とは比べられないが、量も適当だし、ヘルシーだし、本当にとても美味しいのだ。





夕食の一応”宮廷料理”と言ってましたが写真↓↓↓のせます。
 豪華絢爛とはいえませんがフルコース。
宮廷風の部屋には皇帝皇后の特別席があり、それを取り巻く貴賓席があります。
 多いですのでさらっとごらんください。


           


 

      


見た目の美しさへのこだわりがフエ料理の最大の特徴。


 


現代では本当の宮廷料理を食べることはほぼ不可能。昔はクジャクの肉だったものが今は豚のミンチ。


あっさり、しょっぱい北部みの強い中部酸っぱい南部と   言われているようですが
    ここ中部の料理は私たちの好みに

           ぴったりの味でした。


 最後まで見て下さり有難うございました。