ポルトガルが好きなんです!

 

             2005年に旅行会社のツアーで初めてポルトガルに行き、
     すべてに魅せられました。 垢抜けないところが私にぴったり。

        2011年には勇気を出して相棒と個人旅行。帰りはパリ に寄りました。

              昨年は5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。
            相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」を目指ました。
  
             今年は6月 リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。帰って来て、すぐ、また、
             行きたくなる国ポルトガルです。
 
             これから何年生きられるか分りませんが、年に一度はポルトガルに~と思っています。
 

2017リスボン祭り~"でんでんむしむし"を求めて歩く

   19時6分発の電車に乗ってリスボンに帰ってきました。20時過ぎに着きましたが
 まだ明るいです。  

    


    ホテルで一息ついてこれから 🎵でんでんむし虫~カタツムリ🎵
        を食べに出かけます。ホテルから歩いていけるというので(相棒がお店を探し
           てお いてくれました。でも予約はしていない) 相棒の後をとぼとぼと歩きました。
     
エヴォラでかなり歩いたのでもう足は悲鳴をあげていたけど…




    飛行機、ホテル、電車、レストランやファドのチョイス、予約は相棒がやる!
それは私たちの決まり事。
沢木耕太郎さんも
「旅というのは相棒がいるとずいぶん便利なものだ」といっておられ ます。同感です!




 「 あったぞ===!」 
 「おお~これで 夕食にありつける。かたつむりも楽しみだ~」
   
★CASA DOS CARCOIS★ まさに カタツムリの家!

      


  お店の名前からも期待で膨らみます.。 

     



   店内は家族連れでいっぱい。でもここではカタツムリを売っているだけ?  


  店の中には色々な種類のカタツムリが置いてあり…


 しかも キロ単位で買っている…
           オレガノやにんにく,唐辛子まどと一緒に煮るようだ。
               春から夏にかけてポルトガルの風物詩


Caracois(カラコイッシュ)       Caracoleta(カラコレッタ)
 小さいかたつむり           大きいかたつむり



 「ここでカタツムリは食べられないの?」と聞くと
 「ここにはレストランはないのよ」とお店のお姉さん。
 「ええ~~~がっかり
  お腹が空くと不機嫌になる私。
 「下調べが悪い!」と相棒に毒づいてしまう。
 「レストランがあると確かに書いてあった」と譲らない相棒.
     ここで
口喧嘩勃発!
  (私 相棒にはキツイです。後で反省します




 「この辺でカタツムリ食べられるところある?」と聞くと
 「今 この近くでお祭りやってるから行ってごらん」




     お祭りやってました。日本で言えば町会の盆踊り?って感じです。
 時間はもう9時半も過ぎてましたが大勢の人が集まってました。
 ポルトガル人は夜更かしですね


             


 ↓↓仮設の大きなテントはレストランになっていて…ファミリーが食事を楽しんで
いました。でもカタツムリはだれも食べてなかったです。
 会場一回りしましたが屋台でも売ってませんでした。
ショック!



       


 諦めました。遠くに水道橋が見えてます。そろそろ 暗くなります.。


 相棒の言うことには「まだ美味い店があるからそこに行こう」
 しぶしぶついて行った店の前は順番を待つ長蛇の列。ポルトガル人も
 並ぶんだ。よほどの人気店なんだ。もう10時 回ってる。
 今日はポルトガルの日で祝日。明日は日曜日。明後日は聖アント二オ祭りの
 前夜祭で祝日?三連休なのかな?



  もう美味しい夕食は諦めました。
ホテルに戻ってホテルのカフェでビールとスープ、ピッザで簡単に済ませました。



チップ入れて22€なり 疲れすぎて半分も食べられず、、、


      **********************



  旅先でなにもかもうまく行ったら、それは旅行じゃない
              と村上春樹さんの言葉ですが、そう自分に言い聞かせています

  明日は漁師町のセジンブラに行くつもりです。つ・も・り。
              セジンブラでカタツムリを探してみます





    最後までご覧くださり感謝です。