ポルトガルが好きなんです!

 

             2005年に旅行会社のツアーで初めてポルトガルに行き、
     すべてに魅せられました。 垢抜けないところが私にぴったり。

        2011年には勇気を出して相棒と個人旅行。帰りはパリ に寄りました。

              昨年は5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。
            相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」を目指ました。
  
             今年は6月 リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。帰って来て、すぐ、また、
             行きたくなる国ポルトガルです。
 
             これから何年生きられるか分りませんが、年に一度はポルトガルに~と思っています。
 

格安ツアーでポーランドに~クラクフのバルバカン(4)

 自由時間でポーランド陶器を買って、それを持って歩かなければいけない。
ああ~トイレに行きたくなってしまった。織物会館で1ズロチ払えば公共トイレは
あるけれど荷物もあるし…気が進まない。
 
 
それで広場の周りにある勇気を出してレストランに入ることにした。重厚な
内装でちょっと敷居が高いけれど…
 「すいません。お茶だけでもいいですか?」すると若い女性スタッフが
「いいですよ」と笑顔でOKしてくれた。
 席に着くや否や「荷物を置いていきますがよろしく」と言い置いて、トイレに
直行。地下に降りると綺麗なトイレがあり、有難かった。ああ~生き返った。笑。


 席に戻るとキャンドルに火がつけてあり、私を見るとすぐに注文したエスプレッソ・
ダブルを持ってきてくれた。ホッとして幸せな一服だった。
 チップ入れても500円なり。




すっかり辺りは暗くなってしまった。


フロリアンスカ門(1300年頃に造られた)



昔は屋根がずっと繋がっていて、通路だったそうです。

旧市街の模型がありました。

                       ↓↓↓ ここがヴァヴェル城ですね。

マテイキ広場から見たバルバカン=円形の砦 (1498年に造られた)


今ではバルバカンが残っているのはヨーロッパに3つだけとか。その中で一番最大の
ものだそうです。(うち一つはワルシャワにある)





広場に立つヴワティスワフ2世像





  広場にある無名の騎士像
元々1910年にグルンヴァルト戦勝500周年を記念して立てられたもので、戦時中に
ナチスに破壊され、1976年に再建されたものです。
暗くて良く見えませんが 上の部分が焦げているのは、行事がある際に火を焚くからだそうです。

      

      

像の影が映りこんで幻想的な感じです。

     

清掃車が路面を綺麗にしてました。クラフクは道にたばこの吸い殻など全く落ちていない
にのは驚きました。ポルトガルはとても多いですが。


 バルバカンに見送られてバスに乗りホテルに向かいます。
今日の観光はこれでお終い。


川沿いの ギャラクシー・ホテル
このホテルは二連泊です。ダブルベッドでも実際は片方しか使いません。


夕食はバイキングでしたが軽めに抑えました。

翌朝はこんなです。

床にこんなものが埋め込んでありました。大きなコンパスなのでしょうか。

窓からのぞくとどうやら新しいホテルができるようです。新たな建物がどんどん増えていくのでしょうね。

11月11日 独立記念日 の朝になりました。

お立ちより頂きありがとうございした。