ポルトガルが好きなんです!

旅の備忘録、お出かけしたところ、お芝居やコンサート、美術館など書いています。

 

  2005年、団体ツアーで初めてポルトガルに行き、すべてに魅せられました。
垢抜けないところが私にぴったり。

 2011年、勇気を出して相棒とポルトガルに個人旅行。帰りはスペイン サンセバスチャン、パリ に寄りました。

 2016年5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」に行きました。
  
 2017年6月には リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。

帰って来て、すぐに、行きたくなる国ポルトガルです。

  2018年はポルトガルは小休止で2019年1月末にアルガルベのアーモンドの花霞を見に行こうと思っていたのですが・・・
やっぱり私はポルトガル病なんですね。我慢が出来ませんでした。
 11月に行き、思わぬアクシデントに遭遇。
その時の旅日記 「ポルトガルはいつも優しく迎えてくれる」を書いています。

 令和元年は9月に6度目のポルトガルに。ポルトの滞在し近郊の町を訪れ、うち2日は北部レグア
に。ドウロ川渓谷のブドウの収穫を見たかったのですが残念ながら2日前に終わっていました。

 これから何年生きられるか分りませんが、旅が出来る体力があるうちは出かけたいと思います。

 

            

 映画 🎬 ポルトガル、夏の終わり 🎬

8月14日(金)


  コロナの死者が増えてるらしい。重症者も一か月前の6倍に?
 以前ほど日々伝えられる報道にも驚かなくなっている私がいる。
 これが with  Corona  ということか・・・なぁ。苦笑。



  海外に旅行するなんてことは 一体いつになったらできるのだろうか。
 来年かな。来年の夏かな。考えても始まらない。



 私の好きなポルトガルの映画が封切りしたので 川崎チネチッタに行きました。
ポルトガルが好きな人が割と多くて思ったより席が埋まっていました。
年齢層は高いです。
もちろん ディスタンス は空けています。

↑空が青くてちょっと見るとまるで海外 イタリア?の様ですよね。なんちゃってです。

   

    


☟ お昼は ★の珈琲で。ケーキも食べちゃいました。

 


 



今日 は久しぶりの映画館。舞台はポルトガルのシントラ。


   ☟ これは4年前のシントラ訪問記です。



       

       シントラはリスボンの上あたりになります。

【あらすじ】
 ヨーロッパを代表する女優フランキー(イザベル・ユペール)は、夏の終わりの
バケーションと称し、豊かな自然“この世のエデン”と呼ばれるポルトガルの世界遺産の
町シントラに一族と親友を呼び寄せる。別れた元夫とその息子、その夫が先妻との娘、
その夫と娘、ヘアスタイリストの友人。
 自らの死期を悟った彼女は、亡きあとも愛する者たちが問題なく暮らしていけるよう、すべての段取りを整えようとしたのだ。しかし、それぞれに問題を抱えた家族たちの
選択は、次第にフランキーの思い描いていた筋書きから大きく外れていく。



映画『ポルトガル、夏の終わり』本編冒頭映像


  フランス映画界のトップ女優のイザベル・ユベールが監督を気に入って
自分のためのあてがきで脚本を書いてもらいできた映画だそうです。
 死期の迫った女優は悠然としていて死の恐れなどみじんも見せない。
登場人物が集まり、山頂で夕陽を眺めるシーン。会話は一切聞こえて来ず、
彼らを遠くから写すのみ。映画を観る人のそれぞれの心の中に聞こえて
くるものがあるのだろう。
 自分の終活はどうしようか。どうしたいか。彼女のようにシントラに
全員集合!とはいかないが・・・大笑い。そろそろ考えなくてはいけない
お年頃でもあります。


 それにしてもシントラ~もう一度行きたい!ポルトガルに行かずに
死ぬわけにはいかない。


   最後まで見て下さりありがとうございました。

  猛暑が続きます。皆さんご自愛くださいまで。

非ログインユーザーとして返信する